新着情報

中学時代の女性教師と15年後に出会い系で

この体験談は約 7 分で読めます。

出会い系でたまたま会った人が中学の時の先生だったんだけど、そういう話でもいいのかな?
現役教師じゃなく、今はもうやめて主婦になってたんだけどさ。
まあいいや、書かせてもらいます。

半年前に出会い系で釣れた40前後の人妻がいたんです。
オレは30前後です。

最初はオレも忙しくて会う暇もないからメールだけしてた。
結構趣味とか合うし、話も弾んでいい感じだった。
写メ送ってもらったけど、その時は中学の時の先生だとは気づかなかった。
向こうも自分からは申告しなかったし。

んで、メールしてくうちにお互いに英語が得意ってことがわかった。
オレは何年か海外勤務の経験があったから。
向こうはその時点では『英語の教師だったから』とは言わず、『勉強したから・・・』と誤魔化してた。
そしたら向こうが『今度海外に旅行に行くから英語を鍛え直したい』と言ってきて、それからしばらく英語でのメールが続いた。
正直なんか日本人同士なのに英語での会話は気恥ずかしかったけど、そんなのが2ヶ月位続いたかな。

彼女が『じゃあ行ってきます』と旅行に出かけた。
オレはもう面倒くさくなっててそのまま放流しちゃった。

で、また何ヶ月したある日、オレは他のメル友が出来てそっちと遊んでたからもう忘れてたんだけど、その元教師から『ただいま~』ってメールが届いた。
正直もう若くてピチピチのメル友できたから、そんな年上とわざわざメールすんのもうざく感じてたんだけど、『おみやげ買ってきたから会おうよ』と言ってきたので、悪い気はしなかったので会うことにした。

ちなみにその先生は昔は鈴木保奈美に似てて結構美人だった。
卒業アルバムの先生の写真をオナネタにしたこともあった。

写メ見た時は40歳って言ってた割には若く見えて、お姉さんという感じだった。
それで実際会って、最初のあいさつの声で、オレはその保奈美だということがわかった。
化粧や髪型こそ昔とは全然違うけど、その初対面で保奈美であることがわかった。
実際見ると全然40歳には見えなかった。
去年まで付き合ってたオレの彼女(30歳)より若く見えた。

途端にオレはヤル気が漲ってきた。
最初はほんとおみやげだけもらって帰るつもりだったんだけど、「よかったらお茶でもしませんか」と誘った。
保奈美はオレのことを教え子の一人だとは気づいてなかった。
名前も最初のメールから本名じゃなくニックネーム的なもので挨拶してたからか、しばらく喫茶店で談笑しつつ、オレは保奈美の体を舐めるように観察した。

(あの先生が今はこんな風になってたんだあ・・・)

昔から細身、というかガリガリ体型でオッパイもあまりなかったけど、子供生んだら腰周りに肉がついてきたらしくなんともエロイ体だった。
たぶんテーブルの下でオレは勃起してたと思う。

あまりオレがジロジロ見るので気づいたらしく、「もう~さっきから見過ぎだよw」とからかわれた。
メールでもあからさまにエロい話(旦那とのエッチ、オナニーの仕方、浮気とか)はしてたので、オレも最初から正攻法でいこうと腹をくくって、自分の正直な欲望を保奈美に話した。

そしたら保奈美も最初は、「こんな店の中で、やめてよ~w」「浮気はダメだよw」とか言ってたが、そのうち「私オバサンだよ?www」とキメの一言が来て意外にアッサリ落ちた。

そして二人でオレのアパートに向かった。
保奈美はこれからエッチする相手が教え子だとは未だに気づいてなかった。

(そんなに顔変わってないと思うんだけど、忘れてんのかな?)

部屋について玄関に入った途端、オレは保奈美を抱き締めてキスをした。
最初から舌を入れたら保奈美もすぐ舌を入れてきた。
そのままたぶん10分位は玄関でキスをしてたと思う。
気づくとお互いの唾液であごまで濡れていた。

8月だったので、エアコンを入れてない締め切った部屋はムンムンしていて、玄関でキスをしただけで汗ばんできた。
もうすでに窮屈なジーンズの中でパンパンに勃起していた。
保奈美の舌を吸いながら腕を後ろに回してピタパンの上から両手で尻を揉みまくった。
ぴったりと密着してグイグイと股間を押し付けると保奈美の息も荒くなってきた。

服の上からでもわかる、とても40歳とは思えない体だった。
オッパイこそ小さいが、きゅっとくびれたウェストと小ぶりな尻、汗とともに女の甘い色香が脳天を痺れさせる。

(十数年前、学校で英語を習ってた女性とこんなことするなんて・・・)

もう玄関でとりあえず一発かましてしまいたかったが、一応礼儀というか、あれだから「シャワー使いますか?」と訊いたら保奈美は節目がちに頷いた。
さっきまでとは違ってエロモードに入ると大人しいというか、やっぱり恥ずかしかったのだろうか。

『旦那の自分勝手で強引なエッチに嫌気がさしてる、自分はお互い献身的な優しいエッチをしたい』

メールでそう言っていたのを思い出して、オレは唾液でビチョビチョの保奈美の口の周りを舌で舐めた。
保奈美はその間恥ずかしそうに目を瞑ってたが、あごに手をやってもう一度強く唇を吸うとトローンとした目になった。

保奈美を風呂に促し、オレは服を脱いだ。
パンツを脱ぐ時、わざと勃起したチンコに引っ掛けてパンツを下ろすと、同時に弓なりにバチンと腹にチンコを当てた。
オレはわざとそれを保奈美に見せた、見せつけた。

保奈美は半分嬉しそうな半分恥ずかしそうな表情でそれを見ながら、髪を結い上げ「一緒にお風呂入るの?」と服を脱ぎ始めた。

先にズボンとパンツを脱いで下半身が露わになった時に、オレは抑えてた何かが切れた。
保奈美が上に来ていたシャツを脱ごうと裾に手をかけた瞬間、オレはもう我慢できなくなり、たまらず保奈美に後ろから抱きついた。
オレのチンコは保奈美の尻の割れ目に食い込んだ。

「えっ???」

保奈美は戸惑ったが、オレはかまわず保奈美を風呂の横にある洗濯機に押し付け、そのまま愛撫もナニも無しでいきなり挿入した。
抱きついてから2秒か3秒の瞬間である。

保奈美はまたも「えっ???」と驚いたが、オレが深く挿入すると甘い声を出した。

保奈美もすでに受け入れ体制は出来ていたようで、すんなり出し入れ出来る。
中学の時こそ、この元教師とオレは同じ位の身長であったが、今ではオレのほうが10センチ以上は余裕で高い。
オレは後ろから保奈美を抱えつつ腰をゆっくりと動かし、結い上げた保奈美のうなじの辺りをわざとピチャピチャ音を立てて舐め回した。
後ろからでは保奈美の表情はわからないが、くすぐったいのか全身を小刻みにくねらせる。
舌で首筋を、片手で胸を、もう片手でクリトリスを、そして腰はゆっくりと突き上げる。

また保奈美の甘い色香が匂い立ち、「保奈美さんすごいいい匂いがするよ」と耳元で囁きながら徐々に腰を突き上げるスピードをあげていった。

なんかあんまり詳細に書くと嘘っぽく見えるから、あとはダイジェストでお送りします。

焦らすために脱衣所では中途半端に終わらせた。
風呂場で二人で洗いっこしながらオナニーの見せ合いみたいなことをした。
裸になるとよりいっそうその若さが際立って見えた。
この頃でちょうどお昼ちょっと前で、夕方までは大丈夫とのことなので風呂あがりにビールで乾杯。
ベッドに腰掛けてお互いを手で弄りながら軽く身の上話をしたが、まだ保奈美はオレが教え子だってことに気づかない。

時間はたっぷりあったのでオレのペースで始めた。
30分位かけてひたすらクンニ、イッた後も口を離さないで舐め続けたら、4回位イッたみたい。
最後のほうは笑いとも泣きともとれない、必死の「もうほんとに止めて!」の哀願。
同じく保奈美にも30分位じっくりフェラしてもらった。

んで挿入。
体位変えつつ30分位突きまくる→腹上に発射→丁寧にフェラ→また挿入を2セットやって、3セット目に座位でぴったりくっつきながら「オレ、保奈美さんとこれからも会ってこうやってエッチしたい」と言ったら、「色んな相性が良いみたいだからいいよ」と返事。

3発目を「中に出してもいいか?」聞いたけど、「今日はダメ」と断られた。

3セット目はかれこれもう1時間は突いてただろうか。
最後のひとふんばりを正常位できつく抱き締めると、保奈美も脚を腰に絡ませてきた。
思いっきり腰を振りながらハアハア息荒く唇を舐める。
もう一度、中に出してもいいか尋ねたが、気持ちよくて耳に入らないのか返事をしない。

ここで腰を振りながらもオレはとうとう告白した。

「◯◯先生、オレのこと覚えてない?」

旧姓で呼んだ。
保奈美を腕の下に抱きながら・・・。

「オレ◯◯中学の△△です。先生に英語習った」

「あああん、えっ?んんん、えっ?」

オレが腰を振るのを止めないので、保奈美は喘ぎながら驚いた様子だった。

「なんで?あああん!わかるの?」

やはりオレは間違ってなかった。

(十数年前に学校で授業を受けてた女性を今こうして突きまくってる)

そう思ったら急に我慢の限界がきて、「◯◯先生、このまま中に出してもいいよね?出すよ」とスピードをあげた。

「え?え?△△君?え?え?このままは・・・だめだってば~」

それまでお互い嘘のニックネームで呼び合ってたのが、ここで二人とも本名を出した。

「あ~先生、オレイキそう、本当にイキそう、このまま出したい」

保奈美の顔にオレの額の汗が滴りおちる。
限界のスピードで突きまくる。
保奈美も「中はダメ」と言いつつも、さっきからオレの腰に絡めた脚を離そうとはしない。

これからもセフレの関係を維持したいと思ったので、妊娠はまずいと思い、中出しは諦めた。
そのまま腰を打ち続けいく寸前にもう一度、「先生、このまま中に出すからね!」と言ったが、保奈美はもう何も答えずただひたすら喘いでいた。
そしてさっきと同じく腹上発射。

ハアハア言いながら保奈美のお腹をティッシュで拭いてると・・・。

「ほんとにあの△△君?全然面影ないね~」と、もう一度したいのかチンコを握ってきた。

「オレ中学の時先生のこと好きだったから、先生とエッチできて嬉しい」

「ん~気持ちよかったけど、なんか私としては複雑な気分・・・」

そのあとシャワーを浴びながら最後の1発。

風呂場で保奈美に膝をつかせてフェラしてもらいながら・・・。

「さっきオレ、あのまま先生の中に本当に出しちゃってたらどうしてた?」
「もう~やめてよ~、今日はたぶん大丈夫な日じゃないんだから~」

「でも何回も訊いたけど、最後のほうは答えないし、嫌がってはなかったじゃん」
「ん~たぶん妊娠はしないと思うけど、やっぱりねえ?」

そしていちゃつきながら向かい合って、立った状態で挿入。
そのまま思い出話をしながら保奈美を突き上げた。

最後は保奈美の顔を両手で挟んで目を見ながら、「先生、今度は中に出すよ、本当に出すからね」と宣言した。

保奈美は何も答えずオレの背中に回した腕にギュウッと力を入れただけだった。
そして、そのまま保奈美の中で果てた。
保奈美がオレの背中に爪を立てていたが、その中出しの射精の快感があまりにも気持ちよくて、背中の皮膚から血が出てるのも気にならなかった・・・。

んでそのあと1週間位メールで今度いつ会おうかとか話してた。
保奈美も最初はかなり乗り気で、『今度会う時は大丈夫な日に、△△のをいっぱいいっぱい欲しい』ってメール送ってきてたけど、途中から『やっぱり考えたけど、教え子とはできないよ(T.T)』みたいになって、オレも必死で説得したけど次の日メールしたら届かなかった・・・orz

長々駄文すみませんでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

無料出会いセフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン