新着情報

清楚な美人奥様のドM性癖にギャップ萌え

この体験談は約 5 分で読めます。

俺、普通のサラリーマン。

相手、県内♀、29歳、162cmの50kg前後。
写メ見た限りでは清楚な奥様風、かなりの美人。
ズームイン朝で司会やってた女(名前は知らない)に似てるような気がする。
(以下ズーミンで)

『寂しい』っていう掲示板の書き込みを見てメール発射。
そこから3ヶ月でなんとか面接決定。
飲むのは好きだが、なかなか飲みに出られないらしい。
子供が小さいからねぇ?

これまでは細い男としか付き合ったことがないとのことで、ウォーターベッド仕様の俺の腹が気になるらしい。
お姫様抱っこも経験なし。

飲みに行くなら人目を避けられる個室居酒屋が希望と聞き出してあったので、飲み屋とそこからのラブホまでのルートは確認済!
お互いの地元からほぼ中間点くらいの駅で待ち合わせ。
ちょっと早めに行って店の場所を確認。
ほとんど疑わなくても平気そうだったが、遠目から周囲の人物観察を5分ほど・・・(小心者なので)。

すると携帯に『着いたよ』ってメール。

改札方面に目を凝らすと、写メ通りの清楚なズーミンが一人で歩いてきてる。
こちらから電話して、話をしながら近づいて接触。
うん、これはなかなかの上玉だ。
1年ぶりのヒットかも?
(1年前は3ヶ月で終了、ここ最近は外ればかり・・・)

とりあえず個室居酒屋に突撃。
確かに個室ではあったが部屋の入り口からは室内丸見え。
下手にいちゃつくことは出来そうにない。
早くもテンション下がる俺。
それでもめげずにトークで盛り上げる。
途中、俺がトイレに行って帰ってきたところで、意表を突いたほっぺへのチュー攻撃。
ズーミン、かなり照れてるご様子。
結構良いペースで飲んでくれるので、いつの間にかズーミンの目もとろ~んとしてきた。

そこで2回目のトイレ休憩。
帰ってきて再びほっぺアタック!
チュッと軽くやったところで、顔を遠ざけずにそのまま見つめるピザな俺。
一瞬後には唇にアタック!
前回以上に照れまくるズーミン。
マジで顔が真っ赤だ。
その恥じらいはおじさん心をかなりくすぐるぞ。
良い感じだ。

まずはメールで聞いていた、2~3ヶ月に一度しか相手にしてくれない旦那の話。
自分だけ勝手に発射して終わり、というどこにでもある話を聞いているうちに、実は今年の初め頃まで半年くらい不倫をしていたと自白。

相手はかなりのSMマニア。
『全身拘束ゴムスーツ』やら『アナルビーズ』やら、清楚な顔には似つかわしくない専門用語が出てくる出てくる。
それまでイッたことすらなかった自分が、その男のおかげでかなり開発されたとのこと。
結局は会うたびにホテルという関係が虚しくなって別れたが、寂しさを紛らわす事は出来ずに出会い系・・・と話をしながらズーミンの目はますますとろ~んと。

そこで、それまでテーブル挟んで向かい合わせだった俺がのっしのっしと移動。
狭苦しいが隣り合わせに着席。
廊下を通る酔客や店員の目を盗んでコソコソとキスしまくり。

そのうちに「もっともっとチューして欲しい」と抱きついてくるが、人の往来が激しく「それは無理だろ、なんなら店を出てゆっくりキス出来るところに行くか?」とベタな誘い方で、手を繋いでホテル行き。

部屋へ入るなり抱き合ってキス。
そのままお約束のお姫様抱っこ体勢でキス、ベッドに倒れ込んでキス。
相手の体を弄りながらキスキスキス!!!
パンツ一丁にさせるまでも良い声で啼いてくれるズーミン。
胸は小さめ。
貧乳好きな俺的には無問題。
既にパンツはグッショリ。
それも脱がせてしばらく手マン。

そう言えばこのパンツ・・・うん、勝負パンツって感じじゃないなぁ。
普通の下着だ。
無防備での面接だったか?(笑)
結構毛は濃い方。

ふと思いついて、アナルを指で突っつくと一段と喘ぎ声が大きくなる。

「もしかして、アナルも不倫相手のおかげで感じちゃうようになってるのか?」

「うん、実はそっちの方が好き」

おいおい、清楚なズーミンがそんな事言っちゃぁ、おじさんのテンション上がりまくって血管切れちゃうよ~、それでなくても血圧の薬を毎日飲んでるんだから・・・。

で、一旦止めてシャワーを浴びに。
ちょっと狭いバスルームで洗いっこ。

俺のダイナマイトなお腹をなでさすりながら「妊娠中は私もこれ以上あったかなぁ?」とか言いつつ、視線はその先、まだ中途半端なマイサンへ。

ボディソープたっぷりな手で洗ってくれて、シャワーで泡を流しながら・・・。

「食べさせて♪」

言い終わらないうちにズーミンがしゃがみ込んじゃいました。
こんな所でいきなり仁王立ちフェラですか?と思う間もなく快感の嵐。
うんうん、そんなところまでしっかりとした良い躾を施されていたのね。
前の男に感謝しつつも、シャワーで髪が濡れちゃったらまずいだろ?と若干の大人の余裕。
たぶんこのまま発射は無理だからと思い(フェラではイケない)、立たせて後ろを向かせて挿入。
バスルームいっぱいに響く甲高い声。

3分も経たないくらいで「もうダメ~」としゃがみ込むズーミン。

おイキになられたようなので、後はベッドでゆっくりしようかと一緒に出てきてお互いの体をバスタオルで拭き合いながら、舐めたりさすったり。
ベッドに戻って小さめな胸を弄りながら、手マンで再度イッて貰う。

しばしの放心状態の後、いきなり起き上がって愚息を口に含み始めるズーミン。
自分だけ気持ちよくしてもらうのは申し訳ないんだそう。
いい子だねぇ。

そのまま69に持ち込んで、クリを舐めながら指を挿入、左手でアナルも弄るとまたまた甲高い声。
今度はマングリ返しの姿勢にしてアナルを中心としたクンニ攻撃。
鼻からアゴからヒゲからグッショリ濡れ濡れ。

そのままキスしに行ったら・・・。

「私の匂いがする~」

そろそろいいかな?と挿入。
しばしギシアンしてると何度かイッた模様。
しかしマイサンはまだまだ元気!と思っていたら、中年特有の中折れ現象発生。
まぁいつものことだから、と休憩を入れると、また起き上がって俺の股間に潜り込んでフェラ。
ホントいい子だ。

裏から表から袋からたっぷりと丁寧に、そして激しくしゃぶってくれる。
前の男に会えたら土下座して感謝したいくらいだ。

なんとか復活したので前から後ろから上に下に、と体勢を入れ替えてギシアン再開。
今度は1時間くらい保ってくれたマイサン。
ようやく腹の上に発射して終了。

「あったか~い」なんて言われてそのまま抱きついてきて、俺の自慢のお腹はベタベタしちゃってます。

その後も30分くらい抱き合いながらチューしまくって、終電近くなったので終了。
改札前で解散。

帰りの電車の中、向こうからお疲れメールを送ってきた。
そうしょっちゅうは会えないけど、また会って下さいとのこと。
うんうん、やっぱりMなんだな、その言い回し。
まっ、他に男もいなさそうだし、俺ももう一人か二人のセフレキープが欲しかったからちょうど良し。
セフレ3号を任命するつもり。

次回はローション持参でAFにもチャレンジだ!
見た目とベッド上での豹変具合が素晴らしい!
これからも立ちの悪いマイサンを可愛がってやって下さい。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン