新着情報

広末似のM女を寝取ったら[後編]

この体験談は約 8 分で読めます。

ディープキスしながら服の上に右手を下ろし、円を描くように、中指の真ん中で優しく、突先を探しながら、時々強く胸を揉んだり突先を摘んだり、左右の胸を交互に揉む頃にはディープキスの舌は少し絡むようになってきた。
予想以上に彼女の胸は大きく、服の上からでもそのボリュームは感じ取られ、次第に彼女の息が艶かしい声を発するようになってきた。

俺「ちょっと気持ちよくなってきたみたいだねw」

彼女「うん」

俺「元同僚の先輩に、おっぱい揉まれて感じるんだw」

彼女「うん。ちょっとエッチだねw」

俺「フェイスブックに載せる?w即イイネ!するよって言うか、今がいいね!」

彼女「俺さんwww怖い!」

俺「ごめん。調子に乗りすぎたwお詫びに色々頑張る!」

なんて、バカなこと言いながら、片手でブラのホックを外した。

久々だ。
ブラのホック一発で外せてよかった。
ホント良かった。
こんな歳になって、しくじったら有罪だもんね。
胸が大きいから、ホントによかった。

ブラをずらし、シャツの上から今度は右の胸は突先を甘噛みし、もう一方は人差し指で弄りながら、胸を揉んだ。
彼女の声が更に甘い声になり息も荒くなって、とっても気持ちのよい感じで声を必死に我慢しているのが、更に俺のSパワーへと注入していった。

彼女の声は、少し鼻に引っかかるような声でエロい。
そんな声を聞きながら、右手は下のほうへ進んでいった。
もちろんすぐには開かない感じだったが、少し強引に力を入れ耳元で、「もう、諦めろ」と言うと、股の力が緩み少しずつ、自ら開いていった。
まるで無血開城させたような気分だった。

俺の右手は、まずは正面から侵入はしなかった。
右ふともの付け根から中指が進入し、パンティの上から恥丘を弄り、中指の先端に全身神経があるような錯覚を覚えながら優しく周辺を触れていった。
すると、彼女の声はどんどんエスカレートしていき、ついに・・・。

「やん、気持ちいい・・・」

もう、俺もテンションMAXだね!
とうとう、聞き出したぞwwwって感じで彼女のショートパンツを脱がせにはいった。
もういいかなと思い、ディープキスを再開。
完全に舌を自ら差出し、おねだり状態。
つばを分け与えてやると、エロそうに飲んだ。

俺「つばが行けるなら、ザーメンはどう?」

彼女「無理かも、私フェラーリ嫌いだし」

独身時代、基本ノーヘルでやって飲ます・顔射。
これ基本でオプションで髪にもかけたな。
なんせAVの真似事と何とかゴッコが好きで、これに耐える女は俺のこと好きなんだと思う基準があったなwww
今の嫁には完全にノーマルプレイだけw
アナル舐めさすのはノーマルでしょ?

フェラーリの件で一瞬、間が出来てしまった。

すかさず俺は、「日本酒の店で練習しただろ?」と切り出し、「チロチロでいいからしてくれ」とお願いした。

彼女はしぶしぶ、俺の愚息にあの柔らかい舌が近づき、とうとうフェラーリのレースが始まった。
仁王立ちやソファに座り観察しながら指導していきたかったけど、それは恥ずかしいから駄目と断られた。
まだ時間はあるからこれからねwww

とりあえずチロチロは終わり、次に溶けかけのアイスのような舐め方を指導し、とうもろこしの甘噛みや、最後はどんぐり飴を舐める舌使いを指示した。
彼女の舌が段々と、いやらしく動くようになり、俺のカウパーが出てくるのが分かった。

彼女「きもぉふぃふぃ?」

俺「最高!職場のやつに言いたいw」

彼女「もぉう、だめでしょ!それより、先っぽからHな汁が出てるよw」

俺「綺麗に舐めて飲めよ。それはルールだからな!ちゃんと従えよ。わかったか」

彼女「すごいエッチ・・・えへw、何か、すごい・・・」

一応、俺的に完結。
ゆっくりと暖かい舌先の裏が、俺のチンポの先を軽く触れていく。
そして断続的にその舌先は、亀頭を周回して何度も先っぽをチロチロと舐め、時折カリの手前まで頬張りながら吸引し、我慢汁を吸い取っていた。
こいつ俺のを吸ってる、と当たり前ながら更に興奮した。

俺は「もっと咥えて」とお願いをしたが、彼女は首を横に振り無理だといった。

ここで無理強いをしても仕方ないので、一度フェラを止めさせた。
彼女をゆっくりと起こし、お互い向き合いながら、感謝の気持ちで唇を重ね、少しショッパイがとても気持ちのいいディープキスだった。
何度も濃厚なキスを重ね、黒いシャツを脱がせて、初めて見る彼女の白く大きな胸は、形のよい小さめな乳首で色は標準的だった。
想像よりハリがあって、きれいな胸。
俺は薄暗い明かりの中、じっと見てしまった。
彼女はもちろん恥ずかしがり、あまり見ないでとお気に入りのバスタオルで隠し横になって俺に背を向けた。

その仕草に、また俺は欲情した。
頭からバスタオルに潜り込んでいる彼女を強引に仰向けにし、ゆっくりとバスタオルを頭の方に捲りながら、おへそから上にと舌を這わせていった。
彼女は嫌がるでもなく、バスタオルを左手で胸を押さえながら、右手で顔を隠したままだった。
俺は彼女の左手首を掴み頭上に固定しながら、口でタオルを少しずつ捲り上げ、右手で露わになった胸を下から優しく揉み、人差し指で乳首をツンと弾きながら、そのまま少し掴んだ。
彼女は「んんっ」と声を殺し、腰をビクンと少し浮かした。

俺は硬くなっている彼女の乳首を甘噛みし、舌先を乳首に優しくあてて動かした。
そして、持て余している右手を、彼女の身体から離さないように、下の方へと撫でていった。
俺の右手は、彼女のショートパンツを脱がせに入る。
彼女は腰を少し浮かせて、脱ぎやすい体勢を作った。
黒のパンティで白のラインが二本横に入っていた。
どうやらブラとセットとわかった。

中指の腹をマンコの中心に当ててみると少し湿っていた。
俺は、中指の先をクリ付近に置き、つま先で軽く擦った。
舌先が乳首を愛撫し指先はクリとマンコの往復。
彼女は感じているのを我慢しながら、とうとうバスタオルを自分で外した。
少し息苦しかったのか感じ始めていたのか、彼女はハァハァと息が少し荒くなって、瞳もトロンとなっていた。

そんな彼女に堪らなくなり、軽くキスをして、ギュッと抱き締めた。
彼女もギュッとしてくれて、俺はまた指と舌で愛撫を始めた。
彼女のパンティが濡れてくるのがわかる。
マンコにある指を人差し指に替え、中指をそっと具の方へ忍ばす。
ぬちゃ・・・彼女が少し硬直し甘い声を漏らし、生暖かい愛液を指先に感じる。
直にクリを探し、優しく撫ぜる。

首元にキスをしている俺の耳元に・・・。

「んっ、だめ・・・」

駄目なはずは無い。

すかざす、人差し指をクリにあて、中指はマンコの入り口を少しだけ挿入した。
彼女の中はとても窮屈で「んゅっ」と声を殺すため自分の手をグーにして中指を噛んだ。
その姿に興奮を抑えきれない。

パンティが邪魔だ・・・。

ひとまず俺はパンティを脱がすことに専念した。

名残惜しい・・・。
これを脱がすと、また一歩ゴールが近づく。

変な葛藤が俺を包み込んだ。
だが行動は素早く脱がしてしまい、彼女はついに生まれたての姿に・・・。

だめだ、可愛い。

その一瞬の隙が彼女にバスタオルを与えてしまった。
だが俺は直にバスタオルを毟り取り、おっぱいにむしゃぶりついた。

「やん!エッチ!」

「そうだ、悪いかwww」

俺はシャツを脱いで仰向けに寝転んだ。
彼女に上に乗るよう指示し体勢を騎乗位に変え、彼女にキスをせがんだ。
長いキスをして、彼女は俺の乳首を舐め始めた。
両手で彼女の胸を揉み、彼女は俺の乳首を攻める。
ねっとりと舐めたり甘噛みしたり俺も少し声を出した。

彼女のMに反応したのか、「舐めてあげようか?」と自分から言い出した。

彼女が体勢を持ち上げようとしたときに、俺は重力に逆らえない大きな白い胸にカプッと食らいついた。

「やんっ!おっぱい食べられちゃったよ」

もうね、堪らないね、この言葉。

少し胸を弄び、彼女が「フェラはいいの?」って言い出した。

俺は是非ともとお願いをすると、彼女はテーブルのお茶を飲み始めたので、俺も喉が渇いていたから口移しをお願いした。
流れ込むお茶と絡み合う舌、そんなことをし終わり、俺はソファーに座った。

彼女は正座をしたまま「恥ずかしいよ」と言い、俺は「エッチに舐めろよ」と言った。

チンポを持とうとしたので、両手を俺の太ももに置くよう言った。

「何かやりにくい」

彼女は少し不満そうにそう言ったが、すぐに従った。
根元からゆっくりと舐め上げるようにお願いをし、何度か往復すると今度は、カリの根元からカリの上へ舌を回すように言った。
咥えて欲しい欲望と、もっと苛めて欲しい欲望。
その二つが交差する思考。
しばらく我慢をしていると、自然と声が出て「気持ちいい」と俺は呟いた。

彼女はそんな俺を感じたのか・・・。

「咥えてもいい?」

このタイミングで言うとは、本当によく出来たM女だと思った。
そして俺は、即お願いした。

「すごく大きい・・・」

月並みだが嬉しい発言。
俺の脳みそは、もう融けた。
上から見下ろす、手コキなしのフェラ、強引に喉の奥に突っ込みたい衝動。
献身的な行為に更に硬くなった気がした。
カウパーも溢れ出て、それを綺麗にしてくれる彼女。
とうとう彼女は俺のチンポを咥えた。

やはり口が小さい。
少し痛い。
でもこの痛さは、なんて心地よいのだろう・・・。
頑張る姿が愛らしい・・・。

咥えるのに少し不安定だったので、チンポを持つことを許可した。
するともっと激しい快感が脊髄を走り、彼女の頭に両手を持って固定していた。
流石に、チンポを奥までは突っ込まなかった。
いや、出来なかった。
こんな、ぎこちないフェラが気持ちいいのは、初めてな感覚。

もっとして欲しい。

俺も彼女のマンコを舐めたくなった。
女には嫌われるが、俺はあまりクンニが好きじゃない。
クリを舐めるのはOKだが、一度ドギツイ、ドロドロの女を舐めたことがトラウマ。
シャバシャバは割とOKだが、彼女のは少し粘度があったのでいけなかった。

彼女に69を要求したら、すぐに拒否された。
恥ずかしいから駄目とのことで、こっちも愛おしさ全開だから、どうしても舐めてあげたかった。
フェラを止めさせ、仰向けに寝かせ、胸を吸いながら手マン。
すいぶん、気持ちが高ぶっているせいか、大きな声で喘ぎだした。

「いや、気持ちいい、めっちゃエッチ」

あふんと声が大きくなりだしたので俺も興奮し、彼女を四つん這いにして、網戸のベランダに向かって体勢をかえさせ、手マンを始めた。

「声が外に聞こえるよw」
「すごいエッチだね!まさか、こんなにエッチとは思わなかったよ」

・・・とか、言葉責めを開始した。

彼女は、恥ずかしいのだろうが、声が収まらない。
そして、ついにイキそうになる。
俺も火がついている状態。
もちろん、おねだりさせたよ。

「『俺さんお願いします。わたしをイカせてください』と言え」と命令した。

ほんと気持ち良過ぎる。
ここまで優秀なM女は俺にとって初めてだった。
俺の予想を超えた回答があった。

「俺さんの指でめちゃくちゃにして、このエッチな女をイカせてください」

俺は、一瞬どんな調教を受けたのか考えたが、直に考えを改めM女の本質と思うようにした。
そこから俺は、左手の指を彼女の口に咥えさせ、右手で少し中を激しく掻き回し、モゴモゴ言う彼女に興奮しながらイカせてやった。
この雰囲気で潮吹きしたら俺は狂ってたかもと思いながら、指を彼女に見せながら、舐めて綺麗にし、彼女にも舐めさせた。
彼女の味は、俺をさらに狂わせるには充分な味がした。

彼女がイッて少しイチャイチャして、俺がソファーに座り、再度フェラをしてもらった。

突然、彼女の携帯のバイブが鳴った。
俺が座るソファーにある携帯。
彼女は気づいているのか分からない。
相手は非通知だった。
現在、午前2時少しを回ったところ。

当然、俺はシカトし、彼女の奉仕を感じている。
三度目の非通知で彼女は俺に人差し指をあて電話を取った。
ワザとらしい眠そうな声、すぐに電話は切れた。
またすぐに、着信。
彼女は電話を取るが、同じように切れた。
何回も非通知着信が入り、彼女に確認。

「取らなくていいの?」

こんな状況じゃ楽しめないしと思い、頭の中に彼氏の存在が浮かんだ。

ニヤリ・・・。

「おい、俺がとろうか?こんな時間にしょっちゅうあるの?」

彼女は「初めて」と答えたが、俺の申し出は断った。

俺と同じ思いか?
次に着信したら、受信だけして無視しろと指示。
彼女は頷き、うつ伏せになった瞬間に着信。
指示通り、着信だけして様子見。
さっきより長い時間の沈黙。
そして、切られた。
不安げな彼女。
俺は電源を切らせようと思ったが、考えを変更。
彼女は電話を取るときうつ伏せである。
次に着信があったときに実行すると俺は決めていた。

少し間が空き、着信があった。
同じように電話をとり沈黙の対応。
すかさず俺は彼女の尻を持ち上げた。
声にならない彼女の硬直。
左手で胸を揉み乳首をつねりながら右手は尻を広げ、クリに甘噛みをした。

彼女は必死に声を殺すが、もう遅い。
相手は異変を感じているだろう。
必死に抵抗する彼女、だが止めない。
一瞬だけ甘い声を彼女が漏らした。

そして、電話は切れた。
もう、俺の頭の中では、相手は彼氏確定。

家は近いし、もしかしたら、俺がベランダでタバコを吸っていたのを見ていたのかもしれない。
あの時、タバコを吸いたいと言って顔が曇ったのは、下着のせいもあるが、もしかしたら、彼氏にばれる事を恐れたのではないだろうか・・・。

それより、手マンでベランダに向かってイカせたときのことを知っているかもしれない。
まあ彼氏が来たら修羅場だろうが、もうやったモンは仕方が無いと腹をくくった。
あとは普通にやった。
ゴムが無かったから生でして、飲ませたぐらい。

電話の件のドキドキを伝えたかっただけ。
長々すまなんだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

奴隷の巣

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン