新着情報

巨根の元彼が教えてくれた抜け出しエッチの快感[後編]

この体験談は約 7 分で読めます。

私は立ちバックが大好き。
それは“使われてる”感じがするからです。
特に、洋服も脱がないで玄関でされるのが大好きです。
部長にも散々立ちバックでイカされました。
部長のセックスは愛情みたいなのが感じられず、私を道具みたいに使います。
逆にそれが私をどんどん興奮させました。

もう何十回もイカされて、最後はどうしても中に出して欲しいと思いました。
先輩にされた中出しの感覚が忘れられませんでした。

自分からは言えなかったけど、部長が「安全日か?」と聞いてきたので、「安全日ですけどダメです」と答えました。
本当は生理までにもう少しかかると思っていましたけど、我慢できませんでした。
部長が、「じゃあ中に出すぞ」と言うので、「ダメぇ、中はダメぇえ」と言いました。
でも本心では、一番奥にいっぱい出して欲しいと思っていました。

そして部長のが一番奥に出されました・・・。
巨根がすごく痙攣しています。
その時が一番幸せだと思ってしまいました。

次の日も仕事だったんですが、結局朝まで部長に抱かれました。
夜に3回、朝1回、部長に中出しされました。

部長には、今まで彼氏にも話したことがなかった大学時代の先輩との関係を話しました。
それからは部長が先輩の代わりみたいになって、セフレになりました。
彼氏が残業をしている間に部長に犯してもらったり、会社にノーパンで行って部長に見せたり、フェラぐらいなら会社でしていました。
そして先輩の時と同じく、彼氏とお泊りの時に途中で抜け出して、アパートの前に車で来ていた部長とカーセックスでイカせてもらったりしていました。

彼氏のことは大好きですけど、セックスは別でした。
逆に言うと、部長のことはセックス以外は何も好きじゃありません。
顔もそうですし、話も合わない、趣味も合わない、私を道具みたいにしか思ってない・・・、付き合うなら最低の人です。
でもエッチだけなら別です。

そんな感じで、私みたいに巨根好きの女性は絶対にいます!
でもみんなは我慢してるのか、または出会いがないのか・・・。
にしても短小の男性は注意が必要です・・・、女性は演技しますからね。
私の元彼氏や、今の旦那だって、そんな私の性癖なんて気がついていませんから。

さて、そんな部長との関係も部長がリストラされるまでの3年ほどでした。
3年間で私はますます巨根なしではいられない体になりました。
その時の彼氏とのエッチでは、全くと言っていいほど感じませんでした。
例えるなら足裏マッサージぐらいですかね?
気持ちいいけど興奮する気持ちよさではない感じです。
だから濡れないのが辛かったですね。
結構喧嘩とかにもなりました。

私は、部長との関係が続いてる最中にも、なるべく他の新しい男性を探そうとしていました。
先輩に会えなくなってからの空白の2年間がトラウマになって、部長が居なくなった時の保険を考えるようになりました。
出来るだけコンパにも行くようにして、ナンパとかされてもついて行ったりしました。
そのせいで、あっと言う間に経験人数が100人を超えました。
100人以上もすると巨根の人にも当たります。
でも早漏だったり、エッチが上手くなかったり、生理的にダメだったりで、なかなか続けて会える人はいませんでした。
黒人さんや白人さんも体験しました。
でもやっぱり大きくても硬さが無かったのが残念です・・・。

そして結局部長みたいな人が見つからないまま部長がリストラになり、また欲求不満の毎日になってしまった時期があります。
その時が一番の性欲のピークだったかもしれません。
28歳ぐらいだったと思います。

毎週のようにナンパをされて、大きなオチンチンを探していました。
もちろん彼氏もいて、結婚するならこの人と決めていました。
でもその時すでに私の中では、結婚生活を満足させてくれる男性と、性生活を満足させてくれる男性を別々で探そうと決めていました。
今までの経験から、両立できる男性はいません。
短小が嫌なら、性生活を満足させてくれる男性と結婚すればいいのでしょうけど、先輩や部長とは結婚できません。
結婚しても幸せにはなれないと思うし、子供もちゃんとした環境で育てたいと思います。
だから勝手ですが、自分でそう決めました。

そして結婚相手がいるけどセフレがいない状態のムラムラしてる時期が続きました。
彼氏に隠れて特大のバイブ(電気で動かないタイプ)も買ってしまいました。
それでこっそり慰める毎日でした・・・。
いっそのことAVでも出てみようかと考えましたけど、半分冗談でネットで調べたら、男優さんが巨根とは限らないそうなのでやめました。

そして30歳の時に正式にプロポーズされて、結婚式の日取りも決まった頃でした。
ついに待ちに待った体の相性が合う人を見つけました。
出会いはナンパです。
今までは先輩も部長も年上でしたけど、今度は年下です。
しかも大学生!
初めは子供みたいでテクニックなんて全然期待してなかったんです。
ところが、テクニックなんて関係ない若さゆえのパワーがすごいんです。
アソコの大きさは先輩や部長と同じぐらい、でも硬さは一番です。
彼は高校まで柔道をやっていたので力強さがすごいです。

セックスはすごく雑で乱暴な感じで繊細さがないんですけど、とにかく時間が長くて激しいんです。
私はとにかく奥を激しく突いて欲しいので、細かいテクニックより荒々しさが一番です。
彼はそれを満たしてくれて、しかも若いから多い時は連続12回ぐらい出来る時もあります。
私は今までの欲求不満をぶつけるみたいに彼とエッチしまくりました。

もう結婚式まで半年しかないのに、新居のことそっちのけで土曜日の昼間から泊まり込んで、日曜日の夜まで一歩も外に出ないでエッチをしていました。
部屋に入ると二人とも全裸になってエッチして、終わっても服は着ません。
いつもお互いのどこかを愛撫し合っていて、どっちかが入れたくなったら入れる感じです。

その当時は婚約者との付き合いも長かったし、結婚してから毎日一緒に住むという事実から、結婚前はそんなに毎週会うような感じでもなかったのでちょうど良かったです。
もちろん婚約者から電話とかはありました。
でもセフレにアソコを舐めてもらいながら話したり、フェラしながらとか手でしごきながら話すのは当たり前でした。

セフレは学生だから毎日でも時間があるので、ほとんど毎日会っていました。
私は仕事帰りにセフレのアパートに寄って、大体2回ぐらいします。
中に1回と、口に1回がお決まりです。
その間私は10回以上イカされるので、結婚前の1ヶ月は休日分も含めるとその月だけで500回はイッていたかもしれません。
本当に頭がおかしくなるかと思いました。
休日だけでなく、我慢できなくなると会社を休んだりして、私も学生みたいな事をしていました。
結婚したらこんな生活はもう出来ないと思うと、結婚前の1ヶ月は過去最高のハードスケジュールだったと思います。

その時期に先輩や部長とも連絡を取りました。
部長は実家に戻っていましたが、そんなに遠くなかったので会おうと思えば何とか会えます。
先輩も大阪勤務ですが東京に来る事もあったので、東京に来た時は会っていました。
とにかく時間がないと思って、1日に2人、前半と後半で会うこともありました。

結局、結婚式の前日も土曜日だったので、午前中は部長に会って、あとは大学生のセフレと一緒にいました。
明日結婚式だと思うと、こんな事をやってる自分に興奮してしまい、止まらなくなってしまいました。
結局、朝までしてから3時間ぐらい寝て、起きてからもう一度して結婚式に行きました。

セフレの家でお風呂に入ってから出掛けようとすると、玄関でスカートを捲られてもう1回入れられました。
もう私もスカートを捲られた時点で受け入れ態勢は自然に出来ちゃうので、そのまま立ちバックで犯されて、中に出されました。

「もぉお風呂に入らないとぉ」と言うと、「そのまま行けよ」と言われて興奮してしまい、結局中に精子を入れたまま結婚式を挙げてしまいました。

その夜は婚約者とホテルに泊まる予定だったのでホテルに行きました。
でもアソコの中にはセフレの精子が入ったままです。
厳密に言うとおしっこの時にほとんど出てますけど、そういう事じゃなく“中出しされたまま”っていうのに興奮して欲求不満になってしまいました。
このまま旦那さんとエッチしても満足できないのが分かってるので、その前に誰かに収めて欲しいと思いました。

昨日は会えなかったけど、先輩が東京に来ているのは知っていたので連絡しました。
先輩には結婚式の日を言ってあったので、半分冗談で、「当日抜け出して来いよ」と言われていました。
思えば先輩が“抜け出しエッチ”の快感を教えてくれた初めての人でしたから、“先輩と今日するのも運命だな”なんて思っていました。

先輩はすぐ近くにいたので電話すると、「じゃあ同じホテル予約してみっか?」と言い出しました。
一旦電話を切ると、「オッケー、部屋とれたよ」と返事が。
私は興奮でおかしくなりそうでした。

(旦那さんとの新婚初夜を抜け出して、同じホテルでセフレに犯してもらえる・・・)

旦那さんには、「お母さんに会ってくる」と言って、先輩が泊まってる部屋に行きました。
朝入れてもらった精子が残ってる私のアソコに、先輩の久しぶりの巨根が入りました。
もう入れただけでイキました。
それから1時間、何十回もイカされて、大学時代を思い出して泣きながらエッチしました。

最後に、「先輩とずっとエッチしたいよぉ、先輩結婚してぇ、お願い、一生エッチしたいぃ、先輩の赤ちゃん欲しいよぉ」と言っていました。

旦那さんにバレるから絶対中出しはダメだって決めていたのに、やっぱり中出しされてしまいました。
私もわかっていました。
先輩は一度だって私の言うことを聞いてくれたことなんかなくて、勝手に中出しするんです。
でも、それが興奮するんです・・・。

そして部屋に帰り、旦那さんと足裏マッサージみたいなエッチをしました。
二人とも疲れていたのですぐに寝てしまいました。
でも私は夜中に目が覚めて、やっぱり先輩の部屋に行ってしまい、またいっぱいエッチしました。
精子を中に入れたまま部屋に戻って、そのまま旦那さんにバレないように寝ていました。

そんな感じで今も3人とはセフレ関係が続いています。
回数は比べ物にならないほど減っていますが、月に2回はそれぞれと会ってる感じです。
皆さんの彼女さんや奥様もそうならないように注意しましょう!
と言っても注意のしようがありませんが・・・。

私からのせめてものアドバイスは、パートナーが巨根好きだと思ったら、躊躇しないで特大のおもちゃを使ったりして、オチンチン以外で満足させてあげましょう!
少しは気が紛れるかもしれません・・・、たぶん。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セーフセックス学習会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン