新着情報

再婚相手の連れ子の成長と、抑えられない私の欲望[前編]

この体験談は約 9 分で読めます。

私が義理の娘『理恵』と初めて会ったのは、娘が4、5歳の頃でした。

当時勤めていた会社で部下だった今の妻『翠(みどり)』と不倫関係になり、ほとんど家には帰らず、翠の所に入り浸っていました。

その頃の理恵は当然子供だったので、不倫相手の機嫌を取る道具でしかありませんでした。
しかも聞くところによると、理恵は前夫とその不倫相手の間に出来た子で、翠とも血の繋がりは無いとの事でした。

小学校低学年までは普通に育っていきましたが、3~4年生頃から盗癖、虚言癖、家出が酷くなり、よくその事で折檻しました。
そしてついには手に負えなくなったので施設に入れる事になり、高校を卒業するまで夏休みと冬休みしか家に帰る事はありませんでした。

高校一年の夏休みに久しぶりに帰省してきた理恵を見て、女らしい体つきなってきている事に気づき、“ザワッ!”と血が騒ぐのを感じました。

理恵に強い関心を持った私は何とかしようと、理恵に接する機会を増やそうとしました。
しかし、小学校の頃辛く当たるだけだった私はどう接していいか分からず、理恵の方も私に怯えていたので関係は全く進展しませんでした。

ある時、二人で車に乗っている時・・・。

「せっかくの夏休みだから旅行しないか?そうだ東京がいい!ディズニーランドに連れてってやろう。出張という事にするから、お前も『友達の所に泊まる』とか言って二人で行こう!」

そう口走ってしまいました。

今から考えるとなんとも不自然な提案で、理恵もおぼろげながらこちらの意図を察したのか、半泣きの顔になり、その後押し黙ったままでした。
家に着いてから、『妻に何か言うんじゃないか?』と内心ビクビクし、いつも以上に深酒をしてしまいました。

それがいけなかったのでしょう。
妻が他行した隙に理恵ににじり寄り、「胸大きくなったな」と言いながら娘のおっぱいを揉みあげました。

「イヤッ!」

怯えた声を上げ、胸を隠すよう背中を向けた理恵に後ろから覆い被さり、パンツひとつの腰を擦り付けながら、先ほどより激しく胸を揉みしだきながら・・・。

「久しぶりに帰ってきた娘の成長を確かめてるだけだろう!」

そう怒鳴りつけると、“ビクッ”として大人しくなりました。
それでもこちらの手から逃れようする理恵を見て、より強い嗜虐心が湧き起こりましたが、妻が帰ってきたので我に返り、開放すると娘はトイレに駆け込みました。

翌朝早くに理恵は家出をしました。
結局その夏、理恵は友人の所や、妻の実家を転々とし、帰っては来ませんでした。

妻に色々問い詰められましたが・・・。

「また昔の悪癖が出たんだろう。本当にどうしようもないヤツだ!」

そう言って逆ギレしてみせて、なんとか有耶無耶にしました。
その後、理恵は高校卒業まで一度も帰省せず、チャンスは全くありませんでした。

高校卒業後、消費者金融の会社に就職の決まった理恵は自宅から通勤するために戻ってきました。
過去の事のバツの悪さから、私はあまり近づかないようにしていましたが、今度は妻の理恵に対する態度が以前と変わっていました。
娘の生活態度から化粧、服装とあらゆる事に口を出すようになり、常に叱責していました。
理恵の方も日毎に不満が蓄積されていくのが傍から見ていても分かるほどでした。

恐らく妻は疑念を捨てておらず、その苛立ちを理恵にぶつけていたのでしょう。

(この状況は使える)

私は一人ほくそ笑んでいました。
私はそれとなく理恵の味方をする事にしました。

あまりあからさまだと両方に警戒されるので、理恵が怒られていると一緒に怒るフリをして早めに切り上げてやったり、妻の居ない所で妻の悪口を言い合ったりとか、影で小遣いをやったりと、地道な努力を2~3ヶ月続けました。
その甲斐あって、理恵も私に心を許すようになり、二人で話をする機会も多くなりました。

そこで私は駄目押しとばかりに過去の事について謝り、理恵も「もう気にしてないよ」と快く許してくれました。

私の家は造りが古いためか間取りが変わっていて、台所と居間が続きで、その隣に脱衣所も無しに風呂があります。
しかも磨りガラスの鍵もない引き戸で、着替えはその引き戸前でします。
不文律として誰かが入浴中は近くに居ない事になっていますが、理恵が入浴すると、出る頃を見計らって理由を作ってはウロウロしました。

運良くバッタリ出くわすと、最初の頃は「きゃああ!」と白い背中やお尻を見せて風呂場に駆け込んでましたが、親密度が上がってくると、「また~!気をつけてよ~」とか「本当に偶然?一緒に入りたいんじゃない?」など、冗談まで言うようになりました。
よく理恵の裸体を思い返して、自分で慰めたりもしました。

(そろそろいいかな?)

私は次の行動に出る事にしました。

出勤やちょっとした買い物の為に二人で車に乗る事が増え、その車内の会話も最初は会社の事など他愛もない事でしたが、段々と意図的にアダルトな話題に持っていきました。

「最近お母さんともトンとご無沙汰でね~」
「そうなんだ・・・」

「まあもうあまり興味無いんだけど」
「ヒド~イ(笑)言いつけるよ!」

「だってもう体なんか崩れちゃってて・・・」
「仕方ないよ、もうオバサンなんだから(笑)」

「それに比べると、理恵本当キレイになったよな」
「・・・」

「ゴメン!前に見たときの事が忘れられなくて・・・」
「そりゃそうだよ!若いもん!」

「その綺麗な体、残しとかないか?最近デジカメ始めたの知ってるだろ?撮りたいんだ理恵を」
「・・・撮るだけだよね?・・・」

「もちろん」
「だったらいいよ」

こうして次の段階への手がかりをなんとか手にする事ができました。

この時不覚にも興奮してしまい、半勃起した私の股間を見た理恵は車外に目をやりながら、「気がハヤ~イ」と呟きました。

理恵が休みの日、私は会社を午前で切り上げ、理恵を車で拾ってホテルに向かいました。
最初はお喋りだった娘も緊張してるのか段々言葉少なになり、「ほんっとーに撮るだけだよね?」と何度も問いかけてきました。

ホテルに着き、部屋を選んでる時も私の影に隠れて見えないように小さくなってる理恵を見て・・・。

(もう少しで・・・)

心が踊りました。

部屋に入るとお互い無口になり、緊張感が高まっていくのが感じられました。
その緊張感を打ち払うかのように、「じゃ、シャワー使って来るね!」と明るく言うと、理恵はバスルームに消えました。

すぐにでも追いかけていって押し倒したい気持ちを必死に抑えてると、ほんのり上気した顔のバスローブ姿の理恵が現れました。

「何か飲んでいい!」

そう言いながら理恵は冷蔵庫を開け、中を物色しました。

「やっぱ高いね」

そう言いながらコーラを取り出し飲み始めた理恵を撮りながら、「『やっぱ』って、来た事あるの?」と理恵に問いかけると微笑むだけでした。

「じゃあ、そろそろ・・・」

私がそう言うと、理恵は無表情でバスローブを脱ぎ、素早くベッドの上に上がり膝を抱えて座りました。

初めて間近でじっくり見た理恵の体は、19歳だけあって張り・艶ともに素晴らしく、抜けるように白い肌、引き締まった腿、小ぶりながらも柔らかそうな乳房、その上の淡いピンク色した乳首・・・。
どこをとっても素晴らしく、まさに宝石のようでした。

理恵の周りをぐるぐる撮りながら回り、「綺麗だ、すっごく綺麗だよ」と連呼していると、理恵の緊張感も段々解けて笑顔も見せるようになりました。

「じゃあ、次は立ちポーズで」

そう言うと、娘はベッドを下り、私は体のラインが分かるように横から撮りました。

「胸から手をどけてみて」と言うと、娘がクスクス笑うので「どうした?」と聞くと、「だって~」と私の股間を指差しました。

私は恥ずかしさとともに、『見せつけてやれ!』という気持ちが湧き起こり、平静を装って、「またベッドへ」と命令しました。

「横になって」

理恵は恥ずかしそうに背中を向けて横たわりました。
アングルによっては丸見えになってしまうのを気にしているようでした。

「ちゃんとこっちを向いて!」

少し強い調子で言うと、ようやくこちらを見てくれたので・・・。

「大丈夫、すごく綺麗に撮れてるから」
「綺麗なんだから隠す事ないよ」

そう励ましてやりながら、夢中で撮りました。

「次、四つん這いになって」

「それはヤ~!」

「ここまで来て何言ってるんだ!」

怒鳴ると少し怯えた顔になり、黙って四つん這いになりました。
お尻のほうに回り込むと白磁のような理恵のヒップを何枚も何枚も撮りました。

「恥ずかしい・・・」

「ごめんね。強く言い過ぎたね」

優しく言葉をかけながら次の要求をしました。

「理恵のあそこを撮らせて」

「・・・こんなに明るくちゃイヤ・・・」

私はすぐに照明を落とし、間接照明に切り替え、「これでいい?」と訊ねると理恵は黙って仰向けになり、そっと足を広げました。

理恵の足元に跪くと、息がかかるほどの至近距離でじっくり見入りました。
初めて見る理恵のそこは、大人しそうな理恵の外見とはうらはらに、思っていたよりも毛深く野性的ですらありました。
まるで内に秘めた情熱を表しているかのように・・・。

しかし反対にヴァギナ自身はとても慎ましやかな感じで、クリトリスはベールに隠されており、ラビアは左右対称でなんの変形も見られず、色素の沈着も全くありませんでした。

「・・・撮るなら早く撮って・・・恥ずかしいよ・・・」

そう言う娘の声に我に返り夢中でシャッターを切りました。
途中何度か不安げに私の様子を窺う理恵と目が合い、その度に顔を背けながらソコを隠そうとするのを制止しながら、娘のナカに何度も何度も射精するかのようにシャッターを切り続けました。

「ありがとう、もういいよ」

撮り終わった私がそう声をかけると、理恵は手早くバスローブを羽織り、ベッドの上に座り直しました。
その顔は緊張と羞恥心、興奮のため頬が紅潮し目が潤み、泣いているかのようでした。

画像をチェックするためベッドの端に座り、カメラを操作していると、「どんな感じ?」と理恵がにじり寄ってきました。

私の隣に座り画面を覗きこんできたので、“今だ!”と理恵の肩に手を回し、後ろに引き倒し、素早く馬乗りになると理恵の腕を押さえつけました。
とっさの出来事にパニックになったように暴れましたが、さすがに声を上げる事はありませんでした。
お互い無言のままでしばらく格闘が続きましたが、やはり体格の差はどうしようもなく、やがて大人しくなりました。

「まったく予想してなかったわけじゃないんだろ?」

腕を開放してやりながらそう言うと、娘は無言で両手で顔を覆ったまま人形のように横たわっていました。

(ついに念願が叶う!)

興奮のため、私の心臓は早鐘のように脈動し、耳の奥の血管がゴウゴウと音を立てていました。
プレゼントの包み紙を開くようにバスローブの前を左右に広げると、理恵の白い下半身が現われました。
お腹から太腿にかけて手を這わせ、薄っすら汗ばんだきめの細かい肌のヌットリした感触を楽しんだり、アンダーヘアーの“ジョリジョリ”した感触を満喫しました。

固く閉ざされた太腿を両手でこじ開け、素早く体を割り入れると、目の前の娘にむしゃぶりつきました。
テクニックも何もなく、口と言わず顔全体で味わおうとむしゃぶりついていると、娘が踵で背中を蹴り、手の平で頭を叩いてきました。
しかし、所詮は女の力。
私は意に介さず貪り続けました。

やがて落ち着きを取り戻した私は、クリトリスを舌裏で押し潰す様に揉んでやったり、ラビアを唇で挟んでしごいてやったり、鼻でクリトリスを刺激してやりながら、舌で膣腔にピストンしてやったりと拙いテクニックを存分に試しました。
その甲斐あって娘の抵抗があやふやなものになり、私を叩いていた手はいつしか私の頭を掻き抱き、太腿はよりソコへ押し付けるかのように強く挟みつけてきました。

(落ちたな!)

私の完全勝利の瞬間でした。

抵抗を止めた理恵のラビアを左手の親指と人差し指で左右に開くと、目にも鮮やかなサーモンピンクの秘穴が現れました。
自身をその穴にあてがうと、ゆっくり腰を進めました。
あまり濡れていないソコはかなり抵抗が強く、挿入を拒むかのように肉壁が張りついてきました。
それでも奥まで到達し、引き抜こうとすると今度は離すまいとするかのように肉壁が引き戻そうとしました。

“ニュチィ、ニュチィ”と卑猥な音を立てて出し入れしながら・・・。

「ああ~やっと念願が叶った。最高だよ、いい穴だ!」

無言で顔を隠してる理恵に囁きかけました。

感激を抑えながら、存分に腰を使っているうちに娘のソコも濡れ始め、幾分スムーズに出し入れできるようになりました。
そうすると理恵は顔を覆っていた手を、私の脇の下から肩に回し、額を私の胸に押し当てて抱きついてきました。
そして快感を押し殺すかのように「んっ、んっ、んっ、んっ~」と呻き始めました。

その様子に高ぶった私は、思わずイキそうになり、堪えるために動きを止め、「お父さんのチンポ、イイだろう?うん?」と声をかけました。

無言のままの理恵を他所に、蜜壷を楽しむため縦横に突きまくりました。
膣腔の辺りで亀頭だけを使ってピストンしてやると、そのあまりの締め付けの気持ち良さは、まさに天にも昇るようでした。

射出感が近づいてきたので、理恵にキスしながらイこうとしたら、顔を背けたので少しムッとし、肉壷の上壁を擦るように激しく腰をしゃくってやると、ついに「アッ、アッ、アッ、アッ」と声を上げました。

我慢の限界に達した私は、娘の奥にこれ以上ないくらい突き入れ・・・。

「理恵のナカにお父さんのザーメンをぶちまけてやるからな。イク~!娘の中でイク~~!!!」

そう叫びながら、生涯で最高というくらい大量のザーメンを吐き出しました。
4秒、5秒とザーメンを流し込まれてる間、理恵は私の腰をしっかり脚で挟みつけ、力いっぱい抱きついていました。

我に返った私は、妊娠の危険が頭を過ぎり、引き抜こうとすると、理恵は抱きつく力を強め、「お父さん・・・もう少しこのままで・・・」と囁きました。
それが行為の間で娘が唯一発した言葉でした。

しばらくは余韻を楽しむため抱き合っていましたが、まだ硬いままのモノを抜き、そっと理恵から離れました。
理恵はすぐに股を閉じ、向こう側に寝返りを打つとしばらくじっとしていました。
やがて体を起こしバスローブを引きずりながら、シャワールームに歩いていこうとするその足の間から、私のザーメンが垂れだしているのを見て、再び欲望が湧き上がりました。

ベッドから飛び降り、娘を壁際に押し付けると左足を抱え上げ、立ったまま押し入れました。
理恵ももはや何の抵抗もせず、身長差を補うため爪先立ちで私の首にぶら下がってきました。

先ほど放ったザーメンが潤滑剤となり、“くちゅ、くちゅ”と音を立てるなか腰を振りながら・・・。

「ひょっとしたら処女かと期待してたのに、まったくどこの野郎にやったんだ?俺より先にこの穴を楽しみやがって!」

そう声をかけると、もはや何も聞こえてないのか、首をガクガク上下させながら、「うん、うん」と頷くばかりでした。

「まあ~いいや。すぐに楽しめたしな!どうだお父さんは?なかなかだろう?うん?」

「・・・」

「気持ちいいならそうはっきり言いな?うっ!危なくイクとこだったよ」

顔を真っ赤にして快感を押し殺している理恵を見て我慢できなくなり・・・。

「ま、またナカに出してやるからな。しっかり受けとめるんだぞ。くっ、うっ、イクッ、イク~!」

叫びながら娘を抱え上げ、腰を思い切り突き上げて二度目の射精をしました。
ぎゅっと目を瞑り、私のザーメンを受け入れた理恵は「かはぁー」と小さく息を吐くと、ぐったりしなだれかかってきました。

その口に素早くキスをし、舌を踊りこませ、口中をねぶりつくし、抱き合ったままその場に崩れ落ちました。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

クンニ同好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン