新着情報

隣の奥さんの喘ぎ声を聞いてしまって

この体験談は約 12 分で読めます。

高校が振替休日だったときに家でモンハンをやり続けていたら、お隣から奧さんの喘ぎ声が聞こえてきた。
小さな子供もいて、おそらく30過ぎの奧さんだけど、童顔で可愛らしい感じで、そのくせおっぱいが大きい。
BBAは嫌いだけど、この奧さんならイケるなぁと普段から思っていた。
それが、いきなり隣から奧さんの喘ぎ声が聞こえてきて、一気にテンションMAXになった。

オナニーでもしているのか、喘ぎ声がどんどん大きくなっていく。
俺は我慢しきれずにオナニーを始めた。
ただ、イキそうになったときに慌ててティッシュを取ろうとして、ベッドから落ちて大きな音を立ててしまった・・・。
それがきっかけで、奧さんに口でしてもらうという幸運が俺に訪れた。
そんな強烈な体験をしてしまって以来、そのことばかり思い出して、サルのようにオナる日々だ。

偶然外で奥さんと顔を合わせると、強烈に興奮してしまうのだが、奧さんは何もなかったように、清楚な奥様の顔で挨拶をしてくる。
またチャンスがないか、壁に耳を押し当てたりするけど何も聞こえない。
ムラムラしすぎて、奧さんをレイプでもしてしまいそうで、自分でも怖いと思っていたが、ある日いきなりチャンスが来た。

たまたま設備工事の関係で、学校が午後休みになった平日のある日。
学校から帰ってきて、いつものようにエレベータに乗って5階のボタンを押そうとした。
すると締まりかかったドアが開いて、奧さんが乗ってきた。
息を切らして、ハァハァ言っている奧さん。
膝丈の普通の長さのスカートの可愛らしいワンピースを着た奧さんが、息を整えている。
こういう地味なワンピースの方が、胸の大きさが際立つ感じで、目のやり場に困る。

「良かった、間に合ったw」

奧さんはホッとした感じでそう言うと、5階ではなく屋上のボタンを押した。
古いマンションなので屋上に洗濯スペースというか、自由に出入りできる広めのスペースがある。
ん?と、疑問に思っていると、いきなり奧さんに抱きつかれてキスをされた。
奧さんの舌が口の中にねじ込まれて暴れ回る。
歯茎や歯の裏側まで舐め尽くしていく奧さん。
抱きつかれながらのキスなので、大きな胸が押しつけられて興奮でクラクラする。

(柔らかい・・・)

こんな柔らかいモノが人体にくっついているのが不思議になる。
興奮でバカになった俺は、勇気を出して奧さんの口中に舌を差し込んでみた。
すると、さらに強く俺を抱き締めながら奧さんが舌を絡めてきた。

エレベーターが止まって扉が開き始めた。
奧さんはキスを止めて俺の手を掴んだ。

「おいでw」

清楚な奥様でも優しい母親の顔でもなく、あの時のエロい顔で言った。
引っ張られるままについて行く。
屋上のスペースに出るドアを開けて、外に出る。
太陽が眩しい。
ここのスペースはほとんど使う人がいないので、今も洗濯物などは干されていない。
ドア締めると、ドアのすぐ横でまた俺にキスをしてくる。
もう夢中で舌を差し込んで、奧さんの唇の感触、舌の感触を味わった。

(柔らかい・・・熱くて、柔らかくて、本当にたまらない)

普段から、セックスのことばかり考えて、セックスしたいと思い続けていたが、キスがこんなに良いものだなんて想像もしていなかった。
キスなんてどうでもいいから、セックスしてぇーー!
そんな風に思っていた時期が俺にもありました。

奧さんは俺に抱きつきながら夢中でキスを続ける。
太陽の下で、お隣の奥さんとキスをしている。
ヤバいくらいに興奮する。
すると、奧さんがズボンの上から俺のチンポを擦ってきた!

「ふふwやっぱり大っきいねwユウキ君は、まだ未使用なのかな?」

「ハイッ!!まだ新品ですっ!!」

「声デカwそうなんだ、結構モテそうに見えるけど」

奧さんは見た目とはちょっとイメージが違うしゃべり方をする。
くだけているというか、ギャルっぽいというか、いつもの清楚な奥様のしゃべり方が消えている。
コレが本性なのだろうか?
実は結構遊んでいたのかなと思った。

「まったくです。モテたことないです!」

「そうなんだwもらっちゃおっかなぁ?」

「えっ!?マ、マジですか!?」

「本気にした?wていうか、こんなおばちゃん相手に捨てたらダメよw一生後悔するわよ」

「そ、そんな事ないです!若林さん、美人ですし若々しいですし、お願いしますっ!」

俺は本気でそう言いながら、頭を下げた。

「必死すぎw若林さんは止めてよ、紀子で良いから」

「の、紀子さん!お願いしますっ!」

「まぁ、考えとくわ。今は、この前みたいにしてあげるから・・・」

そう言いながら紀子さんは僕のズボンを脱がせていく。
こんなところでチンポを出している俺は、馬鹿みたいに思える。

「うーーん、やっぱり、一回り近く大きいか・・・」

俺のチンポをマジマジと見ながら、そう囁く紀子さん。

「そ、それって、ご主人と比べてます?」

おずおずと聞くと、紀子さんは顔を真っ赤にしながら、「ち、違うわよ!な、なに言ってんのよ!もうっ!」と俺の肩をど突く。

「ッてぇ!痛いッす」

「ユウキ君が変なこと言うからでしょっ!」

「ご、ごめんなさい」

「まぁ、いいわ」

紀子さんはそう言うと、照れ隠しでもするように、いきなり俺のモノを咥えた。
パクッとチンポを咥えられて、紀子さんの舌の感触、唇の感触がたまらない。
とにかく気持ち良い。
思わずうめきながら、咥えられているところを見る。
可愛い顔の奧さんがチンポを咥えたまま俺を見ている。
目が合うと、紀子さんの目が笑った。
ドキンとした。
恋に落ちた気がした。

奧さんは、可愛らしいけど地味なワンピースを着たままフェラを続けてくれる。
上からだと胸元からブラが見える。
ピンク色のブラが胸の谷間が見えるとさらに勃起が増した気がする。
それにしても、隣の奥さん、ロリっぽい童顔、巨乳、屋上でフェラ、これだけ重なると我慢できるはずもなく・・・。

「の、紀子さん、もうイキます!出そうですっ!」

紀子さんの口の中にぶちまけて、また精子を飲んでもらおうと思いながらそう言ったのだが、紀子さんは急に動きを止めた。
イキそうになっていたのに寸止めをくらって・・・。

「えぇっ!?なんで?イキそうなのに」

こんな情けない声が出てしまった。

「この前も、自分だけイッたら、逃げちゃったでしょ?ズルイよねwほら・・・、交代」

紀子さんはそう言いながら、ワンピのボタンを外していく。
ブラが丸見えになり、その迫力とエロさに固まっていると、紀子さんはブラを下にズラした。
さすがに場所が場所なので人が来た時のことを考えて、外すよりはズラした方がいいと判断したのだと思う。
だけど、巨乳の紀子さんがそんな事をするとエロさがヤバい。
おっぱいが持ち上がった状態で露出するので、大きさが際立つ。
童顔で清楚な感じの紀子さんのイメージとはまったく違って、ちょっと黒めな乳首と、洋物のAVの女優さんみたいな大きな乳輪が、堂々と主張している。

乳首も乳輪も小さめでピンク色が一番!
そう思っていた俺だけど、ギャップがエロい事を初めて知った。
こんなに可愛らしくて清楚な感じの女性が、グロな乳首と乳輪をしている。
すっごく興奮したし、一つ大人になった気がした。

「恥ずかしいでしょ!?ジロジロ見ないの!ほら・・・舐めて・・・」

こんな事をしておいて照れる紀子さん。

(かわええ・・・)

マジでそう思いながら、むしゃぶりついた。
赤ん坊の頃以来、初めて口にするおっぱいに、どうしていいのかわからないくらい興奮した。
見よう見真似で、とりあえず乳首を舌で舐めた。
コリコリの感触が興奮を加速する。

「んっ、あぁ」

乳首を舐めると、気持ち良かったのか声が漏れる。
女性のおそらく感じている声、生で初めて聞いたがバインドボイス以上の衝撃だった。
モンハンのモンスター以上の攻撃をするモノが、まさか隣の奥さんだったとは夢にも思わなかった。

夢中で乳首を舐め続ける。
とは言っても勝手が分からないし技もないので、ただ犬みたいにペロペロ舐めるだけだ。

「ン、ああっ!く、あぁ、そう、逆も、指で・・・」

紀子さんに言われるままに逆の乳首を指で触る。
軽く摘んで震わせるようにする。

「んんっ!そう、あ、あぁ、もう少し、強く、摘んで・・・あぁ」

紀子さんが、エロい声で言う。
顔を見ると目が潤んだような感じになっていた。
摘んでいる指の力を強くして、舐めている方もほんの軽く噛んでみた。

「くぅあっ!ヒィッ!ぃんんっ!そう、上手、気持ち良いわ、あぁ・・・」

紀子さんが、はっきりと喘ぎ始めた。
だけど声が大きくなるにつれて、人が来たらどうしようと怖くもなってきた。
でも、ここで止められるわけもなく、ひたすら舐めて摘んで噛み続ける。

「あ、ひぃあぁ、こんなの久しぶり、あぁ、気持ち良い、気持ちいいよぉ・・・ヒィぐぅあぁ」

紀子さんの喘ぎ方がかなり強くなり、俺の頭を手で掴み始めた。
俺の髪をグチャグチャにしながら、とろけた声を上げている紀子さん。
すると、俺に胸を舐められたままワンピのスカートに手を突っ込む紀子さん。
ドキッとする間もなく、ショーツをスルスルッと脱いでしまった。
片足首にクチュクチュッと小さくなって巻き付いているショーツ。
ピンク色でフリフリが付いた可愛らしい感じのモノだ。
たぶん俺はそのショーツだけで何度でも抜けると思う。
そんな事を思いながら紀子さんの露わになったヘアをガン見していると、上から肩を押される感じで座らされた。

立っている紀子さんの前で座ると目の前がヘアだ。
ただ、ヘアは恥丘のあたりだけしかなくてビラビラが丸見えになっている。
こういうものなのか、剃ったりしているのか判断がつかないのだが、パソコンで見たエロ動画のアソコとは違う気がした。
屋外なので、股の下のアソコの部分も結構明るく見える。
生まれて初めて見る女性のアソコは、正直グロいとしか思えなかったけど、ドキドキしすぎて心臓が破れるかと思った。

すると紀子さんが両手で自分のアソコを広げ始めた。
そして少し腰を突き出すようにしたのでアソコが丸見えになる。
少し黒いビラビラが広げられるとピンク色の中身が見える。
ビラビラのグロさから考えると信じられないくらいピンク色で綺麗な感じで、驚いた。
そして、光ってテカテカしているのもわかる。
濡れている感じだ・・・。

「どう?見えてる?」

少し上擦った口調で紀子さんが言う。

「見えてます・・・凄く・・・エロいです」

「ふふwじゃあ、舐めて」

その言い方が、どう説明したら良いのかわからないが、とにかく脳髄に響くくらいのエロさで、汚いとか、グロいとか一切思うことなく、吸い寄せられるように紀子さんのアソコに口を近づけた。
どんどん顔が近づき、アソコが近づくとより鮮明に見える。
割れ目の上の方にあるのがクリトリスだと思うが、皮に包まれている感じでよくわからない。
どこを舐めて良いのかわからないので、とりあえずアソコに思い切り舌を押し当てた。
そして、ベロンという感じで全体を舐めると・・・。

「あ、ふぅ、あ、ン・・・」

紀子さんの口から可愛らしい声が漏れた。
少しだけ塩っぽい味がした気がしたが、かまわずにペロペロペロペロと、取り憑かれたように舐め続ける。

「ン、はぁ、あ、ああっ、んっ」

可愛らしい喘ぎ声に、チンポがはち切れそうだ。
舐めていると、自分のツバ以上に湿り気が増していくのがわかる。
濡れている・・・俺が舐めて気持ち良くて濡れている。
そう思うと、妙に嬉しい。

すると紀子さんが自分でアソコを触り始める。
そしてクリトリスのところの皮を剥く。
グネグネした皮が剥けると、ピンク色の粒みたいなクリトリスが姿を現す。
これも強烈にピンク色で、周りの黒ずんだビラビラとのコントラストが強烈だ。
そして、紀子さんの指ごとクリトリスに舌を這わせると、紀子さんは少し仰け反りながら・・・。

「クゥんっ!!アァッ!そうそこ、アァッ!気持ちい、気持ち良いわよ、あっ!そう、ヒィィンッ!」

さっきまでとはまったく違うくらい強い感じ方で喘ぐ紀子さん。
何となく紀子さんをコントロールしているような優越感を持った。
そして気持ち良くてクリの皮を持つ手が離れる紀子さん。
俺はすかさず指でクリの皮を剥き、舌で突くような感じで舐め続ける。
クリトリスは乳首よりもカチカチになってきていて、小指大に膨らんでいる。

「ンヒッ!ヒィンッ!こんなのぉ、アァ久しぶりでぇ、アァ、ヤバい、気持ちいいぃ、ねぇ、噛んでみてぇ」

舐めながら見上げると、デカい胸の隙間から眉間にしわを寄せて喘ぐ紀子さんの顔が見えた。
お隣の奥さんと、こんな事をしている。
しかもマンションの屋上という青空の下でだ。
言われた通りにクリトリスを噛んでみた。
ただ、さっきの乳首とは違って、思い切って強く噛んでみた。

「ぐっぅっ!ヒィんっ!!!うぐぁぁ」

かなり大きく声を出すと、俺の頭を鷲掴みにしながら、ブルブルッと体を震わせた。

「だ、大丈夫ですか!?痛かったです?」

俺は、メチャメチャ焦りながら聞いた。

「だ、大丈夫・・・イっちゃったよ。ユウキ君、上手よw」

グチャグチャに頭を掴んでいた手を緩めて、優しく撫でてくれる。

「ねぇ、手、貸して」

そう言われて、言われるままに手を差し出すと、紀子さんが俺の指を握ってアソコに導く。
そして俺の人差し指をアソコに入れていく・・・。
紀子さんのアソコは太ももまで垂れているくらい濡れているので、あっさりと無抵抗で指が入っていった。
初めての感触に電気が流れたように興奮した。
指が熱いグネグネに包み込まれて、ズブズブと入っていく。
すると、思いの外浅いところで奥に突き当たる。

「んヒィンッ!そこ、ダメぇ、下りてきてるからぁ、当たってぇ・・・あぁっ!」

そのリアクションで紀子さんが気持ち良いことがわかったので指を動かし始めた。
奥に当たっているところはコリコリした感じで、盛り上がった感じのところに窪みみたいな穴があるのがわかった。
そこをおっかなびっくり、痛みを与えないように触ると紀子さんが痙攣する。

「オおぉオォっ!そこぉ、あぁぁっ、ダメ、気持ち良いっ!気持ち良いよぉぉっ!!指ぃ、増やしてぇ」

紀子さんは仰け反りながら小刻みに体を震わせている。
指はキュウとか、グネェとか、複雑に締め付けられる。
ここにチンポを入れたら、あっという間にイッてしまいそうだと思った。

そして、リクエスト通り、指を二本に増やした。
狭い穴なので、二本は痛いのではと思ったが、指を押し当てた途端、紀子さんが腰を突き出すようにして指を入れていった。
さっきよりも強烈に締め付けられながら、奥に当たる。
だが今回は紀子さんが腰を押しつけてくるので、指が奥に当たりながら横にそれた。
すると奥だと思ったところよりもさらに奥がある感じで指が入っていく。

「オおぉオォっ!!ンヒィッ!そう、そこ、上のところぉ、擦ってぇ」

紀子さんは痛いくらいに僕の頭を鷲掴みにしながら言う。
言われるままに、指の腹で紀子さんのアソコの上の方を探る。
すると少しザラザラした感触の部分があった。
そこを二本の指で擦ると・・・。

「おおっあアァッ!!!そこ、そこぉ、そこ、あぁ、そこ、ダメぇ、アァッ!あっ!もっとっ!イぃぃんっ!!!」

毛根ごと持って行かれるくらい髪を引っ掴まれているが、紀子さんの凄い感じ方に痛みも感じずに指を動かし続ける。
そこだけを擦り続けるように動かすと、釣り上げた魚のように体がビクンビクンと跳ねる。
こんなに感じさせることが出来ると、自信も湧くし嬉しくなる。
そして、擦ると言うよりは、指を返して押し上げるような動きに切り替える。

「ギィィんっ!!オ、ふぅアァッ!それ、それ、ダメ、ヤバいぃ、あっ!あっ!あああっっっ!!!ダメぇっーーーーっっ!!!」

泣きそうにも思えるような声で叫ぶ紀子さん。
もうここがどこかも忘れている感じだ。
慌ててキスをして口を塞いだ。
ただ声を抑えようと思って慌ててしたキスだが、紀子さんは舌をぶち込んできてグリングリンとかき混ぜる。
紀子さんの舌と唇の柔らかい感触に興奮しすぎて指を動かす力が強くなってしまう。
さっきまでは痛くないように気を使っていた部分があったけど、今はかなり無茶な強さで指を掻き出すように動かしている。
するとすぐに、グチョングチョンから、グボングボンと音が変わる。
凄く湿った音に変わったと思った途端・・・。

「おおおお゛お゛お゛お゛お゛ぉぉっ!!!出ちゃうぅぅっ!!!」

紀子さんが呻き、アソコからビチャビチャッと水を吹き出した。
俺の指が掻き出す動きをするのに合わせて、勢いよく水が飛び出していく。
結構強い勢いで2m位は飛んでいる。
どうして良いのかわからないので、とりあえず指を抜いた。
紀子さんはそのまま床にペタンと座り込むと・・・。

「イッちゃったよ、おまけに・・・潮まで吹いた、あぁっ!もうっ!恥ずかしい」

不本意だとでも言いたい感じで紀子さんが僕を睨む。

「ご、ごめんなさい」

慌てて謝ると紀子さんは一瞬で良い笑顔になって・・・。

「すっごく上手だったよw童貞君に、こんなにイカされちゃったwやっぱり、自分でするのとは違うね」

最後のセリフは、顔を真っ赤にして照れながら言った。

「可愛い」

年上の人妻に言うセリフでもないが、思わず言葉にしてしまった。

「ば、馬鹿。こんなおばちゃんに可愛いはないでしょ!?」

照れる姿が本当に可愛い。

「いや、マジで可愛いっす。あの・・・紀子さん」

俺は、入れたくて仕方ない。

「本当に、後悔しない?こんなおばちゃんで、しかも、こんな場所で」

戸惑っているのがわかる。

「良いんですっ!ていうか、紀子さんが良いですっ!!」

「必死かwわかったわよ。まぁ、私も・・・我慢出来そうにないしねw」

少し照れたような顔で言う紀子さん。
俺は『来たーーーっ!!!』と、叫びそうだった。

紀子さんは、壁の方を向いて少し腰を突き出すような姿勢になると、俺のチンポを握って自分のアソコに導いていった。
とうとう、夢にまで見た初体験。
屋外で隣の奥さんと、という想定外過ぎる状況だけど、最高だと思えた。

亀頭が紀子さんのアソコに押し当たると、クチュッという小さな音がした。
そして、あっという間に熱いものに包み込まれる。
さっきの指の感触で、もの凄いだろうとは想像したけど、強烈に締め付けてきて、うねって熱い・・・。

「う、あぁ」

思わず声を上げてしまった。
それは紀子さんも同じで・・・。

「んっ!あぁっ!!大きいィィ、すごぃぃ、アァァ、ッ!!」

背中を仰け反らせて、結構大きな声で喘ぐ紀子さん。

(卒業出来た・・・やっと童貞を捨てられた!)

そんな気持ちで舞い上がりそうだった。

「ちょっとぉ、なに固まってるの?は・や・く・早く動いてッ!」

振り返りながら言う紀子さん。

「あ、すみません」

そう言って、慌てて腰を動かし始める俺。
立ちバックだが意外と難しい。
AVなんかだと単純にパンパンと腰を打ちつけるだけに見えるので簡単に見えていたが、意外なほど動かしづらい。
それでも、腰を動かし始めると・・・。

「うぅあぁぅっ!ハッンッ!はっ!んっ!!凄いぃ奥までぇ、あぁっ!大きいっ!気持ち良いっ!あっ!あんんっ!!!」

紀子さんは、『大きい』とやたらと言いながら喘ぎまくっている。
自分のチンポが大きめだとは思っていたけど、特に他人と勃起状態を比べたことがあるわけではないので、そこまでデカいとも思ってはいなかった。
それが、紀子さんを夢中にさせている。
物凄く自信が湧いてきた。

結構強めに動いても大丈夫だとわかってきたら、スムーズに動けるようになってきた。
紀子さんの腰のあたりを両手でしっかりと掴んで、ガンガンと腰を強くぶつけていく。

「おおっふぅっ!!オふっぅっっ!!オおぉオオおぉオッ!うオッ!はっ!はあっっ!!それ、すごいぃぃ、奥、えぐれるぅぅっっ!!もっとっ!もっと突いてぇっ!!アひんっ!!ひぃぃっっんっ!!!」

隣の奥さんが、服も中途半端に着たまま、こんな場所で、俺のチンポで喘いでいる。
夢のようだと思った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

クンニ同好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン