新着情報

会社の可愛い後輩・浩太君

この体験談は約 3 分で読めます。

会社の飲み会があって、ついつい飲みすぎてしまった。

後輩の浩太君と同じ方向なので一緒に帰ったんだけど、満員電車のムッとした雰囲気に酔いが激しくなって、途中の駅で降りて介抱してもらったんです。
トイレに1時間くらいこもって少しは良くなったんだけど、電車には乗れそうになかったので、主人には「同僚の部屋に泊まる」と嘘の電話をして、浩太君とホテルに入ったんです。

浩太君がシャワーを浴びてる間に、私は冷蔵庫にあった冷たいお茶を飲んでからさっさとベッドに入って寝ました。
浩太君はソファーで寝たようでしたが、しばらくしてベッドに潜り込んできたんです。

ベッドの中でなんかゴソゴソ動いているので「人妻なんだから変なことしないでよ」と注意したのですが、お互い下着になっていたので肌と肌が触れ合って、私もちょっと変な気分になってきちゃったんです。
しかも、近寄ってきた浩太君のアレが太ももに当たってきて・・・。
その頃になると私の酔いもだいぶ覚めてきたから「やだ、浩太君立ってるの?」って言いながら、そっとアレを撫でちゃったんです。
本当は悪酔いしてたのかも?

私はイタズラ心が芽生えてきて、指先でいやらしく撫でたり、玉を揉んだりしたんです。
浩太君は、たまらなさそうな、泣きそうな顔をして「あっ、あっ」って喘ぐんです。
それが可愛くて、もっといじめたくなっちゃったので、優しく握って擦りながら「イキそう?イッてもいいよ」って言って、本当にイキそうになると手を止めて意地悪しました。
浩太君は、辛そうな顔で私を見て、何か訴えてきます。

私は調子に乗って「ウフフ、気持ちいいの?こういうのはどう?」ってどんどんいじめちゃったんです。

そしたら、「ひなこさんダメ!ああぁ」って言いながら、手の中にドクドクドクッて出しちゃったんです。

私は、それを手に広げてヌルヌルさせてまた浩太君のアレをいじめちゃったんです。
男の人ってイッたあとのアレを触られるのが本当にイヤみたいで、浩太君も喘ぎながら「やめて、やめて」って半泣きになっちゃったんです。
私は「こんなのもイヤなの?」って言って布団の中に潜って精子まみれのアレをパクってしました。
浩太君は「うーうー」と呻いてるみたいでしたが、布団の中はよく聞こえないので、また大きくなってきたアレをいっぱいしゃぶっちゃいました。

さっきみたいにビンビンになってくると、いきなりガバって抱きついてきてキスしてきたんです。

私は「Bまでだからね、Bまで・・・」って言ったんだけど、興奮しまくった浩太君は止まらないんです。

激しく吸い付いてきて、キスマークができそうだったらから一生懸命制止しました。
浩太君はブラを外しておっぱいを揉みながら乳首を舐めてきて、パンティの上からアソコも触ってきました。
パンティも脱がすと股間に顔を埋めてシャワーを浴びてないアソコをむしゃぶりつくように舐めてきました。
浩太君はそんなに上手いほうじゃなかったけど、久しぶりだったから感じてきちゃって、Bまでって言ったのに欲しくなってきてしまいました。

私は無意識に浩太君のアレを握って「いいの、いいのよ、入れて」って言ってました。

それを聞いた浩太君は、私の股を開くと入れようとしてきたので、とっさにコンドームを被せました。
浩太君は一気にアレを入れると狂ったように腰を振ってきました。
大きさは普通だったんだけど、突く時の勢いがすごいから固いのが気持ちいいところに当たって私は、どんどん感じてきてしまって、久しぶりに大声で喘いで乱れてしまいました。
浩太君のピストンがどんどん早くなってきて、私は浩太君と一緒にイッてしまいました。
その夜、もう1回してから寝ました。

それから会社で会うたびに「今夜いい?」って聞いてくるのですが、人妻の私がそんなに外泊もできるわけがなく、たまに昼休みとかに倉庫とかでエッチさせてあげてます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Gorgeous Time

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン