新着情報

憧れの同級生が“OK子”になっていた

この体験談は約 6 分で読めます。

いつも埼京線で通学している高校2年の男子です。
先日は人生変わる様な凄い経験してしまいました。

確かに埼京線は混みますが、僕はいつも遅い時間帯で通学していたのでラッシュのピークはずれていました。
しかし、たまたま学祭の準備でいつもより早い電車に乗った時の事です。
いつも◯◯駅から乗るのですが、いつもの様にホームに上ると、見た事のあるセーラー服の女子がいました。
中学の時、同級生だった子で、『中沢』と言う名前です。

こちらを向いていたので近づいてみると、確かに僕の顔を見たのですが何も無かったかのように参考書の様な物を読み始めてしまいました。
まあ、中学時代同じクラスになった事も無かったし話した事もほとんど無い、僕は取り立てて目立つ方でも無かったので忘れられてもしょうがないなと思いましたが、内心はショックでした。
一方、中沢の方は学年でも1、2の美少女で、当然僕もよく知っていましたし、水泳の時間に隠し撮りした彼女の水着姿の写真を何枚も持っていて、さんざんオカズにしていたほどです。

後ろに立っても彼女は特に気にかける様子も無く、これは完全に忘れられていると思い、まあ見られただけでもいいかと、彼女の後ろ姿を見ていました。
確か、学校でただ1人、渋谷の方のお嬢様学校に進学したはずです。
中学時代どちらかと言えば細かった体付きも、セーラー服が小さいんじゃないかと思うほど胸やお尻の部分が膨らみ、しかしスカートから覗く素足やウエストは見事に引き締まっていました。

しばらくボーと眺めているとホームに電車が来て、いつの間に並んでいたのか僕と彼女の後ろの人達に押される様にして電車の中に押しこまれました。
ドアが閉まり、僕は彼女の斜め後ろに張り付く様に立っていると、僕の横、彼女の斜め後ろにいたオヤジがもそもそしている。
僕もたまに乗降りのドサクサに紛れて女の子のお尻を触ることはありましたが、オヤジの行動はそんな物ではありません。
いつやったのか、中沢のスカートは完全に捲れ上がり白い下着が見えています。

オヤジの手はお尻に張り付くように割れ目を行き来するように揉んでいました。
彼女を見ると何も無いかのように前を見つめています。

咄嗟の事で、助けるのも忘れて見入っていると、今度は彼女の前に立つ会社員風の男と大学生風の男が触って来ました。
大学生がセーラー服の上から彼女の胸を揉み、会社員は僕からはよく見えませんでしたが、前から太ももとそのつけ根辺りを撫でている様です。
まだ駅を出てから2、3分。
確か彼女の降りる駅は反対側のドアのはず。
つまり、まだ20分近く今の状況が続く事になります。

もう既に大学生はセーラー服のファスナーを下ろし中に手を入れています。
オヤジはパンティーの中まで手を伸ばし直に揉んでいる。
そんな状況にも関わらず、彼女は平然と前を向き電車に揺られていました。

中沢は噂に聞く“OK子”なのだろうか?
確かに中学時代から大人しい子で、怒鳴ったり騒いだりしたところは見たこと無い。

オヤジと会社員は連携して彼女のパンティーを膝まで下ろすと、白く引き締まったお尻が完全に顔を出しました。
大学生が僕の目の前に手を伸ばし、彼女の背中のブラのホックを外した。
既に捲れ上がったセーラー服の下で、ブラジャーから開放された乳房がプルンと揺れ、その先端にある乳首までが完全に晒されてしまった。

それまでの一部始終を見ていた僕に大学生がニヤッと笑い、今まで中沢の乳房を包んでいたブラを僕の鼻先に突き出した。
頬に触れたそれはまだ暖かかった。
横ではオヤジと会社員が、彼女の白いお尻と薄い陰毛の奥にあるマンコをいやらしく撫でている。
ブラの匂いを嗅ぎ、股間を這い回るオヤジ達の手を見ていると何かがキレた。
気が付くと僕は目の前のお尻と片方の乳房を鷲掴みしていた。

電車が県境の川を渡った頃、オヤジ達の指使いが一段と激しくなった。
後ろからはお尻の穴に指を入れられ、ゆっくりではあるが掻き回されている。
マンコには指を2本突っ込まれ、こちらは激しく突上げられていた。
掌に少し余る程の張りと弾力のある乳房を揉み、片手ではお尻に跡が残るくらい強くこねながら、中沢はもう処女じゃないんだと、そんなことを考えていると、電車は駅に着いたらしく減速しだした。

しかし恥辱はまだ続いた。
駅に着くと同時に痴漢3人はチャックを下ろしチンポを取り出した。
ドアが開き、更に人が押し込まれてくると3人は彼女を片手で抱きかかえ、オヤジと大学生は彼女の手にそれぞれ自分のチンポを握らせた。
ドアが閉まっても痴漢たちの位置は変わらず、僕も中沢に掴まっていたため同じ位置をキープしていた。
オヤジと学生は彼女にチンポを握らせたまま、先を彼女の太ももに押付けるようにして前後にしごかせている。
会社員も相変わらずマンコを責めながらチンポは彼女に押付けた状態だ。

駅に着く手前でオヤジと学生が射精した。
彼女の太ももに白い液が伝い、膝で止まっていたパンティーに染込んでいく。
オヤジ達はまだ先に糸を引いているチンポの先を、彼女の太ももや陰毛に擦りつけ、更にパンティーで拭いた。

大学生が僕の方を見て肘で突付く。
どうやら僕にもヤレと言っているらしい。
すでに会社員は、正面から彼女に覆い被さって股間にチンポを挟み、前後に動いている。

さすがにこの頃になると中沢は目を瞑り、よく聞き取れないが少しだけ声を出していた。
僕もチャックを下ろし、もう既に痛いくらい充血していたチンポを取り出した。
もうここが電車内などとは忘れていた。

大学生が彼女の手を取り、僕の股間に持って来てくれた。
彼女の手は少し冷たかったが、いきり立ったチンポには丁度いい。
彼女の手が僕のチンポを前後にしごく。
驚いたことに彼女は自分の意思でしごいている。

オヤジ達にも同じ様にしていたのだろうか?
彼女は自分で痴漢をされたがっている?

電車は池袋に着いた。
会社員は着く直前、彼女の陰毛の辺りに粘りつくような白濁液を出し、それを陰毛全体に擦り付ける。
僕ももうイキそうで、昇りつめる感覚がそこまで来ている。

その時、痴漢3人が彼女を抱き締め、位置を変えた。
会社員が彼女の上半身を抱き寄せ、オヤジと学生が両太ももを押さえつける。
必然的に彼女は僕にお尻を突き出す格好になった。

僕のチンポは今、彼女のお尻を押付けられている。
さすがにギュウギュウ詰めの狭い車内。
チンポをお尻に押し当てているうちに、撲の充血した先端は彼女の入り口を探り当てた。
ちょっと腰を突き出すと、ニュルとした感触と亀頭を包み込み締め付ける感触。
先端だけだが、僕は中沢に挿入してしまった。
濡れてた。
先っぽだけだからあまり動けないが、亀頭を締付け、裏側に彼女が絡み付いている。
電車の揺れに合わせて小刻みに動くと1分ともたず、心地よい痙攣とともに彼女の中に射精してしまった。
奥まで挿入出来なかったため、チンポを抜くとほとんどの精子が膣から溢れ出し、ポタポタと膝で止まっているパンティーに垂れた。
僕が心地よい放出感から我に返ると、もう新宿の東口が見えていた。

いつの間にか中沢は痴漢たちに手際よくセーラー服を着せられていた。
オヤジにブラジャーのホックをしてもらい、膝まで下ろされていたパンティーが元に戻される。
所々に精子の染みが付き、股間に食込ませるように引き上げられる。
よく見ると股間の部分はグッショリ濡れており、布の間からは白い液体と泡が滲み出ていた。

僕と痴漢たちは新宿で降りた。
降り際、痴漢たちは各々、中沢のお尻や胸を揉んでいった。
会社員が最後に小声で「明日もね」と言ったのを確かに聞き、彼女はわずかに頷いたような気がした。

僕もそそくさと電車を降り周りを見ると既に3人は居なかった。

その日から僕は毎日早めの時間に登校するようになった。
毎晩していたオナニーもやめた。
彼女の家も通学路も知っている。
待ち伏せするまでもなく、彼女とは毎日一緒に通学出来る。

痴漢3人も毎日ホームで会うが、お互い名前も知らない。
少し話したところによると、春先から彼女に痴漢しだし、夏休みもたまに登校していたようで、休みの終わりに処女を頂いたようだ。
一応大学生がリーダーの役らしく、彼が一番最初に挿入したと言っていた。
しかし彼女は時間も車両も変えずされるがままで、挿入されてからは自分から手コキまでしてくるようになったと言う。

あの大人しかった中沢が・・・。

ちょっとショックだったけど、今も楽しい通学をしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SOKUAI

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン