新着情報

彼女と彼女の女友達と川の字で寝た結果

この体験談は約 4 分で読めます。

昨日なんだが、彼女と彼女の友達が、俺の働いてる居酒屋に来た。
んで二人とも結構酔ってったんで店が終わってから自分ちで飲むことに。
最初ははしゃいでたんだが、友達の子が寝そうになってたんで、「ベッド使っていいからそっちで寝なよ」と俺が言うも、「うーん」とか言ってグタグタ。
とりあえず起こすフリして抱えるときにDカップはあろう乳にタッチしまくりw
んでとりあえずベッドに運んだんだが・・・こんなん需要ある?

で、友達も寝ちゃったし、俺らもそろそろ寝るかってな話になったんだが、うちのベッドはセミダブルなんで3人はさすがに無理だろうと思い、俺がソファで寝ようとしていたら彼女が、「詰めたらいけるからおいで」なんて言うもんだから俺は飛び込みましたよ。
ええ全力で!
二人のおっぱいとおっぱいの間にダイブですよ!

でもさすがにそれは許してもらえず。
友達・彼女・自分で川の字ですよ・・・orz

しかもその時点で3時とか過ぎてて眠たさも限界なわけですよ。

(あぁ今日はもうダメやし寝ちゃおうかな・・・)

そう思いながらウトウトしてたら、彼女がサカリ出して触ってきたんですよ。
寝る気満々だった俺に拗ねていたずらの気持ちだったらしいですが、こっちも何とか起きて彼女の体に腕を回そうとすると・・・。

彼女の背中のすぐ後ろに友達が寝てて、そのお腹に手が乗っちゃったんですよ。
なんかその瞬間、根拠もないのに(こいつ、何しても起きねーんじゃないの!?)って考えちゃってですね。
彼女を抱き寄せるふりして、まずは友達のお腹を撫で回し、スベスベの肌を堪能した後、ちょっとずつ手を上に上にもって行ったわけですよ。

そしたらブラに指が到着www

なんか色んな意味で興奮しちゃって、ブラの布に興奮しちゃって、しばらく布の上を行ったり来たりしてたんですが、我慢できなくなって、乳首の方へ進みだしたわけです。
で、もう分けわかんなくなっちゃってたんで、たぶんガッツリ揉んでたと思います。
そんな事してる間に彼女がトイレ行ったんで、服捲ってブラを拝みましたよ。
可愛い水色でしたw

んで、すぐにブラをずらして乳首を拝見w
ちょっと大きめのエロい乳首が現れた。
そりゃ吸いましたよ。
ええ吸いました。
そりゃ転がしましたよ。
ええもうコロコロとw

今思えば、あれでよく起きなかったなと。
酒って恐い。

そんな感じで彼女のトイレも終わりそうだったんで、すかさず自分が真ん中のポジションをキープ!
そして寝たフリ。
トイレから戻ってきた彼女が真ん中に入ろうとするも断念。
自然と自分が真ん中にw
しばらくすると彼女も寝息を立て出して・・・。

彼女も寝た後、さっきほどの大胆さもなくなって、静かな部屋でちょっとでも触れば起きてしまいそうな恐怖に駆られながらもちょっとずつ太ももにタッチしてみる。

返事がない。
ただの酔っ払いのようだ。

そして徐々に太腿の上の手を置き、擦ってみる。

返事がない。
ただの酔っ払いのようだ。

そこから内腿の方に手を持っていく。
マンコに手の甲が当たる。
しばらく硬直。

返事がない。
ただの酔っ払いのようだ。

ドキドキしながらも手をひっくり返して手の平で触ってみた。
もちろんズボンの上からなんだがスベスベしてて気持ちいい。

そんな事してるうちに俺のチンコもえらいことに。
そこで友達の手をとって俺のチンコに添えて擦ってみる。
もちろん握ってないんで擦ってるような状態だが気持ちいい。
なんか気持ちいいよ・・・。

そんなたいした事はないだろと思うかもしれないが、隣で寝てる彼女への背徳感やら寝てる友達への申し訳なさなど、色んな感情が混ざって興奮してたんだろうな。
俺も我慢できなくなってきて、友達のマンコに直に触りたいと思った。
だが冷静になればそんな事してもし起きたら・・・逃げようもない現実が・・・。
とか考えちゃってビビった。

けど触りたい。
でも怖い。
けど触りたい。
でも・・・ちょっとだけならいけるでしょwww
アホだな、俺。

ってことでゆっくりズボンの中に手を入れた。
ズボンの中に手を入れるとレースのヒラヒラが当たって指をくすぐった。
だがそんな事にも負けず奥へ。
そしてマンコの辺りに到着。
手の平でゆっくりと円を描くように土手を撫で回す。
所々毛がチクチクするがお構いなしに撫で続けた。

そして次に指をクロッチの上に・・・。
ゆっくりと指を真ん中に這わせていってスジを這っていく。
ちょっと湿っているような気もしたが、よくわからんかったのでしばらくそのまま擦っていた。

そしてそろそろパンツの中に指入れてもいいかなとか思ったその時。
俺の右腕が掴まれた・・・。
俺はハッとなり青ざめた。

人生オワタ・・・orz

こわごわ後ろを見てみると彼女が寝ぼけて、寝返りで腕が当たっただけだった・・・。
その時はパニクり過ぎて叫びそうだった。

で、その後も彼女は寝続けたので、どうしようかと思ったんだが、ビビっちゃってもう触れず・・・。
二人の間で悲しくシコシコしてましたよ・・・。
でもそれでは満足できなっかたので、終わった後に、精子を友達の唇とズボンの上からマンコに擦り付けて寝ました。

こんなとこです。
しょぼくてすみません。
読んでくれてありがとでしたw

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

エクスプレス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン