新着情報

ママ友に人気の幼稚園の先生と対面座位で繋がっちゃった

この体験談は約 3 分で読めます。

私は34歳。
主人とは仲良しで、今も世界一愛してます。
幼稚園に通う可愛い娘がいますが、娘の前でも私は主人にくっつきまくってます。

そんな娘の担任の先生は男性で、ママ達に大人気の先生でした。
私も先生のことが大好きでした。

年末、私の職場の忘年会のとき、偶然先生を見かけました。
挨拶に行くと先生は酔ってるようで、いつもよりもテンションが高く、「お母さん、これから二人で飲みませんか?飲み会がつまらないから帰るつもりだったんです」と誘われました。
つい嬉しくなって、「はい、行きます」と返事をして、職場の同僚には「帰るから」と伝え、先生と飲みに行きました。

個室の居酒屋に行くと先生はまた飲み始め、酔ってくると私に甘えてきました。
いつの間にか膝枕で話をしてました。

先生「お母さんの膝、最高に気分がいいですよ」

そう話す先生が、より素敵に思えました。

先生「すみません、調子に乗って甘えてしまって」

私「いいえ、私も嬉しいですよ」

そう言うと先生は、「本当ですか?」と膝から少しずつ上にあがってきて、私の胸のとこで、「気持ちいい」と顔を押し当ててきます。
私が黙ってると、もう片方の胸を先生の手が触ってきました。

私「先生、どこ触ってるんですか?」

先生「柔らかくて気持ちいいです」

今度は揉んできました。
そのうち硬くなりだした乳首を弄りだしたので、「先生のエッチ」と言いましたが、特に抵抗もせずに先生の好きにさせてました。

先生「まだ時間はいいですか?私の家に行きませんか?」

私は迷うことなく先生の家に行きました。

先生「女性に触れたのは久しぶりだったんです。もう一度だけ抱きついていいですか?」

私「先生は彼女もいないんですか?」

彼女とは遠距離で、会うことはほとんどないようでした。
私がコートを脱いで先生のそばに行くと、スカートの下半身に抱きつくので、「先生、スカートがしわになるのは困ります」と言うと、先生はスカートを脱がそうとしてきました。

私「先生、待ってください」

そう言って、先生の前で自分で下をすべて脱ぎました。
先生が私のアソコを舐め出し、舐めながら先生も服を脱ぎました。

先生のアソコはピーンと立ってました。
そして先生の体を起こして対面に座り、先生のアソコを受け入れました。
ニュルッと先生のが入ったと思うと、それだけで私はイキそうになり、先生にしがみついて対面座位の形で腰を動かすと、先生が「そんなにされたら・・・」と言って、私の中でビクンビクンとなりました。

(先生、出ちゃったんだ)

ママ友に人気の先生とエッチしているシチュに興奮して、私も激しくイキました。
あまりに早く終わった先生が照れ笑いしてたので、私も笑ってしまいました。

先生が抜くと中からドロッと出てきました。
先生のアソコをちらっと見るとまだ小さくなってなかったので、「先生は元気ですね」と言うと、「◯◯さん、もう一回お願いします」と言われ、「あっ、はい」と言い、足をいっぱいに開いて先生のを受け入れました。

正常位だったので、自分から「先生、バックでしてください」とおねだりして、激しくバックから突かれて2回目の射精を受けました。

それからは毎週末、買い物に行くと言って家を出ては、先生の家でエッチしてます。
週一ですが、毎回中出しなのでいつか妊娠しそうです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟専

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン