新着情報

人妻のデカ尻をイボイボのコンドームで突き上げた

この体験談は約 4 分で読めます。

42歳の人妻と出会い系で約束。
待ち合わせでラブホ直行。
俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ、腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
小声で会話しながらラブホまで歩く。

俺「出会い系初めて?」

人妻「そう。ドキドキしてるの・・・来てくれないかと心配で」

俺「どうして俺に決めたの?」

人妻「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ」

目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
彼女のリクエストでエロビデオの喘ぎ声を聴きながらキス、舌を絡ませる。
胸をそっと揉むと・・・。

人妻「乱暴にされると痛いの・・・上手ね・・・優しいわ・・・」

スカートの裾に手を伸ばすと・・・。

人妻「この先はお風呂の後で。いっぱい気持ちよくなろうね。お湯入れてくるね」

小用を足しトイレから出るともう彼女はパンティを脱ぐところだった。
体の線は崩れ気味だが、長身で胸もあり俺が好むタイプ。

人妻「シャワー暖めておくから早く来てね」

浴室に入ると椅子が用意されている。

人妻「座って・・・洗ってあげるね」

ソープを泡立て、慣れた手つきで全身を丁寧に洗ってくれる。
足の指の間まで洗い終わると、「ごめん、立ってね」と言われ、チンポのカリの周囲を点検するようにじっくり回し洗いながら、「チンチン大きい~」と嬉しそうに笑う。
玉もアナルも慣れた手つきで優しく洗い上げる。

俺「こんなに優しい女性は初めてだ」

人妻「そうかしら?これが当たり前だと思ってたけど・・・」

彼女が自分の方を洗い始めたので、俺も胸と腹にソープを泡立て彼女の背中と擦り合わせ回し洗う。

人妻「ええっ・・・楽しい!こんなの初めて!気持ちいいわ・・・やっぱり優しいのね・・・」

彼女はベッドに横たわり、うっとりとした表情で、「どんな風に気持ちよくさせてくれるの?」と囁く。
あまりにも感じやすい身体で、耳や首筋や脇腹への舌責めに悲鳴を上げて悶える。
乳首をそっと舐められたり乳房を撫でるように愛撫されるのが好きなようだ。
大きなヒップを上げさせて下に枕とバスタオルを敷く。

人妻「クンニ感じるの・・・声大きいから恥ずかしい・・・」

クリの皮を剥き、舌先で舐め始めると彼女は悲鳴に近い声を出しながら悶える。
そうしながら自分の指でクリの皮を剥き上げ更に強い快感を求める。
舌先でクリを押し潰すように強く速いストロークで舐め始めると、彼女は全身を痙攣させ2分足らずでイッてしまった。
舌が疲れる間も無く彼女がイッたので拍子抜け。

すぐに意識を取り戻した彼女が、「電マ使ったことないの・・・一度使ってみたかったんだ」と言うので、ベッドボードの上の籠に入っている電マをコードを引っ張りながら彼女の股間に持ってくる。

(こういう所のって不潔なんだよな)

そう思ったが、彼女が「早く・・・」と言うので、敷いてあるバスタオルでサッとヘッドを拭き、スイッチを入れた。
最初はソフトモードでクリに宛てがうと、「ええっ!痺れる!」と叫ぶのでハードに切り替えると・・・。

人妻「ああっ!強い!ダメ!おしっこ漏れちゃう」

俺「バスタオル敷いてるから漏らしてもいいよ」

1分と持たず彼女は電マの隙間から小便を小さくピュッピュッと吹き、それは花弁の間をつーっとアナルの方へ流れていった。
ヒップを持ち上げ、大開脚でオール丸見せの彼女に、「恥ずかしくないの?」と言うと、放心状態。

人妻「もうどうでもいい・・・」

身体に力を取り戻した彼女は、「貴方も気持ちよくならなきゃダメ」と言い、俺をさっきまでの自分と同じ体勢にさせる。

「さあいくわよ」の言葉とともにチンポをカリまで咥えこみ、ねっとりとしたフェラを始める。
彼女の舌の動きと吸い上げに、「これじゃ弱い男だったらあっという間だよ」と半分泣きを入れると、「だーめ。これからたっぷり頑張ってもらうんだから」と顔を下げ、玉舐めを始める。
絶妙な舌先の動きで玉全体を舐め回されながら、「くっ・・・男殺しだな、貴女」と声を出すと、「フフッ、さっきのお返しよ」と嬉しそうに笑う。

人妻「この大きいの入れて・・・」

用意してきた厚手のイボイボのゴムを彼女に被せてもらう。

人妻「いやらしいわね・・・私こんなの大丈夫かしら・・・」

さっきの体勢に戻った彼女の花弁の間に下から突き上げるようにゆっくりと挿入する。
大柄な身体からは意外なほど中は狭くヒダヒダも多い。
湿った中にスムーズに滑り込ませると・・・。

人妻「ああ・・・入ってる・・・お願い、激しくお願い・・・」

突き上げるように彼女の中の腹側を擦りまくると1分位で、「もうイヤ!止めて!イク!」と叫びながら彼女1人でイッてしまい、俺のを締め付けながらヒクヒク痙攣してしまった。

まだ射精していない俺に対し彼女が2回イキ、3回目の途中で厚手のゴムを被った俺は疲れて中折れしてしまった。
中折れを感じた彼女は無言で素早く起き上がり、自分の液まみれも関せず、一心にゴムフェラを始めた。
その姿に徐々に立ち直った俺は再び彼女と合体し、彼女の3回目の痙攣に合わせて放つことに成功した。

ゴム出しを感じた彼女は、「中でプクプクいってる・・・出したのね・・・」とうっとりとした表情で呟いた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

エクスプレス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン