新着情報

出会い系で会った男たちのことを吐き出す

この体験談は約 4 分で読めます。

小野真弓に似てるってよく言われる。

結婚したのは6年前。
ハタチの頃、わずか結婚1年で欲求不満が募っちゃって、でも身近にそんな捌け口にできるような相手も居なくて、ヒマ潰しのつもりで出会い系に登録した。
そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。
メガネとスーツが似合ってて、手が綺麗だった。
1週間くらい毎日メールしてて、誠実そうだったから会うことにした。
会って軽く会話してそのままホテルへ。
エッチは普通だったけど、ちゃんとゴムを付けてくれたから安心して楽しめた。
何度かイケたと思う。
ホテルに向かう車の中や、エッチの最中に何回も「君みたいな子が・・・信じられないよ」とか言ってたのが印象的。
週一くらいで会ってたけど、そのうちゴム無しでするようになって、安全日には中出しもOKしてあげた。
スゴイ喜ばれて「好き!スキ!」言われるようになって、そのうちウザくなって切った。

出会い系で知り合ったオタクっぽい20代後半の兄ちゃん。
会ってみるとデブだった。
写メでは見抜けなかった。
初デブとのエッチ。
車はスポーツカーみたいなのを色々改造したらしいもの。
ドライブして、山の中のホテルに連れ込まれた。
最初はゴム付けてやってたけど、ちんちんのサイズが小さくて、入れてる感じがしない。
もどかしくなって、自分からゴム外したった。
なんかやたら「いいの?」「中で出しちゃうかもよ?」とか言ってた。
こっちは今を楽しめればそれで良かっただけ。
一応外でイッてくれたみたい。
回復が早くて、すぐ2回目に突入。
2回目は騎乗位であたしが腰振ってるときにイカれて、全部中に出された。
ま、生理前だったからよかったんだけど。
その人とはそれっきり。
メールは拒否った。

出会い系の掲示板に書き込んできた飲食店店長40代。
なんかオラオラ系のごつい男で、でかいワンボックスに乗って現れた。
車の後部座席がフルフラットになってて、そこでエッチ。
人気の居ない海辺だったけど、昼間だし、たまに車は通るし、落ち着かなかった。
流れでゴム無しで挿入してきて、気が付いたら中に出されてた。
最初は「可愛い、可愛い」と言われて気分が良かったが、なんだこの男はと思った。
ヤッた後は急によそよそしくなって、すぐにパンツ穿かされて帰された。
最寄りの駅に着いた時、中に出された精液が逆流してきたけど、家が近かったからそのまま帰った。
ちょっと妊娠が心配だったので、その晩、旦那にも中出しさせた。
大丈夫だったけど。

出会い系のプロフ検索でメールしてきた遊び人風の20代。
めっちゃ遊んでる、めっちゃ女性経験豊富な俺かっこいい!的な雰囲気を漂わせるメールが気になって次の日会ってみることに。
確かに、おちんちんの大きさは今までで最高だった。
この日はめっちゃ感じて、何度イッたかわかんないくらい。
コイツとは、エッチしたいときにお互い呼び出しあう関係になった。
中出しこそたまにだが、ゴム無しは当たり前になった。
ホテル代も割り勘。
実は、5年経った今も続いていて、向こうも結婚したけどたまに会ってヤッてる。

出会い系でこっちからプロフ検索した同い年の男の子。
自称童貞。
写メ交換したら可愛らしい顔してたので会うことにした。
彼は車を持ってなかったから、徒歩でラブホテルに入った。
初めての経験w
最初はあたしがワクテカしてたけど・・・エッチはいちいち。
まどろっこしくて、途中から(童貞めんどくせーっ)てなった。
何でも言うことを聞いてくれるのは気分よかったけどね。
足の指やアナルも舐めさせた。
エッチした後、「付き合って欲しい」とか言われて、やや引いた。
直アドは教えてなかったから、そのままフェードアウト。

いつもと違う出会い系で会った既婚真面目系30歳。
サービス業だとかで、平日が休みで昼間から会うことに。
旦那を仕事に送り出してから、すぐ支度して待ち合わせ。
意外に男前だった。
車内でイチャイチャしてたらムラムラ来たので近くのラブホへ。
大きさはやや大きめだけど、カリの引っ掛かりが凄くて、今までで一番気持ち良かった。
正直、頭ん中が真っ白になるくらいイカされた。
すっごい丁寧なエッチというかメリハリがあって、ずーっとやってても飽きない。
キスも上手でとろけた。
この人とは、ちょっとした恋愛感情が芽生えちゃって、何度か会ううちに、この人の子供なら欲しいとか思って、自分から「中に出してー!」とかお願いしちゃった。
性格も良い人で、違う出会いをしていたら結婚してたかも。
他のセフレとは別格で、エッチだけじゃなくデートもした。
一番多くエッチした人かも。
彼の転勤で、なかなか会えなくなっちゃってツラい。

出会い系で、いきなりメールを送ってきた年下の独身男。
なんか『人妻が好きだー』って感じにストレートなメールで笑えた。
ちょっと慎重になって、2週間くらいメールしてから会うことを決めた。
向井理みたいな爽やか青年が来て焦った。
大学生らしい。
外車に乗ってたけど。
エッチの間、旦那との性生活や、これまでの男とのことをあれこれ聞かれた。
なかなか魅力的だけど、ちょっと変わった人だった。
何度か会ううちに、ローターとかバイブとか持って来て、色々試された。
アナルに指を入れられたりもした。
だんだんエスカレートしてきて、ゴムも付けてくれなくなったし、毎回のように事故を装った中出しをされたし、「アナルセックスがしたい」とか、「ビデオや写真を撮らせてくれ」とか言うようになって、めんどくさくなって放流した。

出会い系で会ったヤンキー。
メールではごく普通だったのに、待ち合わせ場所に現れたのは、黒いジャージ上下で金髪のいかつい男。
会った瞬間(しまった!)って思った。
高圧的で、ホテルに入っていきなりベッドに押し倒され、何も言わずにパンツずらされてナマで入れてきた。
で、当然のように中出し。
しかも抜いたちんちんをあたしの口に持って来て「きれいにしろ」だって。
何やら屈辱的だったので、フェラして立たせたあと、こっちもお返しに無理やり騎乗位になって、腰を振りまくってイカせてやった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

恋愛横町

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン