新着情報

彼女が出来ても童貞卒業できない俺を救ってくれた女神

この体験談は約 8 分で読めます。

彼女は、「ヒロくんは肩が広いねー」「背中が大きくて格好いい」と言ってれました。
肩にチュッとキスをしてくれた時に背中に当たったタオル越しの胸の感覚が今も忘れられません。

何度かお湯を掛けてもらった後、誘われて一緒に湯船に向かい合いで入りました。
彼女はまだタオルで隠したまま。
俺も下半身はタオルで隠したまま。
家庭用の湯船は二人で入るにはもちろん狭く、彼女の脚と俺の脚は自然と絡み付く位置関係に。
しかし俺は緊張したまま微動だに出来ず、彼女の脚の体温を感じるものの押し付けることもできませんでした。

「彼女は初めての彼女?」

「そうです・・・」

「じゃ、ヒロくんは女の人のことまだ知らない?」

「はい・・・」

そんな会話を湯船に入ったまま、二人ぎこちなくした記憶があります。

「あたしも別にいつも男の人をこんな風に誘う訳じゃないんだよ(笑)。ヒロくんがちょっとタイプだったんだけど、店長に彼女がいるって聞いてたから・・・。今日はなぜかお姉さんぶっちゃったみたい・・・」

俯き加減で照れた様子で話してくれた明美さんはとても綺麗でした。
少しして恥じらいながら、「やっぱりゴムとかは持ってないよね?」と聞かれ、もちろん持っている訳などないので「はい」と答え、しばらく頭をフル回転させてから、気丈にも童貞の自分は「そのままじゃ迷惑かけちゃうから帰ります!」と返事をしました。

彼女は少し悩んだ様子しながらも、「ううん。今日はヒロくんの記念日なんだからダメだよぉー」と言ってくれました。

それを聞いて嬉しいながらも、(やべ!出来たらどうするんだろう?)なんて考えてると、いきなり俺の脚のあたりを明美さんが触れてきました。
明美さんは、タオルの下に隠した俺の竿の根元をさわさわと触り始めました。
俺はどうしていいか分からず明美さんの腕を押さえました。
でも初めて他人に触ってもらう気持ちよさには勝てず、腕を押し返せる訳でもなく、ただただ明美さんを引き寄せて、でも自分から口づけをする勇気もなく、明美さんの首の辺りに自分の唇を押し付けていただけでした。

程なくして自分は明美さんの手の中に出してしまいました。
だけども明美さんの手は離れず・・・。

「こうしておけば長持ちするだろうから失敗しないでしょ♪」と耳元で優しく言われ、なおも明美さんの手は動いておりました。

間を空ける事なく2回目も明美さんの手の中に・・・。

それから二人で湯船を上がって、それぞれ俯きながらシャワーで体を流しました。
そのとき初めて明美さんのすべてを見ました。
胸は年下の彼女よりは小振りでしたが、C~Dくらいはあり、乳首はとても小さく綺麗でした。
赤くなった顔に比べ、首から下の肌はとても白く、一瞬だけ見えた初めて見るゼブラゾーンに何とも言えない恥ずかしさを覚えました。

バスタオルを彼女から手渡され、体を拭いてから、もう一度全ての服を身に着けました。
俺の背中側で体を拭いていた彼女は、薄いブルーのパジャマを身に着けておりました。

向かい合ってタオルを返した時、初めて意を決して自分から彼女の肩を引き寄せて口づけをしました。
彼女は俺の口くらいの身長で、口づけをした時、彼女がちょっと背伸びするのが分かりました。
俺は逆に膝を曲げて彼女と同じ高さになるようにしました。
彼女は腕を俺の背中に回していましたが、既にギンギンになった下半身が彼女に当たってしまうことが恥ずかしく腰は引いていたと思います。

彼女の舌が俺の口の中に入ってきた時、俺は驚いて顔を離してしまいました。
今まで俺は年下の彼女ともチュッとするキスしかしたことがなく、初めての感覚にびっくりしたんです。
そのまま彼女と手を繋いだまま、彼女の部屋に戻りました。
戻る時、二人横に並んだままだと廊下が狭く歩きにくかったことを意味もなく覚えています。

彼女の部屋に入ると、彼女が電気を暗くしてから自然に彼女のベッドに横になりました。
今度は貪るようにディープキスをしながら彼女の胸を服の上から触りました。
キスをしながら、やっとの思いで彼女のパジャマのボタンを全て外すと、暗い中に彼女の白い胸が浮かび上がりました。
彼女の肌が色白のせいか、白と言うよりも青白く見えたことが印象的です。

そして今度は口で乳首を吸い始めました。
しばらくして俺の服のボタンが彼女の肌に当たって痛いとのことで、一旦ベッドに腰掛けて、明美さんに背中を向けながら服を脱ぎました。
そのとき彼女から、「全部着ることなかったのに」と優しい声が聞こえました。

パンツだけになってから改めて振り向くと、さっきまでベッドの上にいた彼女がベッドの中に潜り込んで、頭だけをちょこんと布団から出して向こうを向いていました。
彼女の背中側に潜り込むと、彼女は既にパジャマは脱いでおり、ブラジャーは身に着けていませんでした。
後ろから彼女の胸に手を回して触ると、さっきまで仰向けの状態より更に大きさと柔らかさが感じられて興奮してしまいました。
乳首を執拗に指で触っていると、明美さんの口から出る声も少しずつリズミカルになっていき、胸を触る指先に余計に力が入りました。
しばらくすると「痛い・・・」と声が聞こえ、明美さんが顔だけ振り向いてキスをしました。

そして右手で俺の右手首を掴むと、明美さんは自分のアソコに手を引き寄せました。
下はまだパジャマのままで、手はパジャマな中には入れたものの、直接アソコを触る勇気はなく、下着の上から手のひらで撫でておりました。
下への刺激はどうして良いか全く分からず、左手を明美さんの下から胸に回して左胸を責め始めました。
彼女は横向きから仰向けになり、「気持ち良いよ」と言いながら左腕で俺を呼び寄せ、口づけをしました。
腕に彼女の体重を感じながらも今度は優しく乳首を愛撫すると、時おり口づけが止まり、彼女の甘い吐息が漏れました。

右手は相変わらず下着の上から触るだけでしたが、彼女の右手が俺の右手首を軽く押さえており、気持ちの良い場所を触ると彼女の手がビクンと一瞬強く握り締めてくれるので、その反応を見ながら良さそうな場所を探すことが出来ました。
しばらくすると下着が湿っていることがハッキリ理解出来るようになり、指先で入り口の辺りを上下に摩ることが正しいと分かりました。
焦らすつもりではなかったのですが、太腿も触り心地が良いため、たまにそちらへ触りに行くのですが、すぐに明美さんの右手に呼び戻されてしまいます。
何度かそれを繰り返すうちに、彼女の右手が俺の右手を下着の中に入れることを促しました。

初めて触る女性の大切な場所はとても熱く、ヌラヌラとしていました。
こんなに濡れることなど想像すらしておらず、とても驚きましたが、濡れた陰毛を掻き分けて触ったアソコはとても感動的でした。

初めての時は場所が分かりづらいと言いますが、指が自然に明美さんの体の中に吸い込まれて行った感触で、中を指で優しく触ると明美さんの息が激しくなり、そして俺の右腕を押さえる力が強くなっていきました。
もっと激しく触ろうとしたのですが、彼女の下着とパジャマのズボンが邪魔になって大きく脚を広げることが出来ないことを理解したので、一度全ての愛撫をやめて彼女の服を優しく脱がしました。
その時、息を上げながらも彼女が腰を浮かして下着を脱がすことに協力してくれたことが、なぜか自分の行為に自信が持てた気がして嬉しかったです。

俺の右手は彼女の愛液でびしょびしょに濡れており、どんなものかと思ってそっと匂いを嗅いでみましたが無臭だったことに関心しました。
どうして良いか分からず、自分の身につけていたパンツでそっと拭ってから、もう一度明美さんに覆いかぶさりました。
彼女はそっと両腕を俺の背中に回してキスをしてから、「上手じゃない。私、感じちゃった・・・恥ずかしい・・・」と言ってくれました。

俺はキスをやめて体を少し起こして、一糸纏わぬ明美さんの体をまじまじと見下ろしました。
すると恥ずかしそうにアソコと胸を両腕で隠しながら体を縮めて向こうを向いてしまいました。
そして小声で、「私だけじゃ恥ずかしいからヒロくんも脱いで」と言いました。

俺も思い切ってパンツを脱いだものの、いきり立ったままの自分をどうして良いか分からず、また明美さんの背中に張り付いて布団を掛けました。
今度は明美さんがゴソゴソと布団に潜って行きます。
一度、俺の胸の上から顔を出して、「お礼するね♪」と言ってまた潜って行きました。
既に2回出していますが、触られればすぐにでもイッてしまいそうなくらい切羽詰まっております。

(また出たらどうしよう)と思ったのも束の間、彼女の息がアレの先端に掛かった気がしました。

暖かく濡れたもので包まれたのです!
そして袋は手で触られております!
もう気持ち良さと恥ずかしさが交差して頭の中は真っ白になりました。
恥ずかしくてやめて欲しい!
でも、もっとして欲しい!
恥ずかしくて膝を閉じようとするのですが、彼女の体で入ってきて優しく脚を広げられてしまいます。
とても我慢出来ず、ガバッと跳ね起きて彼女を強く抱き締めて震えてしまいました。

「嫌だった?」と聞かれ、「ううん」と首を振る俺。

「我慢出来なくなっちゃって・・・」と告白すると、「そうだね♪」と優しく微笑んでくれました。

俺は彼女を抱き締めたまま、優しく横に寝かせて覆いかぶさりました。
一瞬だけ、さっきまで自分のモノを口にした彼女の唇にキスすることを躊躇いましたが、優しくキスをしながらもう一度小さくて綺麗な乳首を味わうために下におりて行きました。
彼女のアソコに再び手をやるとまだ熱く濡れており、彼女もビクンと動きました。

そして遂に彼女のアソコに自分のモノを合わせ、入れることを試みました。
その位置に来ると、身長差のせいで彼女の頭は俺の顎の下辺りに来ます。
先程指を入れた時は吸い込まれるように入ったので自信はあったのですが、やはり手探りだと分かりません。
すると彼女の左手が伸びて来て、俺のをそっと包み込むように触りました。
そして彼女の手に導かれるように、まるで既に何度も経験していたことのように彼女の中に吸い込まれていきました。
何をしていいか分からず、あとお風呂で触られて時、「大きい!」と言われていたので、痛くないか心配して動くことが出来ませんでした。

すると彼女が俺の下で小さく吐息を漏らしながら、腰をモジモジし始めました。

心配して「痛い?」と聞きましたが明美は歯を食い縛りながら、「違う」と小さく言います。

しかしまた窮屈そうにモジモジと腰を動かして、「はっ!」と言います。

もう一度「痛い?」と言うと、「違う!」と悲鳴のような声。

俺は驚きました。
すると明美は、「ゴメン・・・気持ち良いの・・・動いていいのよ」と両手で顔を隠しながら言いました。

「でも中でイカないように注意してね」とかすれた声で言われました。

言われて初めて“腰を動かす”ということを理解して、そして行動に移しました。
明美は俺の下で何度も悲鳴のような声を出し、たまに唇を求める仕草をするので、その度に俺は背中を屈めて明美の要求に答えました。
しかし明美の中に入って動くと、想像していたより気持ち良くはなく、ただ暖かいだけだと思いました。
自分で手でする時ほど気持ち良くはなく、お風呂で手で触られた時や口でされた時の方が何倍も気持ち良いと考えながら、それでも彼女が明らかに気持ち良がっていることが嬉しくて必死に動きました。
しばらくすると明美がぐったりしたので、これが女性のイクことなんだと理解し、自分の動きを止めました。

明美は俺の左手にしがみついて息を整えておりましたが、しばらくすると寝息に変わりました。
俺はイカないまま萎えた自分のアソコを恨みながら、明美の首筋にキスをし、手で胸やアソコを触っておりました。
明美のアソコはビショビショのままで、自分の股間も触ってみるとビショビショでした。

30分くらいした頃でしょうか?
なおも彼女の体を触っていると、彼女が突然くるりとこちらを向いて長いキスをしてきました。
そして、「イッちゃったよぉ」と甘えた声で言いました。

明美は、「でも、ヒロくんはイッてないでしょ?ごめんね♪」と言いながら俺の股間を触って来ました。

「あたしが濡れ過ぎるから男の人は気持ち良くないみたいなの」と言われて、頭の中では「そうか!」と思いながらも、「気持ち良かったですよ」と変に丁寧語で答えました。

「上手だったよ。もう一度しよ♪」

この一言でまたずんずんと彼女を責め始めました。
すると慣れたせいか今度は非常に気持ちが良く、数分で限界を迎え、必死に彼女の体から引き抜きました。
でも半分位は彼女の中に出してしまった気がします。

その後、彼女と寝てしまったのですが、彼女の「ごめん!そろそろ両親が帰る時間!」と言う声で慌ただしく服を着て家を飛び出しました。
自転車で帰る途中、路地の暗がりで思い出しオナニーして家に着きましたが、その日は朝まで眠れませんでした。

その後、彼女とはバイト先で何度も顔を合わせたのですが、年下の彼女も一緒だったため、ほとんど話すこともできず、彼女がいなくなる年末を迎えてしまいました。
一度だけ、倉庫ですれ違う時に無言で抱き締め合ってキスをしたことが熱い記憶に残っています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン