新着情報

精神科に来たセックス依存症の人妻

この体験談は約 5 分で読めます。

こんにちは、私は40歳の男で、精神科医をしています。

最近都会では、精神科に通うのに抵抗がなくなってきたのか、患者さんは増えるばかりです。
あまりの忙しさに、患者さん一人一人にかける時間が長く取れません。
本当は見逃している点は無いかと、じっくり考えて、マニュアルと自分の考えとを合わせてカウンセリングをしていきたいのですが、ついついマニュアルに沿って終わらせてしまいます。

そんな中、こんな忙しい私でも、じっくり時間をかけたくなる患者さんもいます・・・。
それは、やっぱり綺麗な女性の方ですよね!

そして最近特に多い悩みが、『セックス依存症』と呼ばれるモノですね。
軽いモノから、重度のモノまで、様々です。

患者さんのほとんどは、「彼氏に毎日何回も求めてしまい、彼氏が引いてしまっている」というように、男性から注意されて気がつく人が多いです。
あとは、周りの女友達との会話の中で、自分の性欲と友達の性欲の温度差が激しくて気が付く人もいます。

でも、正直言って、数々見てきた患者さんの中でも、綺麗な人は100人に1人位です。
私はストライクゾーンが広いので、30人に1人はこちらからお願いしたい人も来ます。
ですが、セックス依存症で悩む方だけが一日何十人も来るわけではありませんので、綺麗な方に当たるのは1年に一度あれば良い方です。

ところが、今日はすごい大当たりが来てしまいました。
その人は最後の患者さんで、部屋に入ってきた時にはビックリしました。
もちろん、私以外は部屋にいません。
綺麗な人だったので、DVの悩みかと思っていたんですが、「ちょっとお恥ずかしい話ですが・・・」と語り始めました。

その人は、年齢35歳、人妻、専業主婦、推定バストFカップの尋常じゃ無いエロい奥さんでした。
どうやら旦那さんは、かなり収入のある人みたいで、何不自由無い生活を送っているらしいが、セックスが全く無くなったらしいのだ。

結婚して3年目で、旦那さんも早く家に帰ってくるのだが、最初は毎日のようにセックスをしていたそうだ。
そして1年が過ぎたあたりから、奥さんは初めてイク事を覚えたらしいのだ。
それ以降は、毎日何回も旦那に求めてしまい、今では旦那さんも嫌になってしまったのか、飽きてしまったのか、全く触ろうとしないらしい。
それでも、イク事を覚えてしまった体は治まらないので、旦那に買ってもらったバイブレーターで、毎日十数回オナニーをしてしまうと言うのだ。
しかもオナニーのやり過ぎで、クリが炎症を起こした事もあるそうだ。

問題なのは、オナニーだけでは飽き足らず、ナンパされてついて行ってしまい、関係を持った男が20人もいるそうだ。

こんな話を聞いて、とんでもないヤリマンと思うが、見た目が上品過ぎて、私も信じられない。
顔は高飛車なキャラで有名な女医さんタレントに少し似ているが、もっとスタイルがいい。
正直言って、ここまで綺麗だと、男がすぐに寄ってくるので、手の打ようが無い。
この奥さんは、現状で7人のセフレがいて、多い時は1日3人とするらしい。

私はぶっちゃけやりたくなったので、質問のふりをして、どんどん違う方向に話を進めた。

「どんな時に興奮をしますか?」

「粗末に扱われたり、下品な女みたいに言われると・・・」

「では、今から試しに、その状況を作りますので、どういう反応が出るかチェックさせて下さい」

「お願いします」

私は奥さんに目隠しをさせて、話し掛けた。

「こんなに清楚なのに、下半身はドスケベなんですって?」
「簡単にヤラせる便所女ですか?」
「旦那に内緒で何人喰わえ込んでるんですか?」

そう質問して・・・。

「どうですか?」

「ハァハァ、凄く興奮します。それだけでもう・・・」

気が付くと少し足が広がっていた。
私はその後もしばらく言葉責めを続けた。

「その巨乳は男のためにあるんですか?」
「今もしゃぶりたいんでしょ?」
「ひょっとして濡れてるんじゃないの?」

・・・なんて言っていると、明らかに膝がガクガクし始めて、我慢が出来ないのが分かります。

口元は開きっぱなしで、ヨダレが垂れそうです。

「じゃあ今度は、男性に触れられ時にどうなるかチェックしますね」

そう言うと嬉しそうに・・・。

「お願いします!」

私はまず耳たぶをソフトに撫で回した。
奥さんは“ビクッ”として、アイマスクをした顔がドンドン赤くなってきた。
わざと舌を出して、口の周りを舐めるような仕草をして、私を挑発し始めた。
奥さんは両手で私の手を擦りながら、ちょっとずつアエギ声を漏らしていた。
もう完全にスイッチが入ったみたいで、今はぶち込んで欲しくてウズウズしている。

たぶん今犯したところで、この奥さんは絶対に嫌がらないのは分かっていた。
私のアソコも固くなり始めたが、我慢して焦らし続けた。

そしてとうとう奥さんは耳を触っているだけで・・・。

「先生、もうだめ、もうダメ、犯して、今すぐ犯して、お願い、お願いします、今すぐ物みたいに犯して!」と狂ったように言い出しました。

さすがに防音の部屋でも焦りました。
私は、ここまで切羽詰まった美女が何処まで落ちるのか見てみたくなって・・・。

「お願いするなら全裸になって土下座しろ!」

そう言うと、信じられないスピードで、服を引き千切らん勢いで脱ぎ出した。
そして、すぐに両手をついて、「お願いです、犯して下さい、お願いです」と土下座をした。

奥さんの体は一級品だった。
ブルッブルのボインと、もっこりしたモリマン、スケベ女の体だ。

私は面白くなって、「マンコを広げてお願いしろよ」と言うと、すぐにM字開脚して、両手でビラビラを広げながら・・・。

「お願いします」

すでに奥さんのマンコからは真っ白なマン汁が垂れていて、床に付いていた。
奥さんは自分でお願いする度に痙攣して、それだけで興奮しているようだった。

「ジャンプしてボインを揺らせ」と言うと、すぐにジャンプして、巨乳をタップンタップン揺らしていた。

こんな綺麗な人妻が、今は何でも言う事を聞く変態女になっているのが、異常な興奮を引き起こした。
奥さんはまだ、アイマスクをしているので、私は気付かれないようにベルトを外して下半身だけ裸になった。

そして奥さんにケツをこっちに向けさせて、「レゲエダンスみたいに腰振れ!」と言ってケツ叩くと、「はひいいいい」と叫んで、みっともない姿で腰をブルブル振っていた。

あまりに激しく腰を振っているので、垂れてきたマン汁が、太ももや床に飛び散っていた。
それはすごい絵だった。

私も我慢出来なくなったので、そのまま生で、立ちバックの状態で思いっきりぶち込んだ。

奥さんはすぐに気が付いて、入れた瞬間にガクガクして、「あふぉおおお、あぐっ、ぐふっ」と変な声を出してイッてしまった。

私はその後も立て続けに後ろからぶち込んでいると、奥さんは立ちバックでは体勢が維持出来なくて、そのまま倒れこんでしまった。
床に倒れた奥さんを、今度は松葉崩しで犯すと、生き返ったように叫び出して・・・。

「あぐぅぅぅぅ、あがぁぁぁ、すごい、イイ、気持ちイイ、すごいオマンコいい、オマンコ死んじゃう、あああああ、すっごい、イイ、イク、オマンコいく、いい、イクううううううううう」と叫んでイッてしまった。

その後も、奥さんは何回もイキまくっていた。
私の経験では、イキまくる女の人程、底なしに求めてくる。
イッたら満足ではなく、もっとイキたくなってしまうからだ。

その後も正常位でガンガンイカせまくって、最後は奥さんが「ザーメン頂戴、ザーメン飲みたい、いっぱい飲みたい、飲ませて、濃いの飲ませてええええええええええええええ」と叫びながら、私はチンポを口にぶち込んで、全部飲ませてやった。

終わった後も、奥さんは満足する事無く、ホテルに向かった。
その夜は、何とか3回程出したが、奥さんは深夜まで満足する事なく、ヤリ続けていた。

とんでもなく美人だが、とんでもなくセックスが好きな奥さん・・・。
治してあげたいが・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン