新着情報

浮気相手を何人も連れ込んだ馴染みの旅館

この体験談は約 5 分で読めます。

今年五十路を迎える俺には、結婚して22年になる45歳の愛妻がいる。
今でも週に3回は可愛い愛妻を抱くが、時には愛人も抱く。
俺は、浮気をしていないと妻を愛せない性分なのだ。

初めて浮気をしたのは20年前、妻が最初の子を妊娠した時だった。
浮気相手は妻の母、つまり義母で、当時49歳だったから今の俺と同じ年だった。
49歳の女性の裸は意外にも美しく、肉ビラはドドメ色だったがその卑猥な造形がエロかった。
当時、義父とは月に1回あるか無いかだったそうで、狂ったように俺の肉棒を貪ったが、「な、中はダメよ、まだあるから中はダメよ、あああーーー・・・」と中出しはさせてもらえなかったが、2人目の妊娠の時は義母は52歳で、「中に出してぇ~、中にドピュッと出してぇ~」と中出しを乞うていた。
妻も可愛い女だが、義母も可愛らしい女で、俺はしばし夢中になった。

妻が2人目の子を妊娠して産科に入院した時、義母の知り合いの経営する隣町の温泉旅館に宿泊した事があった。
最初で最後、俺はでっち上げた出張で、義母はウソの同窓会をその旅館の女将に頼んで、一晩、義理の母子で本気で愛し合った。
その旅館は、不倫カップルのお忍びデートに向いていて、多少お高いが正面以外の入り口が2箇所あって、人知れず訪ねるにはうってつけだった。

妻の出産が終わってしばらくして義母との関係も解消したが、熟した女の味を知った俺は、30代の時には40代後半から50代の女と浮気していた。
パート主婦の摘み食いもしたが、33歳から39歳までの約6年間、21歳年上の課長と浮気していた。
ほぼ義母と同じ年だったが、専業主婦の義母と違って逢瀬は簡単だった。

その課長とも、年に1、2回は例の旅館に泊まって一晩中愛し合っていた。
精力的に働く課長の体は50代とは思えぬほど引き締まった裸で、淡白な旦那なのか、マンビラは義母よりも綺麗だった。
知的な美人でクールな課長は、旅館での浮気セックスでは時間に余裕があるせいか、普段のラブホでのそそくさとした浮気では見せない、とても妖しい淫らさで喘いだ。
もちろん俺も課長の肉穴と肉芽をタップリ責めて、一度イカせる勢いで前戯をしていた。

「ああ~千草君、あ、ああ、イジワルしないで、ああん、早く入れてぇ~、あ、あ、あああ~」

肉芽に吸い付きながらレロレロと責め抜くと、課長は仰け反って痙攣しながらクンニでイクのだった。

「もう・・・私だけ乱れ姿を見せて千草君は正気なんだもの、恥ずかしいわよ・・・」

そんな課長が可愛く思えたりしたもんだ。

課長が定年で退職する直前、最後のセックスもあの旅館に出かけた。
来るのも帰るのも別々、だからお別れも部屋でした。
前の夜の淫臭の残り香の中、朝、一風呂浴びた後に本当に最後のセックスをして、課長の60歳の肉壷に最後の精液を注ぎ込んだ。
化粧を直しながら課長が言った。

「ずいぶん長いこと不倫しちゃったわね。私、この年になって若い殿方に何度も抱かれるなんて思ってなかったわ。ホント、良い思い出ができたわ。でも、この思い出は墓場まで持っていかなくちゃね。千草君、今までありがとう。元気でね。さようなら・・・」

「私も、中出しさせてもらえて光栄でした。ありがとうございました。くれぐれもお体ご自愛下さい。さようなら」

先に課長が帰り、3分後に俺が別の出口から帰路に就いた。
後日、花束を抱えた課長が職場を去っていった。

40代になった俺は、パート主婦の摘み食いをしていたが、ある時、若い女がバイトに入っているのを見つけた。
この頃、就職難が激しい時で、20代の女の子のバイトが増え始めていた。
俺は40代の10年間に、20歳から26歳の女5人と浮気した。
そのうちの4人目、つまり今の浮気相手の女の子の前の女は、22歳の真理子という冴えないネイチャーオタクの女の子だったが、当時45歳の俺に22歳の処女をくれた。
まさか処女だなんて思わなかったから、亀頭に感じた狭小な輪をくぐると同時に急にスルッと入る、何十年も味わった事のない懐かしい感覚を味わった時、真理子のしかめる顔に(もしかして?)と思ったのだ。

そんな真理子を例の旅館に連れ込んで、縄で縛ってマゾ調教と洒落てみた。
和室に浴衣姿の若い女が緊縛されて凌辱を受ける。
あまりに絵になるからデジカメで撮影した。

「お願い、撮るのは止めて・・・」

蚊の啼くような声で呟けば呟くほど、もっと恥ずかしい格好にして撮影してやった。
強烈なM字開脚させて、足の親指でガバッと肉孔拡げて懐中電灯で内部を照らして撮影したり、肉芽に赤いクリキャップを吸いつかせて撮影したり、飛び出た肉芽を糸で縛って撮影したり、若い女心を徹底的に砕いた。
俺はアナル好きではないので、尻穴に肉棒を入れることはしなかったが、真理子の尻穴にはアナルボールを入れたり出したりして辱めた。
アナルボールを入れたまま真理子を抱くと、イク事を覚えた真理子は、尻穴からアナルボールを鳥が卵を産むように、ポッコ、ポッコと排泄しながらヨガッた。

真理子が23歳の時に、草食系の部下とくっつけて交際させながら、マゾ調教は続けて寝取りを楽しんだ。
そして真理子は25歳で草食系部下に嫁いだ。
3年間に亘る何千枚という真理子の凌辱画像は、4GBのSDHCカードに収められて俺の手元に残っている。

その後に浮気していた女の子は、真理子が結婚するちょっと前に捕まえたバイトに来ていた女子大生。
22歳で、今月卒業してしまった。
この子は、外見はどこにでもいそうな、特に可愛いわけではないごく普通の女の子だが、ちょっと田舎の女子高生みたいなあどけない顔をしていた。
大学生活の中でしかできないエッチな経験をしたいという割り切りのよさがあって、アナル好きでもない俺にアナルセックスをさせて、腸内に精液を受け入れた。
アナルセックスは3回したが、あまり気持ち良くなくて、下痢気味になるから好きじゃないことがわかったと言って俺を安心させてくれた。

乱交以外は色々して、アナルの他に、露出やSMもした。
「サドも経験したい」と言って、俺の肉棒を縛って責めたり、俺のアナルに異物を入れたり、女王様にもなった。
自分の父親のような男の肉棒を責めて、肉棒から噴出す精液をまじまじと眺められた時は、さすがに恥ずかしかった。

この女子大生はハマトラ系のファッションをさせると女子高生に見えたので、例の旅館に行く時はそのようなファッションで正面から入った。
俺を「先生」と呼ばせて、ただならぬ関係を演出したが、アイドルになりたい女の子を誑かす悪い大人という設定だったが、どう映ったものか・・・。
そんなコスプレには付き合ってくれた女子大生だったが、撮影は頑なに断られた。
旅館中に響き渡るヨガり声で吼えて、大乱れで快楽を貪った彼女だったが、最後のセックスは旅館ではなく、彼女の部屋だった。
8割方荷造りが済んだ彼女の部屋に初めて入って、彼女のベッドで普通のセックスをした。

「明日、実家へ帰ります。色々お世話になりました。さようなら、オジサマ」

「ああ、元気でな。さようなら」

彼女の部屋を出て、駅へ向かって歩き出し、交差点を曲がるとき振り向いたら、彼女がキッチンの窓の格子から手を出して振っていたので、俺も振り返した。
22歳の女の子との浮気を終えて、上の子が20歳になっている事を思い返し、もういい年だし、浮気はやめようと心に誓った。
これからは妻をヨガらせることだけに専念し、いつか、妻をあの旅館へ連れ込もうと考えている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン