新着情報

40代にしか見えない妻の母と

この体験談は約 5 分で読めます。

妻の母との秘密をお話ししたいと思います。
私は35歳で結婚しております。
妻は29歳、子供は5歳の3人家族です。

妻の母は妻が小さい頃に夫を病気で亡くしており、アパートの家賃を払うのも大変なので、3ヶ月前から私たち家族と同居することとなりました。
ちょうど家を建てたばかりで1部屋使ってない部屋があるので、ちょうどよかったのでそう決めました。
妻の母は真面目な方で、50歳を過ぎたところですが、まだまだ40代にしか見えず、妻と親子とは思えないくらいの若さで、再婚も考えているみたいですが、なかなか相手が見つからない状態です。

そんな妻の母の痴態を目撃したのはちょうど同居4ヶ月目に入る寒い日のことでした。
私は前日に出張から帰ってきて、その日は会社に少しだけ顔を出してすぐ帰宅したのですが、時間は10時半で、久しぶりに家でゆっくり過ごしたいと思い、朝からビールと摘みを買ってきて帰宅しました。
妻の母は午前中のパートに出ているのですが、たまたまその日は休みで、私は妻の母が休みであることを知らずに帰ってきたわけですが、玄関を開けると静まりかえった家の中で、変な声が聞こえるのです。
そうです、喘ぎ声です。

まさか妻が浮気?と思いながら、そーっと家に入ると、どうも聞こえてくるのは妻の母の部屋からのようでした。
50歳を過ぎてまだエッチするのかな?と思いつつ、ドアに耳をつけて聞いてみると、間違いなく妻の母の喘ぎ声に間違いはありません。
私は信じられない声につい聞き入ってしまいました。

「あぁーん。あ、あぁーん」

私は気付かれないように一旦家を出ました。
私が帰宅したことが知れると妻の母も気まずいだろうと思ったからです。
仕方ないので1時間くらい近くの公園で暇を潰して家に戻ると、妻の母は何もなかったかのように、台所で茶碗を洗っていました。

義母「あら~、雅人さん今日は早かったのね」

私「あ、はい、有給を取りましたので・・・」

妻の母の表情はすごく晴れやかに見えました。
やっぱりオナニーをしていたのだと確信しました。

義母「何か食べる?」

私「い、いや、いいです」

なんか妻の母と結婚したみたいで、妻の母のタイトスカートから覗く細くきれいな足を見ると、朝から少しムラムラして股間が熱くなってくるのを感じました。
妻であればおそらく後ろから抱き付いていたでしょう。

義母「雅人さん、あなたたち夫婦は仲良くしてるの?」

私「ええ、たぶん、でもどうしてですか?」

義母「・・・聞こえないから」

私「え、何がですか?」

義母「夜よ、夜の声よ」

妻の母はニタッとして私に聞いてきました。

私「もう何年か一緒に生活してますから」

義母「そんなものなの、もしかして風俗とか行ってるの?」

私「いえ、そんな所には・・・」

実は月に1回くらい私は風俗に行っていました。
妻とは月に1、2回しかセックスをしていなくて、いつも拒まれることが多かったのですが、さすがに“行ってます”とは言えません。

義母「あら、亜紀は男がわかってないわね」

私「まあ、そうですね」

妻の母は興味深く何でも聞いてきます。

義母「それじゃ、雅人さんは1人でしてるの?」

私「えぇー、い、いや、そういうわけでは・・・」

義母「あ、夫婦の問題に、私って駄目ねぇ、ご、ごめん・・・」

妻の母は恥ずかしそうに、ニコっとして、片付けを終わらせました。

義母「私、お風呂に入ってきますね」

私「え、昼間からですか?」

義母「ええ、少し汗をかいたの。昼間のお風呂って意外と気持ちいいものよ」

私は妻の母の裸を思い浮かべ、あの洋服を脱がせてみたいと思いましたが、妻の母です。
血は繋がってなくても義理の母ですから、いやらしい気持ちを切り替えようと必死でした。

しかし、妻の母の入浴を少し覗いてみようと思いました。

妻の母は鼻歌まじりで、すでにお湯を貯めてある風呂へ向かいました。
私の心臓はバクバクと動いており、覗くかどうか、まだ迷っておりました。
でもどうしても気持ちが抑えられず、気付かれないように、そっと風呂場へ向かいました。

風呂の引き戸を気付かれないように開けると、妻の母のパンティがありました。
母のパンティは黒で、しかもブラも黒。
もう私は気持ちを抑えきれず、風呂のドアの空気の出し入れをするところから、そっと覗いてみました。

(おお、す、すごい、年の割りにすごくきれいだ・・・おっぱいも意外な張りで、とにかく妻より色白で、きれいだ)

私のペニスはすでに勃起しており、もうズボンの上からペニスをシコシコと擦っていました。
とりあえず気付かれないうちに、部屋に戻りました。
まだ心臓がバクバクして、妻の母の裸は、年上好きな私にとって本当に理性を狂わすだけのものでした。
我慢できない私が、もう一度脱衣場に行こうとしたときです。
脱衣場から出てきた母とばったり出くわし、バスタオル1枚の母と接触してしまったのです。

「あぁ、すみません」

そう言ったとき、母のバスタオルが私の肩に引っかかったために、スル~と床に落ちてしまったのです。
慌てて拾おうとする母の頭と同じく屈みこんだ私の頭がゴツーンと音を立ててぶつかり、しばらくして顔を見合わせた2人は緊張のまなざしの後、どちらからともなく笑い出してしまったのです。

「おばさんでしょう・・・恥ずかしいわ・・・」

「い、いぇ、すごく魅力的で美しいですよ!」

まるで飲み屋のママとでも話しているかのような錯覚に陥りました。
そしてなぜか次の瞬間、無意識の中で私は目の前の素っ裸の母を抱き締めていました。
意外なことに母は無抵抗で、しかも何も言いませんでした。
ふと我に返った私は恥ずかしさの中で、どうしていいものか分からず固まっていたのですが、意外と冷静な母が、私の手を取って導くようにリビングのソファーに導いたのでした。

私は強烈な興奮に包まれ、“もう、どうにでもなれ!”と、思いっきり母に甘え、抱きつき、一気に貫きました。
はじめは無表情でやや抵抗気味だった母も、徐々にその気を出し始め、「あ、あぁー」と声を出しました。
2人は獣のように1時間以上抱き合い、お互いを求め続けました。
イク寸前に、母は1分ぐらい「わぁーん、あぁーん」と、ものすごくいい声を出し続け、最後に「い、イックぅー」と、何とも言えない顔で、私に必死にしがみついてきたのです。
本当に愛しく思えました。
一瞬、自分の彼女のような錯覚に陥るほどでした。

妻が、保育園のママの会で留守だったのが本当に幸いでした。
あれ以来、妻の母の私に対する眼差しが変わっています。
当然、私も意識バリバリです。
きっとまた二人きりの機会ができたら、どちらからともなく求めあうことになると思います。

不安・・・でも何とも言えない新鮮な興奮のあの空気感が・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即アポスケジュール帳

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン