新着情報

セックスの素晴らしさを教えてくれた部長

この体験談は約 3 分で読めます。

私(32歳)、結婚して3年になります。
夫は再婚で24歳年上です。

ハネムーンでは毎晩抱いてくれましたが、夫は子供はいらないと言って、いつも避妊してました。
セックスは淡白というか半包茎で、愛撫もそこそこで、挿入と同時に射精して終わるんです。
そのセックスも週1回がやっとで、やがて月1回になり、ここ1年間は全くのセックスレスです。
女盛りの私はやむなく夫の留守中にオナニーする日々が続いてました。
経済的にはそこそこの収入があり不自由ではありませんが、夜がとっても侘しいんです。

夫以外の男性は知りませんでしたが、夫の許しを得て昨年から勤め出した会社の上司は、体格も良くてスポーツマンタイプで私の好みのタイプでした。
頭も切れるし、私には親切で、仕事の指導や適切な助言をしてくれるんです。
その彼と残業で2人っきりになった先週、私、告白したんです。

私「ずーっと部長さんのこと好きだったんです」

部長「エー!君の様な美人にそう言われると、嬉しいねぇ」

私の肩を叩いて喜んでくれたんです。

その翌日、食事に誘われました。
ちょうど夫は10日間の出張中でしたし、身体を求められても安全日でしたから喜んでお受けしました。
ホテルの素敵なレストランでワインを飲みながらフレンチをいただきました。

部長「このホテルのお部屋で、休んで行こうか?」

彼に促され、私は覚悟を決めてお部屋に入りました。
ダブルベッドの素敵な部屋でした。
濃厚なディープキスに始まる優しい彼の愛撫。
性感帯を撫でられるだけで身体中が火照って、アソコはもうジュクジュク。
あ~恥ずかしかった。
服を脱ぎ、いつの間にか下着も脱がされてヌードにされた私を、優しく優しく体の隅々まで愛撫してくれたんです。
お姫様抱っこでバスルームに入り、浴槽の中で初めてクリトリスを触られました。

部長「お~!綺麗なクリトリスだ、ウブなおまんこだねえ!」

私「いや~ン、恥ずかしいから~言わないで~」

もう感じて感じてピクンピクンと自然に体が跳ねました。
ふと見ると、彼のペニス。
凄いんです。
亀頭の傘が張って、それに太くて、陰茎が弓なりに反り返ってそそり立ってるんです。
夫の貧弱な皮被りのモノとは比較になりませんでした。

(あ~この人のペニスに、犯されるんだ)

そう思うと、夫には悪いと思うのですが、それ以上に私の情欲が彼を求めていました。
乳首と膣口とクリトリスを同時に攻められてあっという間に私、イッちゃいました。
気がつくと、彼が私の両脚を抱えて正常位で挿入しようとしてました。
硬いペニスが膣口を拡げて、グ、グ、グィっと入ってきました。

私「あ、あ、あ、あ~素敵だわあ!」

思わず叫んだ、めくるめく瞬間です。
膣の奥まで深々と犯され、貫かれた快感!
やがてゆっくり抽送が始まりました。
身体を抱き締められ貫かれ続けて、30分以上も深く浅くペニスちゃんが躍動し、私をいじめます。
3、4回か、もっともっとイッた私。

一段と硬く太くなったペニスから、彼の精液が迸り、私の芯に噴射されてきました。
その瞬間、身体全体が痙攣して、それまで経験したことのない快感で意識が遠のきました。
こんなにセックスって素晴らしいとは思いもよりませんでした。

続いてバックから嵌めていただき、連続してイッちゃった私。
その後、脚を抱えられて、横からも犯してくれました。
ペニスが私の1番感じる膣の奥を攻めるんです。
一休みの後、騎乗位。
私が上になってセックスする体位で、交わりました。

合計4回も性交して、その都度何度もエクスタシーを味わい、たっぷり射精していただきました。
とっても素敵な夜でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

美乳オッパイセフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン