新着情報

二十歳の妻の妹に胸と口でしてもらった

この体験談は約 5 分で読めます。

現在、東京に単身赴任です。
結婚2年目の28歳です。
嫁(26歳)は三人姉妹の長女で、今回の話に登場する妹は一番下の妹。
今年成人式を迎えました。

一番下の妹で甘やかされて育ったせいか、高校卒業後は実家の仕事を手伝ったりホテルのコンパニオンをしたりフリーターの状態です。
妻とは違い背が高く(168cm)てスタイルもよく、顔もサトエリに似た感じ。
地元のタウン誌の表紙に選ばれたこともありました。
妻から連絡があり、東京のモデル事務所のオーディションに通って面接に行くらしく、連絡があれば適当に飯でも食わせてやって欲しいとのことでした。

東京に来ると聞いてた日の夕方まで連絡がなく、退社しようかと思った頃に携帯が鳴りました。
予想通り義妹のH美ちゃんでした。
まだ新幹線に乗ってる時間なのにと思い電話に出ると、「◯◯君(なぜか君付けで呼ばれてます)、自分のいる場所がわからない~」と泣き声です。
面接が終わった後、六本木ヒルズをうろついてる間に迷子になったらしいです。

俺「近くにいる人か交番を探して聞きなさい」

H美「聞けそうな人が居ないし、交番も無い」

俺「近くに店ないか?」

H美「居酒屋の◯◯店がある」

俺「そこの店に入って待ってて。タクシー飛ばせば30分で行くから」

タクシーに乗り込み店に急ぎました。

5分おきに電話がかかり「まだ~あと何分で着くの~」と、しつこく電話が鳴りました。
急いでもらったのですが工事渋滞に嵌り、結局1時間近くかかり店に到着しH美ちゃんを発見。
テーブルの上には酎ハイのグラスとピザの食べかけがありました。
酒に弱く、披露宴の時も当時高校生だったのに飲みまくって、新郎新婦の初夜の部屋に泊まっていったという経験の持ち主です。

俺「ごめんね渋滞で混んでて」

H美「◯◯君が遅いから酎ハイ3杯目です、フェフェフェッフェ」

上機嫌です。

俺「新幹線もうないべ。今晩どうすんだよ?」

H美「◯◯君の所に泊まる~。さっき、大ねぇ(妻)に電話した」

俺「勝手に決めるなよ、片付けてないのに・・・」

店を出て妻に電話すると、「よかった~会えたのね。H美ヨロシク頼むから」

こっちの話を聞くまでもなく電話を切られました。
こっちも腹が減ってたので適当に食い店を出ようかと思うと、H美ちゃんはテーブルにうなだれて寝てます。

「H美ちゃ~ん帰るよ、起きた起きた」と促し、店を出ました。

タクシーを拾うため通りまで出る間ももたれてきたりで大変でした。
身長が変わらないのにヒールのブーツを履いているので私より背が高くて扱いが大変です。
タクシーに乗り込んでも私の方にしなだれてきます。
Fカップ位と思われるバストが脇に押しつけられます。

マンションに到着しましたがとても歩ける状態ではなく、おんぶして部屋まで運びました。
Fカップと手で押さえたお尻に一瞬そそりましたが、(義妹をどうにかするなんて、嫁にばれたら半殺し)と思い、なんとか部屋に入りベッドに寝かせました。
暫くは起きないと思い、シャワーを浴びて、新しい下着を出そうとベッドのある部屋に入るとH美ちゃんがベッドに座って、PCの横に置いていたエロDVD(女子高生モノw)のパッケージを見てました。
シャワーの間に自分の服を脱いだみたいで、ベッドの下にセーターとスカートが落ちていました。

H美「やっぱこういうの見るんだね、へへへへ、単身赴任だもんね。変な所に行くよりいいかもねぇ~。大ねぇには内緒にしておくから安心して」

返す言葉がなく、タンスから下着を出そうとすると、下着姿のH美ちゃんが抱きついてきて耳元で囁きました。

「最後まではダメだけど、してあげようか・・・?」と・・・。

H美「H美もこの間までこんな制服着てたんだよ」

俺「何言ってるべ。大ねぇにバレたらどうするべさ、離婚もんだべさ」

H美「私は何も言わないし、◯◯君が言わなければいいことでしょ」

・・・と、H美ちゃんは腰に巻いてるタオルを取りました。
口では否定したものの、正直者なのでパンパンになってました。

H美「ね、ココだけのことにしておけばいいから、◯◯君のこと好きだし。初夜の日、私が寝てたと思ってたでしょう。けど、大ねぇとしてたの見てたんだよ。私も高校入る前にエッチしてるし、もう7人も相手したからテクあるよ」

悪魔の囁きです。
そうです、ココだけの話なんです。
20の娘が抜いてくれると向こうから言ってるのです。
ここで私の倫理観・道徳観は消えました。

ベッドに座った私に最初は手で擦り始めました。

H美「大きいねぇ。私の中では2番目かな」

俺「H美ちゃんの胸、見せて欲しい・・・」

H美「そだね」

白いレースのブラを取りました。
Fカップの登場です。
妻も大きめのDですが、それ以上にデカイ~。

H美「なんて言うのかな、パイズリ?胸で挟むのしてあげよっか?」

パイズリのオファーが向こうから来ました。
勿論、断る理由も無く。

俺「うん、お願いしようかな」

H美「前の前の彼が好きで特訓までされたんだよ~」

布団をベッドから跳ねのけ、パイズリが始まりました。
パイズリは大変嬉しいのですが、個人的には感覚がイマイチなので・・・。

俺「口ではダメ?シャワーしたから綺麗だし」

H美「ん~、口の中に出さないんだったらイイよ。口の中荒れてて浸みるから」

俺「口の中には出さないし、出すときは絶対言うから」

そう伝えるとH美ちゃんはフフと笑いながらパクッとしてくれました。
前の前の彼がパイズリ以外にも教えたのか、自分で言うだけあって確かに手慣れたテクです。
全体を含んだかと思うと尿道口をチロチロ舐めたり、裏側を舌の裏側で舐めたり、こいつ変なバイトしてるんじゃないと疑問が浮かびました。
H美ちゃんの白いパンツに手を伸ばし、パンツの中を探るとゴワゴワしたものが無い?
ジワっと濡れている部分を触っても毛が無い?
妻も薄くてあるか無いかわからない程度ですが・・・まさか?パイパン?!!

俺「H美ちゃんここ生えてないの?剃ってるの?」

口に含んでるのを中断し・・・。

H美「私、生えてこないの。大ねぇも薄いでしょ、ちいねぇも生えてないんだよ」

天然のパイパンキタ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!!

俺「H美ちゃん見せて!お願い見せて!」

H美「ダメ~お風呂入ってないし」

もう見たいという衝動は止まりません。
無理矢理パンツを脱がせて足を広げました。
な~んにもありません。
ウブ毛すらありません。
ビラビラが少し大きめですが、幼女のようなオマンコです。

H美「いやぁ~ダメ~、恥ずかしいからヤメテ~!」

無理矢理にしようかとベッドに押し倒しましたが・・・。

H美「大ねぇに言うよ、お父さんお母さんに言うよ」

帰れば嫁の親が建ててくれた家がありますし、マジで妻が怒ると怖いので、この場で諦めました。

H美「お口に出してもいいからこれで我慢して」

H美ちゃんが手で擦りながら先端を咥えてくれると頂上が近づいてきました。

俺「出るよ、口の中でもいいの?」

聞くとコクっと頷きました。

「あぁ」と声が出るほど気持ちいい射精です。
かなりの量が出たのでH美ちゃんも「うぅ」と声にならない音を出しました。
飲み込むことは出来ないみたいで、ティッシュの上に吐き出しました。

H美「ごめんね。飲むの苦手で喉がイガイガになるから」

そして・・・。

H美「最後までしたくないとは言わないけど、大ねぇの事思うと出来ないよ、ゴメンネ」

これ以上迫っても無理だろうし、妻にバレると大変なので諦めました。
シャワーを浴びた後、二人でベッドで寝ました。

4月から東京に出てきてモデルの仕事をするらしいですが、今回の事はこれっきりと思ってます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

妻会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン