新着情報

単身赴任中に貧乳の淫乱OLと100回以上セックスした

この体験談は約 3 分で読めます。

私は30代の会社員です。
機械メーカーの営業で、主任待遇です。
妻と2人の子供がいます。

今回の主役は30歳の独身女性で、Sさんとしておきます。
仕事で電話で話したことはたくさんありますが、お会いしたのは一度だけ。
彼女が研修で本社に来た時のパーティーで、短い間懇談しただけの間柄でした。

昨年の9月に浜松営業所へ異動の辞令が出ました。
子供達の学校のこともあり、単身赴任に決めました。
赴任の2週間前に、住居を探すために浜松に向かいました。
1日で探さなければならないので、前日に移動することにしました。
それが運命の出会いになるとは夢にも思いませんでした。

ホテルには直接行かず、一旦営業所に顔を出しました。
営業所は所長を含めて6人の小さな出店です。
明日一緒に住まいを探してくれる所長も、他の営業員も不在でした。
Sさんだけが在社していました。
終業時間になり、誰も帰社しないと言うので、Sさんを食事に誘いましたら、快く受けて頂いたので、近くの寿司屋に行きました。

Sさんは短大を卒業後、当社に就職。
仕事も出来ますし、清楚で明るく、知的で素敵な女性でした。

楽しく色々な話をし、店を出ました。

私が、「Kホテルって◯◯ですよね?」と聞くと、「私がご案内しますわ」と言って、連れて行ってくれました。

歩いてしばらくして、ホテルに着きました。
ロビーでお別れだと思っていましたら、「ご馳走になったので、荷物をお部屋までお持ちしますわ」と言うのです。
二人でエレベータに乗り、部屋に向かいました。
部屋に入り、「ありがとう、気をつけて帰ってね」と言いました。
Sさんは潤んだ目で私を見つめていました。
私は反射的にSさんを抱き締め、キスをしていました。

Sさんのキスは積極的で、激しくエロティックで、私は完全に舞い上がってしまいました。
長い長いディープキスでした。
キスしながら、お互いの服を脱がしました。
ベッドに押し倒し、オッパイを揉み、吸いました。
とっても小さなオッパイでした。
でも私は巨乳フェチではないので関係ありません。

私も全裸になり、ベッドで絡み合いました。
Sさんは自分から私のペニスを触ってきました。
私もSさんのマンコを弄っていました。
もう・・・止まりません。

狂うほどに絡み合い、ちんこをぶっこみました。
Sさんは、涙を流して感じていました。
私も、血管が切れそうになるほど興奮しました。
お互い大満足で果てました。

Sさんは今までのイメージとは全く違って、熟れた女性でした。
藤田朋子に似ていて、少し長身で、チャーミングです。
オッパイはまっ平らです。
お尻は結構素敵です。
なにより驚いたのは、セックスに貧欲なこと。
たぶん、セックスそのものが大好きなのでしょう。
それを私は全く批判するつもりはありませんし、素敵な女性だと思います。
その夜は3回、激しい激しいセックスをしました。

翌日、営業所に出社し、所長と住まい探しをし、無事決めました。
2週間後、正式に赴任し仕事をしています。

Sさんとは、それ以降、週に3日程度、会社には絶対秘密でデートをし、激しいセックスをしています。
最近では私のマンションに来て、お互いの性器を舐めあった後、繋がっています。
鍵も渡しています。

この1年、妻とは3回くらいしかセックスしていませんが、Sさんとは100回以上激しくセックスしています。
この先、Sさんとはどうなるのでしょうか?

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン