新着情報

妻だと思って挿れたら妻の友達だった

この体験談は約 3 分で読めます。

昨日の事ですが、僕達夫婦の家に妻の友達が泊まりに来ました。
その友達は仙台に住んでいる主婦で、東京で結婚式があったので、ついでに妻と遊ぶ事になって家に泊まっていくことになりました。

その奥さんはメグと言って、29歳ですがかなり童顔で可愛い顔をしていました。
妻は少しぽっちゃり系ですが、メグはもうちょっと太り気味で、デブではありませんが柔らかそうな体をしていました。

僕達3人はお酒を飲み始めると、すぐにメグの旦那の話になりました。
そしてお酒が進むに連れてエッチな話になって、メグの口から、「私、イキやすいのに旦那がイカせてくれない!」とか「旦那のアレはたぶん小さい!」とか聞いてしまうと、結構興奮してしまいました。

3人ともかなりイイ気分になってしまい、妻は寝る寸前。
妻は気を利かせて、「メグちゃんベッド使っていいよ!明日、朝から新幹線で疲れるから!」と言っていたので、僕も「気にしないでベッド寝た方がいいよ!」と言いました。

2人はもう寝るみたいだったので、僕はお風呂に入って、一人でビールを飲んで、1時間位してから客室に行きました。
寝室はメグが使っているので、客室には妻が寝ているはずです。
僕はさっきのエッチトークで興奮していて、さらにベロベロに酔っているので、隣の部屋にメグが居ることなど関係なく妻を抱きたくなりました。
布団に潜り込んで、寝ている妻のパジャマのズボンとパンツをいきなり下ろして、マンコにむしゃぶり付きました。

妻も酔っているのでしょうか、最初は反応が無かったんですが途中からビクンビクン反応しています。
なぜかいつもより敏感になっている気がしました。
妻が何か喘ぎながら喋っているんですが、僕は布団に潜っているので良く聞こえません。
どうせ『メグに聞こえちゃう!』とか言ってんだろうと思って、たいして聞いていませんでした。

しばらくクンニを続けていると、腰がどんどん高く持ち上がってきて、ガクガクっと震えるとゆっくり下がっていきました。
相当激しくイッたみたいでした。
僕はそれで4回ほどイカせると、さすがに我慢が出来なくなって来たので、生でチンポをぶち込みました。
いつもより遥かにキツい感じがしたんですが、酔っていたので気にせずピストンしました。
布団の外で、「痛い痛い!」みたいな叫びが聞こえたんですが、マンコはビッチャビチャだったんで、そんなわけねーだろと思い、構わずピストンを続けました。

しばらくするとマンコがいつもみたいに馴染んできて、妻の声も喘ぎ声に変わっていたので、キスしようと布団から顔を出して、妻に抱きついて顔を近付けると・・・。
異変に気付きました。
抱き締めた感じも、喘ぎ声も全然違います。
僕はパニックになりそうでしたが、相手がメグだと気が付くと、物凄い興奮が押し寄せました!
ハンパじゃない興奮です!
今日会ったばかりの妻の友達と、口説いたわけでもないのに、いつの間にか生ハメしているんですから!

僕は言い訳も弁解もする気分ではなく、とにかく興奮してしまい、無茶苦茶にピストンしました。
もう妻にバレようが関係ない!と思ってしまう位の興奮でした。
メグも「あああん、あん、すごい、激しいよ、おっきいよ、イキそう、またイク、イクうううう」と楽しんでいて、3回位イッていました。

僕はどうしても中に出したくなって来たので、「中はダメ!」と言っていましたけど、構わず出してしまいました。
こんなに興奮したセックスもなかなか無いので、しばらく入れたまま余韻を楽しんでいました。

終わった後に、「ベッドで寝てたんじゃないの?」と聞くと、「やっぱり悪いからこっちにしたの」と言っていました。
どうやら妻は先に寝てしまったらしいのです。

メグとはメアド交換して、「旦那とのエッチに満足出来なかったらまた遊ぼう」って約束しました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い急募 セフレQQ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン