新着情報

初体験よりも忘れられないセックス

この体験談は約 4 分で読めます。

私は平凡な主婦でした。
ただ、人と違ったと言えば『好きでも無い人と結婚させられた』という事です。
結婚を決めていた彼氏と別れて、自暴自棄になって男を取っ替え引っ替えしていた時の中の一人が結婚してしまった相手でした。
子供が出来てしまってのデキちゃった結婚です。
両方の両親に説得され、好きでも無い相手と生活を共にする事になりました。

当然・・夫婦の仲は当初から冷め切っていて、セックスも私は嫌々していました。
そんな生活でも、子供が可愛かったのと、自分の遊んだ結果(自業自得)なので、完全に諦めていたのです。

そんな生活が4年続いた頃、“彼”に出会いました。
3歳年下の彼でした。
出会ったのはネット上・・。
話や趣味がとっても良く合って、毎晩遅くまで話し込んでいました。
写真を交換して、電話でも話す様になり、お互いの相談事やバカ話、時にはセックスの話をしたり・・・まるで昔からの知り合いみたいでした。
毎日嫌いな相手と生活していた私にとって、彼は心の寄りどころでした。

そのうち、彼の彼女の相談なんかを聞いていると、心苦しくなってきてしまって・・・。
写真とネット上でしか知らない彼を好きになっていってる自分に気が付きました。
最初は、“自分の妄想だ”とか“夢をみているんだ”って言い聞かせようと思っていたんだけど、だんだん自分の気持ちに歯止めが効かなくなってきたのです。
20歳で結婚してしまった私は“人に恋をする”事に、暫くご無沙汰でしたので、少し舞い上がっていたのかもしれません。
でも、気持ちは高まる一方でした。
彼との関係を一切絶ってしまおうとも考えましたが、意志の弱い私は、それも出来ませんでした。

そんな頃、家庭内でも色んな事があって、私はとうとう我慢できなくなって、色々考えたあげく子供を連れて家を出ました。
旦那との辛い生活に見切りをつけて自分自身の新たな生活を始めたのです。
その間も彼とは連絡をとって、色々と相談に乗ってもらっていました。
旦那と別居を始めてから、“結婚しているのに心は他の人にある”という罪悪感も薄れてきて、彼と会う事になりました。
かなりの遠距離なので、泊まりがけです。

最初に会った時、“あ~これがあたしの好きになってた人なんだ・・”と、不思議な感覚でした。

でも、徐々に時間が経つにつれて緊張感もなくなり、知らない間に恋人同士の様に手を繋いで歩いていました。
不思議になんの違和感もなく、自然にです。
知り合ってから1年以上も経過していたせいか、昔からの知り合いの様でした。

夜になって、2人でホテルに泊まる事にしました。
最初は二人で、TVを観たり、カラオケしたり、色んな話をしたりしていました。
だんだん、時間も遅くなってきたので、寝る事にしました。
彼は腕枕をしてくれて、一緒に抱き合って寝ました。
でも、私はなかなか寝つく事ができませんでした。

“この人に抱かれたい・・・でも、彼女がいるのに、平気で他の女を抱くような人であってほしくない・・・”
“きちんと、離婚もしていないのに、この人に抱かれてもいいんだろうか・・・”

などと、頭の中で考え続けてしまって、とうとう泣き出してしまいました。

彼はびっくりして起きて、何も聞かないで抱き締めてくれました。

「遊びでもいい・・・彼女がいてもいいの。迷惑かけないし、困らせたりしないから、1度でいいから抱いて。もう、会わないから・・・最後にするから。お願い・・・」

私は泣きながら、彼に抱き付きました。
彼は何も言わずに、キスしてくれました。
脱がされて、優しく愛撫してくれました。
今まで何十人もの男の人とセックスしてきたけれど、一番感じて、愛しくて、切ないセックスは初めての経験でした。

彼は、指で私の身体を知り尽くしているかのように責めてきました。
口でもいっぱいしてくれて、ぐじゅぐじゅになってる私の部分を愛しそうに舐めてくれるのです。
それだけで何度もイってしまいました。
彼の動きひとつひとつが感じてしまって、自分でもびっくりするほど濡れていました。
朝まで、2人で求め合って、何度も何度もしました。
私は、彼の温もりを忘れない様に、身体に刻み込む様に、抱かれながら、眠りました。
気持ちとか、感情で、セックスがあんなに違ってみえて、心で感じる事ができるんだな・・・って、初めて思いました。

私は、初体験よりも何よりも、あの時のセックスが忘れられません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い専門出会いtomorrow

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン