新着情報

元家庭教師の女子大生に筆下ろししてもらった

この体験談は約 4 分で読めます。

大学の入学祝いに、2歳年上のお世話になった家庭教師に筆下ろししてもらいました。

高校2年の冬から大学に合格するまで約1年面倒見てもらった女子大生で、よく授業中に彼氏のノロケ話を聞いてたので、特に興味は持っていなかった。
先生は小柄で、子猫か子リスのような小動物系の感じで、俺と同じ高校生と言っても絶対バレない人w

そんな先生と再会したのが入学式が終わって2週間くらい。
もうすぐゴールデンウィークに入るかどうかで、そこそこ仲良くなった悪友とコンパなるものに参加した帰り道だった。
好みの女の子が居なかった事もあり、お持ち帰りもできず、一人で寂しく最寄り駅に行くとバイト帰りの先生とばったり。

「久しぶり」ってことで、近くのファミレスでお茶をすることになった。

すると、今の教え子(女の子)の愚痴やら、彼氏に対する不満を話し始め、「お酒飲んでないとやってられない」ということで、コンビニでお酒を買い込んで、先生の家にお邪魔することになった。
童貞の俺はワクワクして一人暮らしの女性の家に行ったわけだが、なんだか思っていたより汚い。
お酒が飲めない自分は、ひたすら酔って絡んでくる家庭教師の相手をすることにってしまった。

で、夜の12時くらいになった頃、隣の部屋から喘ぎ声が聞こえてきた。

「お隣のね、OLみたいな人が週末に男連れ込んでるの」と先生。

ここから下ネタになり、彼氏が早漏で浮気してて、しかも浮気の理由が先生がマグロ女だからと言われたとかで、「私はマグロ女じゃない」と言って俺を押し倒してきた。

「◯◯君まだ童貞だよね?私でいいよね?」

それだけ言うと、返事を聞かずに先生はキスしてきた。
隣の部屋の喘ぎ声と、普段とは違う先生。
初めての経験で緊張しまくる自分に対して、「硬くなるのはココだけでいいの」と言ってちんぽをズボン越しに触ってきた。

「授業中もこんなにしてたの?オナニーのおかずになってなのかなぁ・・私?」

やがてファスナーを下ろして、ちんぽを取り出す先生。

「やっぱり包茎なんだぁ」と無駄に傷つく言葉を発し、ちんぽにしゃぶりついた。

彼氏に相当仕込まれているらしく、竿の裏やタマまでしゃぶり尽くす先生。
気がつけば、ズボンと下着を脱がされていた。
わけが分からないまま射精感に襲われ、呆気なく発射。
先生はそれを全て飲み込んでしまった。

「初射精なぶん多い(笑)」とすごく陽気に笑う先生は、普段の姿からは想像できない程エロい。

いつものロリ的な感じじゃなくて大人の女性だった。

「私も気持ちよくしてくれなきゃヤダ。ね、マグロ君」

・・・と、普段の鬱憤を晴らすかのように俺の顔に跨がる先生。

「パンツがビショビショになるまで舐めてね」

そう言いながら、既に少し湿ってちょっと匂いのキツいパンツを俺の鼻に押し付けて、その場で腰を振り始めた。
あまりの出来事で息が出来ないことにビビった。

俺が藻掻くと、「だ~め」とか何とか言って、頭を手と股でロックされてしまった。

隣の女性に負けないくらいの勢いで喘ぐ先輩。

「またイッちゃってる。何もしてないのにオマタ舐めてるだけで射精しちゃってるんだ」

そう言われて俺は2度目の射精をしていたことに気づいた。

「ヘンタイ」と罵られたけど、少し快感な自分がいた。

射精はしたけど、硬いままらしく「それじゃ卒業式だよ~」と言って下着をずらして、そのまま騎乗位で挿入。

「あ、避妊してないや、まっいいか」と酔っぱらいの理論で笑って済ましてしまった。

でも俺は笑えない。
初体験で妊娠したらどうなるんだと焦ってしまったが、興奮ですぐに射精感が高まる。

「出ちゃいます」と言葉を発したが、「だから?」と言わんばかりに先生は俺を解放してくれない。

しばらく我慢してみたけど、結局先生の中に出してしまった。
それでも腰を振り続ける先生w
射精したことに気づいていないらしい。

そこからがちょっとした地獄で、射精後のあの痺れた感覚で先生のアソコに締め付けられて、思いっきり喘ぎながら腰を振られている。

「先生、やめて」と言うが、結局先生がイクまでそれは続いた。

「も~、出すならちゃんと言いなさいよ」とおでこを軽く叩かれたが、「もう一回エッチしようね」と一晩中先生に付き合わされた。

翌朝、「あ~あ、私も浮気しちゃった」と落ち込んでいた先生に気の利いた声をかけることは出来なかった。

それから数日後、先生から『彼氏と別れたから慰めて』とだけ書かれたメールが届いた。
どう返信したらよいか迷っていたら、いきなり先生が俺の家にやってきた。
で、しばらく母親と雑談をしてから俺の部屋に上がってきた。

「少し変わったね、参考書が少なくなった?」

そう言って、俺の方を見つめる。
さっきのメールのこともあるし、何を言えばいいか迷っていると・・・。

「いつもそうだよね、困るとフリーズしてさ。カテキョの時も、この前の時も」

先生は、「そういうのが好きなのかな?」と自分に言い聞かせるように言っていた。

そして俺は、なし崩し的にこの元家庭教師と付き合うようになったのです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいエンジェル

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン