新着情報

サイトで出会った訳アリの人妻

この体験談は約 5 分で読めます。

私は営業マンです。
外回りに出た時、ビデオボックスで時間を調整する時があります。
その時、出会い系サイトというものを活用しました。
パソコンを通じて、見知らぬ女性と会話するものです。

その時、たまたま相手をしてくれたのが、K美という女性です。
彼女とは、それから3年くらいメル友として続いています。

ある日、ダメ元で「一度会わない??」と誘ってみました。
彼女は九州在住です。
彼女は躊躇していましたが、承諾してくれました。

往復の飛行機を手配して、待ち合わせ場所に向かいました。
スッポカシを覚悟して・・・。
サイトで顔はわかりますが、全体の容姿はわかりません。
待ち合わせ場所に着いて、辺りを見回すと、こちらをジッと見ている女性に気が付きました。

その時は“本当に来てくれたんだ!”という思いと、“どうしよう?”という気持ちが交錯していました。

お互い初めてなので、会話も弾まないだろうな~と思っていましたが、どちらともなく会話が弾み、何となく和んだ雰囲気になりました。
食事をした後、彼女が「カラオケでも行く?」と誘ってきたので、正直、カラオケかよという気持ちはありましたが、知らない街なのでついて行きました。

昼間から酒なしで歌うのもなんだったので、また、おしゃべりになりました。
もともと彼女とは、エッチな会話は一切してきませんでした。
一瞬、会話が途切れたので、「キスしてもいい??」と言って、隣に座りました。
彼女は無言だったので、優しくキスをしました。
彼女が少し震えているのがわかりました。

キスをしながら彼女のワンピースの裾から手を這わせ、女性の敏感な部分に触れた途端「これ以上は・・・ダメ」と言われてしまいました。

それから、何となく気まずい雰囲気になり、帰りの時間になったので、彼女にお礼を言って、空港に向かいました。
空港から『今日は、ゴメン』とメールをしましたが・・・返信はありませんでした。
それから、何度かメールをしましたが、彼女からは返信はありませんでした。

もう、忘れようとしていた頃、彼女から『元気してるぅ~~?』というメールが来ました。
それから、また何度かメールするようになり、ダメ元で『もう一度逢いたいなぁ~』とメールをしたら、彼女も若干躊躇しながら『わかった!』となりました。

今度は彼女がレンタカーを手配してくれて、彼女の運転でドライブです。
私は、前回の事があったので、すべてを彼女におまかせしていました。

観光地を案内され、「次は、どこに行く??」と尋ねたら、「景色のいいところに連れて行ってあげる」と言われたので、すべておまかせでした。

着いたところは、山の中腹に建つラブホでした。
私が驚いて彼女の顔を見ると・・・。

「ここの部屋からの景色がすごく綺麗だから・・・ただ、変なことは、絶対やらないからね」

部屋に入ると、窓から港が一望でき、ほんと素晴らしい景色でした。

「昔、同級生の男と来たことがあるの。だけど、その人とは何もなかったんだよ」

私は、窓の外を眺めながら戸惑っていました。
彼女も窓の外を眺めていたので、「今、すごく戸惑っている。だけど、あなたが欲しい」と言って後ろから抱き締めました。
彼女は「ダメだょ~~」と言いながらも、私の手を払いのけることはしませんでした。

私は彼女の首筋、耳たぶを愛撫しながら彼女をベッドに寝かせて、スカートをゆっくり捲って、指でパンティーの上から敏感な部分を触りました。
そこは、若干潤いがあるのがわかりました。
私はズボンとパンツを脱いで、キスをしながら彼女のパンティーを脱がしました。
そして、蜜が溢れている蜜壺に、ゆっくり、指を挿しこみました。
彼女は一瞬反応したようでしたが、目を瞑って何かを堪えているようでした。

ワンピースとブラジャーも脱がして、私もすべて脱ぎました。
小ぶりの乳首をゆっくり口に含み、転がしながらソフトに全身を愛撫しました。
彼女は時折、「あぁ~~・・あぁ~~」と小声で悶えています。

そして、私の硬くなった肉棒を彼女に握らせて、「あなたの大事なところに挿入するよ」と言いながら、ゆっくりゆっくり腰を沈めました。

「あぁ~~あぁ~~」

次第に彼女の声が大きくなってきました。
私は彼女の声に合わせるかのように腰の動きを激しく、大きくグラインドさせて、深く挿入しました。

「あぁ~~あぁ~~イイ・・イィ~~」

彼女の声が一段と大きくなってきました。
そして、私が限界に達したとき、彼女のお腹に大量の液を放出してしまいました。

私「ゴメン」

K美「なんで謝るの~」

私「だって、変なことしちゃったから」

K美「ば~~~か」

その日は時間の許す限り彼女を責め続けました。

それから、何回か彼女のもとを訪ね、セックスをしました。

そんなある日、セックスをして帰り支度をしていると、「もう、今日で・・終わりにしましょう」と言われました。
私は(なんで???)という気持ちでしたが、彼女は何かを“決めた”ような雰囲気がありました。
私は、もっともっと彼女と楽しみたいという気持ちでしたが、彼女の決意めいた雰囲気を察すると、なんとなく誘えませんでした。
もちろん、メールのやり取りも途絶えています。

そんな時、例の出会い系サイトのK美の“口コミ”のところを何気なく眺めていました。
面白半分にあることないことが書かれていました。

しかし・・・。

『先日、同級生の彼女に逢いました。オレが仕事で行き詰まっている時、いつもメールで励ましてくれました』

そう書かれた匿名さんの口コミが目にとまりました。
私が彼女とベッドを共にしている時、「同級生で、落ち込んでいる奴がいるんだけど、メールで励ましてやってるよ」と言っていたのを思い出しました。

私はその匿名さんに、『久しぶりの彼女と逢ったら、相当燃えたんでしょうね?詳しく聞かせて』と書き込みをしました。

すると数日後・・・。

『単身赴任先から、一時帰って来たとき彼女を誘ったよ。同級生というより大人の女性になっていたね。ドライブをして、食事をして、以前彼女と行ったことがあったホテルに誘ったよ。彼女は“何もしないからね”と言いながらついて来たね。部屋に入って、会社の事、同級生の事、家庭のことなどおしゃべりしながら、どちらかともなく唇を重ねたね。以前来た時は何もしなかったけど、部屋の照明を落として、お互い裸のまま繋がったね。何度も何度も彼女を責め続けたよ。さすが人妻って感じだったよ』

私はこの口コミを読んで、そういう事だったのかぁと思いました。
その彼氏は、単身赴任先から一時帰宅するたびに、彼女とセックスを繰り返しているそうです・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SECRET

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン