新着情報

男の狙いは前じゃなくてお尻だった

この体験談は約 5 分で読めます。

今まで誰にも言えなかった事。

バイトと大学が終わって帰りの電車。
たぶん夜10時過ぎ。
千代田線下りの先頭車両の一番前(運転席のすぐ後ろ)にいた。
途中の駅で他の人が乗降して、たまたま進行方向むかって右の角にいた。
他の人が降りる時も避けなくて済むので楽だと思った。

気がつくと私の前に背の高い男が、私の方を向いて立っていた。
角にいる私はその男の陰になって、冬で私も男もコートを着ていたせいもあり、何をされても他の乗客からは私の顔か頭くらいしか見えない状況だった。
その男は私のコートの中に手を入れて、あちこちを触ってきた。
しかし疲れていて、騒いだりするのも面倒で、スカートの上から前や足を触られるだけならそれほど危険でもないし、あと二つで降りる駅だからいいやとそのまま好きにさせていた。

北千住に着いた。
大きな駅なので私だけでなく大勢の人が乗り降りする。
一番奥に居たので、扉に近い人から順に降りて自分の番が来るのを待つ。
いざ降りようとすると目の前の男が邪魔だった。
私が降りようとしているのに、鈍いのか気づいてくれない。
焦った私はその男を腕で押し退けて意思表示した。
すると男は車両の端の壁にある手すりを掴んだ。
私に“とおせんぼ”をする格好だ。

男は私を降ろすつもりがないのだと気づき驚いた。

でも、この時はまだそれほど危機感がなかった。
どうせ服の上から触られるだけだったし。
だから驚いたといっても、ハア?くらいな感覚で、自分が酷い目にあわされるとは思ってもいなかった。
そうこうするうちに扉は締まり、私は降りそびれた。

しかし世間知らずだった私の思惑とは違い、男は豹変した。
私を降ろさなかった事でふんぎりがついたのか、あるいは最初からそのつもりだったのかは判らない。
電車が北千住を発車した途端、男は両手をスカートの中に。
パンストと下着をまとめて下ろされた。
右手で前を弄り、左手は私の右のお尻を掴んだ。

やっと男の意図を理解したのだが、もう遅い。
ここまでされたら助けを呼ぶこともできない。
むしろ他の乗客には、こんな事をされているなんてばれたくない。
下半身をさんざんめちゃくちゃにされた。
このまま電車の中でレイプされるかも、と怯えたくらいに。
クリトリスを乱暴に擦りつけ、内腿をしつこく撫で回し、両手でお尻をそれぞれ片方ずつ掴み、揉みしだいたり左右に割り開いたり。

前を乱暴されている時は痛いだけだったのに、お尻を色々されて感じてしまった。
当時まだ処女だったのに、電車の中でこんなに恥ずかしくていやらしい事をされているのに濡れてしまった。
知らない男に無理やり指を入れられているのに、こんなに痛いのにこんなに気持ちいい。
下着を下ろされて指を入れられてこんなに感じている事が周りの人に知られたらどうしよう。
もうこのまま電車の中でレイプされても抵抗できない。
気持ちいい。

北千住から三つほど先の駅に着くと、乗客も減って満員電車ではなくなった。
痴漢から解放されて、周りの人に乱れた服を見られないようにコートの前を合わせながら降りた。
帰りの上り電車に乗る前にトイレに向かった。
服を直したかったし、自分の体液で汚れた下半身を綺麗にしたい。
下着が太ももまで下ろされたままなので歩きにくかった。
でもこれで、痛くて恥ずかしくて酷い事をされるのは終わった。
女子トイレに着いたとき、他に誰も居なくてほっとした。
コートの上からでは判らなくても、こんな自分を誰にも見られたくなかった。
トイレに着いて気が抜けた。
これで無事に家に帰れると思って。

個室に入るときに一緒に誰かが入ってきた時は、何が起きたのか判らなかった。
なんだろうと振り向くと男がいた。
相手が男だと認識した途端、体も頭も凍った。
怖くて相手の顔など見れなかった。
俯いてしまった。
だからその男がさっきの痴漢なのか、それを見ていた別の男がつけて来たのか、あるいはまったく関係のない駅の女子トイレを狙った変質者なのかわからない。
体がすくんで声などあげられなかった。
たとえ声をあげても、他には誰も居ない事を自分で確認したばかり。

男は個室に鍵を掛けると、私の体を掴んで位置を交代した。
私の背中をトイレの扉に押しつけると、私の肩から鞄を外してトイレの奥に置いた。
汚いから嫌だなと思った。
男がスカートを捲った。
足の途中まで下ろされた下着を見ても驚いた様子はなかった。
男はパンストと下着をまとめて掴んで下ろした。
足首まで下ろすと、私の靴を片方ずつ脱がせて下着を全部外した。

男は終始乱暴にはせず、私をそっと扱った。
靴と下着もトイレの奥に置いた。
私のコートを脱がせると、これはトイレの奥のフックにかけた。
電車の中でいくつか外されていたシャツのボタンも全部はずされた。
シャツの内側に手を入れられた。
背中に手を回してブラのホックを外して、ブラをずらされた。
胸はしばらく見ていたが、触ったりはされなかった。
シャツとスカートは脱がされなかった。
でも自分でもすごい格好をしているのはわかった。

男はしゃがむとスカートを持ち上げた。
内腿に手を添えられて足を開かされた。
ずっと男の方を見ないように視線を逸らし続けていたが、男が私の下半身を覗き込んでいるのがわかった。
ついさっきまで知らない男に弄り回され、濡れたままの私をじっくり観察している。
この男がさっきの痴漢なら自分の仕事の成果を確認しているのだろうし、別の男なら電車から降りたばかりの女が服を乱され、下半身がこんなになっているのを見てどう思うか?
羞恥と恐怖で頭の中はめちゃめちゃだった。

男はクリトリスや割れ目をちょっとだけ触って、手を離した。
もしかしてこれで許してくれるのかと思った。
男はしゃがんだまま携帯電話を取り出して私の顔の前にかざした。
少し前だったので、折りたたみ式ではないタイプだった。
男は私に携帯をよく見せてから、私の下半身に持っていった。

そのまま携帯を私の中に入れた。
電車の中で男の硬くて太い指を受け入れていたし、すでにたっぷり濡れていたし、足を開かされていたし携帯は小さかった。
とくに抵抗もなく、ぬるぬると入っていった。
つい昨日まで自分の指くらいしか入れたことがない場所に、知らない男の携帯電話をすっぽりと受け入れている。
自分の置かれている状況が信じられなかった。

男は立ち上がると、私に扉の方を向かせ、背中から覆い被さった。
背後から手を回して胸を揉みしだきスカートの上から下半身を撫で回す。
胸全体をマッサージするように撫でたり弄られて硬くなった。
乳首を摘ままれたり指先で弾かれたり、スカートの上からお尻や足を撫でられて、足の間に手を差し挟まれたり。
まるで電車の中で背中から痴漢されているみたいだった。

そのうちとうとうスカートをたくし上げられ、男の下半身が押しつけられた。
男が私の濡れた場所に男自身を擦りつけてきた。
男自身も私の体液ですぐにぬるぬるになった。
犯されるんだと思った。
恐怖と諦めもあったけれど、電車の中とトイレでさんざん刺激されて、このまま放置されたら私の方が収まりがつかなくなっていた。
男の携帯が入ったままの場所に男自身も入ってくるのだと覚悟した。

でも違った。

男は私のお尻を襲ってきた。
痛かった。
絶対入るわけない。
でもすでに背後から受け入れる体勢だったし、男の力には敵わない。
ましてや男自身は私の体液で十分に濡れている。
抵抗らしい抵抗も出来ず、まるごと全部お尻に受け入れさせられた。

ここまでしても男は乱暴にはせず、私の全身を優しく撫で回した。
男に揺すられながら乳首を摘ままれて指先で弾かれた。
クリトリスを円を描くように触られる。
大事な所には男の携帯が入ったまま。
そのまま男の気が済むまでなぶられた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援ネットナンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン