新着情報

妻の妊娠中にアラフォーの義姉に潮を吹かせまくった

この体験談は約 3 分で読めます。

義姉と不倫するようになったのは、妻の妊娠中。
妻は初産で、体調を壊し出産前から入院することになりました。
その時、洗濯や食事の世話に来てくれた妻の姉としてしまいました。
俺が29歳で、義姉が34歳の時でした。

あれから10年、今でも月に1回、義姉の安全日に合わせて土曜日の朝から夕方までラブホでパコっています。
ポッチャリ気味の妻とは違い、アラフォーを過ぎても小柄スレンダーな体型をキープしていてる美熟女。
何回も何回も情事を重ねガクガク震わせて潮吹きしながらマジイキするんです。
1日中やって、義姉は数えきれないくらいイキますが、私はせいぜい3発くらいしか出せません。
しかしその時は必ずギュッと抱き締め合いながら一緒にイキます。
そのあと、しばらくキスしながら抱き締め合ってます。
ホントにこのまま死んでもいいねって2人で毎回言ってます。
来年もずっと続けていきたいです。

妻の実家に私と妻と子供で帰省しました。
義姉は来ませんでした。
明日から仕事が始まるので、妻子は残り、私だけ今日の昼に帰宅しました。
しかし先に帰って来たのは、そうです、義姉とパコる為。
自宅でヤルのは妻が出産の時以来です。

私が帰宅して1時間も経たないうちに義姉が来ました。
まず玄関で抱き締め合い、カラダを弄り合います。
私はもうカチカチに勃起。
義姉もきっとグショ濡れです。
その場で始めても良かったんですが、あえて抱き合ったままキッチンに移動しました。
そう、10年前の初めての時のように、キッチンSEX。

「姉さん、覚えてる?」

セーターの上からバストを握り締めます。

「うん、もちろん」

「いい?」

下着を脱がさないでそのまま挿入します。

「いいよ・・・あぁ」

「熱いよ」

ゆっくり抜き挿しします。

「なんかいつもよりおっきいよ」

「そぉ?・・・あ~すげぇ、締めてる」

動きを深く速くします。

「あ、ダメ、イッちゃう」

「あぁ、俺もダメかも・・・いい?」

「いいよ、来て」

2人共、ほぼ一緒にイケました。
義姉の締め付けもいつもよりきつかったです。

バスルームに移動して、オシッコの見せ合いかけ合いしてから、たっぷりフェラとクン二。
義姉は4、5回マジイキ。
私はイラマチオでイキそうになりましたが、なんとか我慢しました。

いつも最初は義姉は嫌がりますが、私たち夫婦の寝室に移動。
そこで繋がるのは背徳感で一杯で、なおさら燃え上がります。
四つん這いバックで挿入してる姿が鏡に映り義姉が恥ずかしがるので、また盛り上がります。
さらに私が義姉の白い尻を音が立つように平手打ちしスパンキングすると義姉は腰をガクガクさせてイッてしまいました。
すぐに裏返して、膝を折り曲げて屈曲位で一番奥まで一気に突っ込みました。

「あ~、またイクイク、イッちゃうって」

ギュッと抱き締めながら言いました。

「イケよ、姉さん」

今度はブルブル震えるようなイキ方でした。
抱き締めたまま私が起き上がって対面座位に。

「姉さん、俺ももうイキそう」
「いいよ、来て来て」

「ほら、腰振ってイカせてよ」
「え~、うまくできないって、下から突いてよ」

「ダメ。嫌ならやめるよ」
「嫌、するって・・・」

義姉の腰が上下前後に回転しながら動き始めた。
我慢できなくなりそうだったので乳首に吸いついて軽く噛む。

「あぁ、すごいよ・・・」

マンコが締め付ける。

「あぁ、イクイク、出すよ・・・」

「来てきて、いっぱい出してぇ」

また強く抱き合いながら今度は一緒にイッた。

ちょっとウトウトしてしまい、義姉は帰る時間が迫ってきたのでシャワーに行った。
シャワーから出てきて服を着終わって、化粧もして、リビングのソファーに座ってストッキングを穿いているところに出ていった。
塗り直した口紅にムラムラして、お別れの軽いキスをする振りをして舌を絡ませる。
最初は拒絶しようとしてたけど無理。
スイッチオン。
そのまま両足を抱え上げて挿入。
キチンと着たセーターを捲り上げて乳首を頬張り、乱暴気味に突き続ける。

「あっイクイク」

ドクドクドクドク出しました。
ホントに時間がなくなり、義姉はバッグから生理用品を取り出して、当てて帰っていきました。

この私たちの秘密の情事はきっと続いていくと思います。
私は、アラフォーになってより成熟した義姉の体の虜になっています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セクフレ

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン