新着情報

人妻ちゃんも悪くないなぁ~

この体験談は約 3 分で読めます。

昔、大学生の頃の話なんだけど、バイト先にめちゃめちゃ美人の人妻がいた。

年は30歳で子持ちなんだけど、顔はガッキーにそっくりで、見る人によっては、美人つうよりかはカワイイって感じるかも。
オッパイは貧乳っぽかったけど、スタイルはいいし、何といっても顔が最高!!
年齢を感じさせない超美人って感じ?

当時の俺は、体育会系(マイナースポーツだけど)に所属して、さわやかに振舞いつつ、陰では大学やバイトで知り合った女を適当に食い散らかしててた。
だけど、まだ人妻と仲良くなった経験はなかった。
若い女にばかり目がいってて(その当時の最高年齢は24歳の大学事務職員)、人妻、ましてや子供を産んだ女に興味を持ったことなんてなかったけど、ガッキーちゃんは別。

バイトの時は、いつもさわやかに接しながら、『いつか、そのお顔をアヘらせてみてぇ』とか考えてたし、他の女とやってる時もガッキーちゃんのおっぱいはもっと小さいよなとか、満毛は薄いだろうなとか想像しちゃってた。
ある意味、純情な恋心って感じ!?

で、その人妻ちゃんとやった時の事。
俺のアパートに遊びに来てもらった時に(普段さわやかに振舞っていたから、他の女と同じでここまでのハードルは低かった)、押し倒してやっちゃったんだが、1回戦目は完全にマグロだった。
でも、その時は、やれた事に感動して特に何にも思わなかった。

で、2回戦目。
彼女がマグロっていうか、絶対感じないようにしてるっていう事に気がついて、意地になって責めまくった。

バックにして後ろからオラオラオラオラぁ!とJOJOっぽく責めてたら暫くして「・・・んっ・・・」「・・・ふっ・・・」と、やや感じた声を出してきた。

体育会系で体力には自信があったから、無言でバックから突き捲ったら(もう腰が痛い・・・って位に突きまくった)、グッて口の中を噛み締めた後、一瞬置いて「・・・んっ!あっ!あっ!!ああああああんっ!!」って動物みたいな大絶叫。

その後も俺は、ひたすらピストン・ピストン・ピストン!!!

その後は突く度に「あんっ!いやぁっ!ああんっ!」って良反応。

こっちも調子乗って「旦那さんよりいいかよ?」とか言ったら・・・。

「や、やだ、言うの?そんな事?」

「言えよ!言え!」

「やだ気持ち良いっ!凄いっ!なんでっ!なんでっ!凄いっ!」と非常に盛り上がった。

正常位に体位を変えてからは、俺の背中に手を回してきて、腰をくねくねさせながら脚を絡めてきた。
さすが人妻のセックスって感じ。
小さいオッパイの割に大きめの乳首が、俺の乳首に微妙に擦れて気持ちよかった!

でも、何といっても、最初の絶叫の瞬間の“堕とした!”って感触がなんとも言えない良い思い出になった。

その後、ガッキーちゃんとはセフレになったことは言うまでもない。
若いものいいけど、人妻ちゃんも悪くないなぁ~ということに気づいた出来事でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Gorgeous Time

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン