新着情報

アルバイトの美人妻に時々抜いてもらってた

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は学生ながら某バーガー店のマネージャー(店舗責任者)をやっていた。

その日は新しくマネージャーになった、仲のいいバイト仲間のKさん(28歳・人妻子持ち)に閉店業務の研修していた。
当時は24時間営業ではなかった為、閉店後は他のバイトが帰れば必然的に事務所で二人きりとなる。

教えながらストックヤードのドアを開けた時、肘が偶然おっぱいに当たってしまった。
あっ・・・と思いつつも研修を続けようとしたら、「ねえ、今おっぱい触ったでしょ?」と笑いながら言ってきた。

俺「ごめん、ってか小さくて触った気がしなかったし」

冗談でそう言うと・・・。

K「ひどい、これでもCカップなんだよ」

Kさんは笑いながら俺の手を自分のおっぱいに持っていった。

俺「ちょwww何するの」

・・・と、すぐに手を離す。

K「どうだった?」

俺「びっくりしすぎて判らなかった」

K「じゃあ、もう一回触っていいよ」

俺「結構ですwww」

その場はそれで終わった。
仕事が終わり、Kさんに先に着替えを促して最終確認をしていると、Kさんがブラウスのボタンを全部外した状態で出てきた。

K「どおよ?」

俺「ちょっと何してるんですか?はやく隠して」

K「顔真っ赤だよ。なんか可愛いwww」

そう言ってKさんは抱きついてきた。

俺「ちょwwwやめっ」

K「ほらっ、ちゃんと触って確かめないと許さないから」

・・・と、Kさんは俺の腕を掴んだ。

俺「わかったよ。じゃあホントに触るよ?」

Kさんはいじわるな笑みを浮かべたままゆっくり頷く。
ブラの上からKさんの小ぶりなおっぱいを触ると、今まで触ってきたおっぱいを全否定したくなる程柔らかかった。

俺「うわっ、超柔らかい」

夢中で揉んでしまった。

K「ちょっと触りすぎwwwもぉ駄目」と体をよじる。

しかし、こうなったらもう止まらない。
ブラをずらして生乳を揉み、乳首を転がすと、嫌がりながらも吐息を漏らす。
そのままキスするとねっとりと舌を絡ませてきた。
しかし、すぐ我に返り・・・。

K「あなた自分が何をしてるかわかってるの?これって不倫よ?」

俺「嫌なの?」

硬くなった乳首を舐めながら尋ねる。

K「あっ・・・嫌じゃないけど駄目よ」

『駄目よ』を聞き終わる前に、制服のスカートに手を入れると・・・。

K「それだけは絶対駄目。私、本気になっちゃうから・・・」

俺「でも我慢できないよ」

再度スカートに手を入れようとするも、頑なにガードされる。

K「わかった。口で抜いてあげるからそれで我慢して」

俺の前に座り、ズボンを降ろす。
俺のモノをゆっくりしごき、裏筋からゆっくりねっとり舐めて口に含むと、当時AVでしか見たことがないほどジュボジュボ音を立てながら舐めた。
俺はその未体験のテクニックから来る快楽と、事務所という場所、普段接客している制服でフェラをしているという光景、そして不倫という罪悪感でめちゃめちゃ興奮して、5分程で口の中に出してしまった。
Kさんは最後の一滴まで吸出し、手に吐き出した。
半端ない量だったのを覚えてる。

帰り道、「やっぱり私も我慢できない」とホテルに誘われたが、賢者モードの俺は「俺もKさんに本気になるのが怖いし、誰かに見られてKさんの家庭を壊してしまうかもしれないからやめよう」と、断った。

ホントは連射できないだけだがwww

K「そうね、私は前からあなたに本気だったけど、私なんかの為にあなたの未来を壊したくない」

Kさんはおもむろに財布から1万円を取り出して、俺に握らせた。

K「口止め料と、私が割り切る為に受け取って」

そう言うと走り去って行った。

その後は以前と変わらぬ態度で接し、時々抜いてもらう日々がしばらく続いた。
だけど一回も最後まではしなかった。

未だ、Kさんを超えるテクを持った人と出会った事はない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳乳メトロポリス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン