新着情報

猥談で口説いた美容師の姪

この体験談は約 5 分で読めます。

三重子は26歳で結婚三年目、美容室を経営している。

その三重子は妻の兄の長女で妻の姪、私とは義理の姪で血の繋がりはない。
妻が中学2年の時に生まれたので、妻とは16歳も離れている。
彼女は結婚と同時に美容室を開店したので、私たち夫婦も資金面で手助けしてやった。
そんな事から、月に1回は三重子の美容室で整髪カットしてもらっている。

その日は土曜日、妻は勤め先の一泊旅行に出かけて留守。
妻もいないし、カットしてもらおうと思った。
女性を客とする美容室では女同士の話題は尽きないだろうし、時にはセックスも話題になるだろう・・・?
ふと、そんなことを思った。
三重子の主人も海外主張でいないというし、新婚3年目の新妻が、セックスの話題にどう反応するのか試してみたいと出来心が湧いた。
それには店を閉める時間帯がよいと思い、午後八時に電話すると、「いいよ、来て」と言ってくれた。

美容室の椅子に座ると三重子の顔が鏡に映る。
誘いかける話に、その顔がどう変化し反応するのか・・・?
そんな思いで鏡に映る三重子の顔を見つめていた。

鏡で目と目が合った。

三重子「まあ、そんな目で見ないで・・・」

私「いやぁー、顔や、からだ全体に艶が出てきたね。美しくなったよ」

三重子「まあ・・・、お上手ね・・・」

私「もう結婚して3年にもなるしね。女の艶が出たよ」

三重子「・・・」

私「ほんとに綺麗になった、肌もピチピチしてるし」

三重子「まぁ、お上手ね・・・。恥ずかしいわ・・・」

私「いや、ほんとだよ」

私「ところで、まだできないの?」

三重子「そうなの、まだなの・・・」

私「結婚して3年経つのに?でも、毎晩、やっているでしょう?」

三重子「まあ、いやね・・・、そんなこと・・・」

私「なにも恥ずかしがることないよ。夫婦だもの、するのが当然だよ」

三重子「まあ、いやね・・・」

私「ところでツヨシ君はスペインからいつ帰るの?」

三重子「行ってからもう1ヶ月経ったわ・・・。あと1月・・・かな?来月でないと・・・」

私「そう、寂しいね・・・」

三重子「いいえ・・・、いないので気がせいせいしてるのよ」

私「うそぉ!夜どうしてるの?手でやってるの?」

三重子「まあ・・・、そんなことしないわよ・・・」

私「うそ、やってるでしょう。恥ずかしがることないよ」

三重子「私、しなくても平気・・・」

私「そう・・・、俺なんか一晩泊まりの出張でも、もう我慢できないのに」

三重子「元気なのね・・・」

私「男盛りの42歳なんだ。出張から帰ると必ず美奈子を抱くんだよ」

三重子「まあ・・・」

私「そう、美奈子も素直に抱かれてくるよ」

三重子「・・・」

私「そして美奈子は・・・、結構、乱れるよ」

三重子「そうなんだ・・・。あの、お淑やかな顔をしたお姉ちゃんが・・・?エッチなんかしないわと言うような上品な顔をしているのに・・・?そんなに乱れるなんて、想像もできないわ・・・」

私「結構、凄いんだよ」

三重子「へぇ・・・、あのお姉ちゃんが・・・?」

私「美奈子のあそこを見て・・・そしてそこにチューを・・・」

三重子「まあ・・・、男って、みんなそうなの・・・?」

私「そうだよ、男は女の裸やカラダのすべてが見たいし・・・、また、女が感じて喘いでいる顔がとっても素敵なんだよ」

三重子「そう・・・、男ってみんなそうなんだ・・・?」

私「それが男なんだよ。ツヨシ君もしてくれるの?」

三重子「私は嫌なの・・・、イヤなのに力ずくで足を拡げさせ、口を付けてくるの・・・。私は恥ずかしいし・・・、汚いあそこを見られるのがイヤで『ヤメテ』と言うのにやめてくれないの・・・。そのうち感じて、またを拡げて突き出しているの・・・。女なんてイヤね・・・」

話に乗ってきた。
おそらく三重子のあそこは濡れている・・・と思った。
鏡に映る三重子の顔が艶っぽくそれを物語っている。
結婚して男を知り尽くしている女・・・。
そんな女も話題に乗ってくると結構言うものだと思った。

髪をカットした後、寝かせて顔を剃ってくれる。
その間、話は避けていた。
しかし股間は勃起している。
薄いズボンが高く盛り上がっている・・・。
三重子の目はそれを捕らえていたと思う。

カットが終わった。
午後九時を回っていた。
三重子がカーテンを閉める。
店仕舞いをして店の電気を消すと店は暗くなった。
その瞬間、三重子を後ろから抱き締めた・・・。

三重子「イヤ、イヤ、やめて・・・イヤ・・・」

やめなかった。
後ろから羽交い締めにして、乳房に触れてそれを揉み上げる。
力ずくで三重子を応接椅子に押し倒して座らせた。
強引に唇を奪う。

三重子「イヤ、イヤ・・・、やめて・・・!」

激しく抵抗する。
激しい抵抗が続くので、一瞬諦めようかと思ったが、ここでやめたら明日から合わす顔がないし、このことが妻の耳に入るかも知れない。
そしたら妻との間に軋みが出来て、最悪の事態を招きかねない。
そう思うと、今ここでやめるわけにはいかない。
何としても女を奪い取り、欲情を絡ませなければならない。
暴れる三重子の体を強引に抱きかかえ、唇を奪いながら、手は乳房から股間に進ませていく。
さらにはスカートの下に手を潜り込ませ、股間を弄り回す。

三重子「やめて!お姉ちゃんに言うわよ・・・」

三重子は足をばたつかせて、なおも激しく抵抗する。
レイプしているようだった。
それでも弄る手は緩めなかった。
ショーツに手を強引に潜り込ませ三重子の恥部に触れると、そこは抵抗に反して濡れていた。

(しめた・・・!)と思った。

三重子のカラダが、抵抗に反して性の本能が勝ってきたようだ。
激しかった抵抗が次第に弱まってくる。
そしてカラダ全体を投げ出し、抵抗が薄れてきた。
次第に濃厚な優しい愛撫に変わっていく・・・。
三重子の吐息が激しくなる。

三重子「ねぇ、やめて~、ココではダメ・・・」

三重子がやっと口を開いた。

三重子「おじさんの馬鹿・・・!バカ、バカ・・・」

両手で私の胸を叩いている。
愛撫を緩めて三重子を立ち上がらせた。
涙が頬に伝わり流れ落ちていた・・・。

三重子は服の乱れを整えつつ、黙って歩き出した。
その後について行く。
階段を上って行く・・・、そこは三重子夫婦の寝室だった。
大きなダブルベッドが置かれていた。
そのダブルベッドに三重子をゆっくりと寝かせた。
三重子の抵抗はなく、静かに、されるままに体を投げ出してくれる。

三重子は26歳、42歳の俺より16歳も若い。
妻よりも同じく16歳も若い・・・。
妻と違ってその肌は滑らかで・・・、艶々していて・・・、ピチピチと弾んでいる。

妻と結婚して15年、女の急所を知り尽くした技法で三重子の急所を攻め、悶える三重子を逃がすまいと愛撫し続ける。
三重子は次第に乱れ、身を捩りながら下半身全裸のカラダをばたつかせ激しく喘いだ・・・。

三重子のカラダが苦悩に満ちて捩り、快楽の声を漏らさまいと口を閉じて必死に耐え、顔を歪めて喘いでいた・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

不倫妻愛好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン