新着情報

上司と会社のロッカールームで

この体験談は約 3 分で読めます。

24歳のOLです。
2ヶ月くらい前から、会社の上司(39歳)とエッチする関係になりました。
上司とのエッチがびっくりするくらい気持ちよくて・・・すっかりはまっちゃって。

会社でしたのは、先週の金曜です。
場所は・・・オフィスじゃなくて女子ロッカールーム。
私だけ残業することになって遅くなって、他の女性社員はみんな帰っちゃって・・・。
そしたら、彼からメール。

『あとでロッカーのところに来て』

なんだろ?と思って女子ロッカーまで行ったら、待ってた彼にロッカールームに押し込まれました。

「制服姿見てたらやりたくなった」って。

「だめ、ここはだめ」って言ったのですが、後ろから抱き締められて、首筋にキスされて・・・、抵抗できなくなっちゃいました。

後ろから抱き締めたまま、ブラウスのボタンを荒々しく外されました。
ブラウスの下から手を入れて、ブラジャーのホックを外されて・・・。
おっぱいが露出して、その姿がロッカールームの姿見に映ってました。
そのまま乳首をコリコリして、「エロいなぁ」なんて言うんです。
だめなことしてるのに、声我慢しながら、私はむちゃくちゃ濡れてました。
彼が私のあそこをピチャピチャいわせながらクリクリしました。
私の一番弱いパターンです。

「もう、もう、だめ、って」

彼が慌てて私の口を片手で塞ぎました。

「ぁ、だめ、だめだめイッちゃうぅ・・・」

あそこにびくびくびくぅぅっと刺激が走って、私は頭が真っ白になりました。

「イッちゃったんだ・・・制服着たまんま(笑)」

笑う彼のあそこを見たら、もう、ズボン越しでも隠しきれないくらいおっきくなってました。

「そっちだって・・・」って、手を伸ばしました。

「その格好でしゃぶってもらっちゃおうかなぁ」

そう言いながら彼はズボンを下ろして、おっきなおちんちんを出しました。
信じられないくらいおっきくなってました。
反り返ってて・・・。

跪いて、私は制服姿でおっぱい出したまま、彼のおちんちんを口いっぱいにしゃぶりました。
ちゅぱちゅぱって出し入れしてたら、「お前エロいよ、まじでヤバいよこれ」って彼が言います。

「ちょっとこっち見て」って言うので見上げたら、「エロいよ・・・これ写メに撮りたい」なんて言いながらニヤニヤしてます。

何回か思いっきり出し入れしてたら、彼が「ヤバい、もうだめ、入れるよ」と私をまた後ろから抱き締めました。

スカートをたくし上げて、お尻を突き出させて、そのまま、大きすぎる彼のモノが入ってきました。
初めての立ちバック・・・しかもむちゃくちゃエロいシチュエーションで、腰にズシンと来るくらい、お腹いっぱいに入ってくるみたいで。
彼も、「凄い、いつもより締まってるよ」って溜息みたいに呟きました。

そして、「鏡見て、ほら、こんな格好で犯されてるんだよ」って言いながら腰を動かし始めます。

もう、動かされるたびにずん、ずん、ずんって・・・。

(もうだめ、だめ)

声を我慢したくても限界に近付いてました。
腰をずんずんしながらおっぱいも摘まれて、「あぁ」って声が出ちゃって。

「もうだめ、我慢できないよぉ」って哀願しました。

彼が「今日は大丈夫な日?」と聞くので頷きました。

「じゃあいっしょにイコう」って彼のが私の中で一層激しく暴れて。

彼がまた口を塞ぎながら、「だめ、だめ、あ、もう、イッちゃうよぉ・・・」って、私が言うのと同時に、彼のが私の中でどくどくどくって動いて・・・。

終わったら彼が、「すごい所でやっちゃったなぁ」って笑ってました。
もう、思い出すたびにエッチな気持ちになっちゃうんです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おねだりワイフ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン