新着情報

極太ディルドをゴミに出していたお隣の巨乳奥さん

この体験談は約 9 分で読めます。

今年の夏、僕は童貞を卒業することが出来た。
高2になって、友達の中でも童貞を卒業するヤツがチラホラ出てきた。
そんな中、キスはおろかデートすらしたことがない僕は、少し焦っていた。

(彼女もいないし、このままではみんなに取り残されてしまう・・・)

そんな風に思っていた。
それが今年の夏、一気に全て経験出来た。
相手は、僕の住んでるマンションの隣の部屋のかおりさんだった。

かおりさんは小学生の娘のいる母親で、隣同士という事もあって挨拶や多少の世間話はする仲だった。
僕は、たまにかおりさんと顔を合わせると内心テンションが上がっていた。
かおりさんは取り立てて美人というわけでも可愛らしいというわけでもなく、地味な印象だ。
しかし、ブスではない。
でも、そんな事がどうでもよくなるくらいの強烈な巨乳さんだった。
ボーダーのシャツや、チェックのシャツなんかを着ると、胸のところの模様が面白いくらいに歪んでしまうほどだった。

そんなかおりさんと話をするのは童貞の僕には最高の楽しみだった。
かおりさんは、出かけたりする時なんかは清楚な人妻さんといった感じの格好だけど、普段家にいる時は結構ずぼらな格好をしたりする。
なので、ゴミ捨てとかでちょっとロビーまで行く時なんかは、よれよれのTシャツ姿だったりする。

そんなかおりさんと出くわすと、その日の夜は狂ったようにオナニーをする事になる。
かおりさんはノーブラだったりするからだ。
着古して生地の薄くなったTシャツには、結構ハッキリと乳首が浮いてしまっていたりする。
その上、僕とは結構な身長差があるので、よれて伸びた胸元から強烈に胸チラが見えたりする。

「あら、こんにちは。今日は早いのね。部活とかしてないんだっけ?」

学校が半日で終わった日、1階のロビーでかおりさんに出くわした。
ポストを見に来たみたいで、郵便物を手に持ったかおりさんが笑顔で挨拶をしてきてくれた。
かおりさんは、相変わらずのよれよれのTシャツを着て、デニムの短パンを穿いていた。
ホットパンツという洒落た感じではなく、ケミカルウォッシュでタックまで入っているようなヤツで、恐ろしくダサい感じだった。
でも、やっぱり乳首が浮いていて、僕はいきなり中腰になってしまった。

「あれ?腰痛いの?そっか、だから早く帰ってきたんだね」

勃起を隠そうと中腰になった僕に、そんな言葉をかけてくるかおりさん。
ちょっと天然なところも僕は好きだ。

「平気です!ちょっと寝違えたみたいで」

僕は顔を赤くしながら言い訳する。

「あらあらwヒロ君って、意外とドジなのねw」

かおりさんはそんな事を言うけど、かおりさんも結構そそっかしいと思う。
エレベーターの中でも、僕はチラチラと浮いた乳首を見続けていた。
でも、かおりさんは僕が見ている事にも気がつかないように世間話を続ける。
僕はすでにオナニーをしたくて仕方なかった。

「じゃあ、またね~」

笑顔で手を振るかおりさん。
今さら彼女がファスナー全開な事に気がついた。
やっぱり、かおりさんの方がドジだなぁと思いながら、チラッと見えたパンツにたまらない気持ちになった。
その後、部屋に入った僕は、立て続けに2回オナニーをしたw

そんなある日、1階のゴミ捨て場のところにいるかおりさんを見かけた。
声をかけようとしたけど、いつもと違ってキョロキョロと周りを窺っている感じで、コソコソと小さなゴミ袋を捨てているのが見えた。
僕は、とっさに隠れた。
好奇心が刺激されたからだ。

(もしかして着古した下着でも捨てたのかな?)

エロい期待をしながら、かおりさんが居なくなるのを待った。

そして、かおりさんがエレベーターの方に消えたのを確認して、僕はかおりさんが捨てたゴミ袋を拾った。
それは見た目と違ってちょっと重量感があった。
そのまま部屋に持って行こうとしたけど、持っているところを見られてもヤバいし、エレベーターの中にはカメラもある。
僕は仕方なくかおりさんのゴミ袋を持ったまま、近くの公園に行った。
そして公園のトイレに入ると、期待に股間を膨らませながらゴミ袋を開け始めた。

その中には新聞でグルグル巻きにされたものが入っていた。
僕はそれをほどいていく。
すると今度は何枚ものタオルでグルグル巻きにされている。

(なんだろう?もしかして、何かヤバいもの?)

違う意味でドキドキしていた。
やっとタオルを外すと、最後は黒いビニール袋だった。
中を見ると、そこにはバイブが入っていた。
エッ?と思いながら、それを掴み取り出すと、凄くリアルなバイブだった。
後で知ったことだけど、それは電動の部分がない、張り型とかディルドとか呼ばれるタイプのバイブだそうだ。

僕はかおりさんがこんな物を持っていた事に驚いたが、それと同じくらい、このディルドの大きさに驚いた。
指が回りきらないくらいの太さと、20cmはあるような長さ。
よく見るとかなり使い込んでいる感じで、根元の吸盤が破れて取れかかっていた。

僕は、取り立てて優れたところはないのだけど、チンポだけはデカいと言われる。
友達なんかと比べても、倍くらいデカい。
なので、『ブラザー』とか『馬』とかいうあだ名を付けられてきた。
僕にとっては、チンポがデカいのはコンプレックスでしかない。
そしてこのディルドは、僕のモノよりも少し大きいみたいだ。

僕は思わず匂いを嗅いでしまった。
これがかおりさんのアソコに入っていたと思うと、たまらなく興奮してしまった。
匂いは残念ながら全くしなかったが、目の近くまで持ってきてよく見てみると、所々痛んでいて、本当に良く使い込まれた品だとわかる。

僕は、それを咥え込んでいるかおりさんを想像してオナニーをしてしまった。
あの地味な見た目のかおりさんが、こんな凶悪なモノでオナニーをしている姿・・・。
たまらない気持ちで呆気なく射精してしまった。

冷静になった僕は、(もしかして旦那さんが使っているのかな?)とも思い始めていた。
かおりさんの旦那さんは、見るからに草食系で、大人しくて優しそうな感じだ。
セックスをする姿が全く想像出来ない。
娘がいるので当然セックスはしたのだろうけど、イメージが本当にない。
まして、こんな極悪なディルドを使ってかおりさんを責めるっていうことは、ないと思う。

僕は、かおりさんの秘密を知ってしまった気持ちになり、よりオナニーの回数が増えた。
このディルドを自室に隠し、オナニーの度に取り出してオカズにした。
でも、そんな事を繰り返しているうちに、よからぬ事を考えるようになっていった。
そして僕は、それを実行に移してしまった。

平日の学校が休みの時、僕はあのディルドを黒いビニール袋に入れた状態で、かおりさんの家を訪ねた。
かおりさんしかいないのはわかっていたので凄くドキドキしていた。
僕に実行するだけの勇気があるだろうか?
そんな事を思いながら、ドアをノックした。

「あれ?ヒロ君?どうしたの?」

かおりさんは無警戒にドアを開けると、僕を見て言った。
かおりさんは、いつものTシャツにエプロンをしていた。
たぶん、夕ご飯の下ごしらえか何かをしていたのだと思う。
不思議そうな顔で僕を見ながら、それでも微笑んでいるかおりさん。
僕は緊張で倒れそうになりながらも、「これ、落ちてました」と言いながら黒いビニール袋を差し出した。
すると、一瞬理解出来ないような顔をしたかおりさんだったけど、急にハッと気がついた顔になり、慌てて僕の手からその袋を奪い取った。

「な、なんで、こんな・・・。ち、違うの!違うのよ!」

パニックになって慌てるかおりさん。
僕はもう行くしかないと思い、思い切って言った。

「黙ってて欲しければ、言う通りにして下さい」

声が裏返ってしまいながらも、そう言いきった。

「なっ・・・何を・・・」

パニックで言葉が出てこないかおりさん。

「こんなの使ってるって、ご主人知ってるんですか?ミクちゃんも驚くんじゃないですか?」

不安で泣きそうな顔のかおりさんに続けて言った。

「・・・そんなの、ダメ・・・。言わないで・・・」

かおりさんは、泣きそうな顔で言う。

「内緒にしますから」

僕はそう言った後、思い切ってかおりさんに抱きついた。

「きゃっ!ダ、ダメっ!ヒロ君落ち着いて!」

かおりさんは恐怖を感じているような様子だったが、僕はかまわずに憧れていたその巨乳を揉んだ。
エプロンの上からでも柔らかくてデカいのがよくわかる。
そして、またノーブラだった。

「絶対言いませんから!一回だけでいいんです!」

僕は必死だった。
でも、かおりさんも必死で僕を押しのけようとする。

「本当にダメ!こんな事しちゃ、ダメよ!やめて!今ならまだ・・・」

かおりさんは本当にビックリしているようだった。
でも僕も今さら引き返せない。

「あんな大きなバイブ使ってるんでしょ!ご主人のじゃ満足出来てないんでしょ!」

僕はそう言いながらTシャツの中に手を突っ込み、直接かおりさんの胸を揉んだ。
初めて揉む女性の胸は想像以上に柔らかくて、僕は天にも昇る気分だった。

「や、やめなさい!今ならご両親には言わないから!」

かおりさんは必死で僕から逃れようとする。
でも男の力に勝てるわけもなく、僕はそのデカくて柔らかい胸を揉み続けた。
僕は少しだけ冷静になっていた。
かおりさんは絶叫しているわけでもないし、死にものぐるいで殴りかかってきたりしているわけでもない。
たぶん本気の抵抗をしていない。
丸く収めようと思っているのだと思う。
チャンスだと思った。
行けるんじゃないかと思った。

僕は思い切ってかおりさんの乳首を摘んだ。
それは、硬くなっているような気がしたけど、通常時を知らないので比較は出来なかった。

「んっ!!ダメぇっ!そんな所触っちゃダメぇっ!お願い、やめてぇっ!」

かおりさんはそんな風に言うが、やっぱり叫んだりしない。
僕は思い切って違う作戦に出た。
一旦かおりさんを解放すると、少し離れた。

「ヒロ君、ありがとう・・・」

かおりさんは解放されてお礼を言ってきた。
でも僕は黙ってズボンを脱ぎ始めた。

「な、何してるの!ダメよ、穿きなさい!」

かおりさんはビックリした顔で僕に言う。
でも僕は一気にパンツまで脱いでチンポを曝け出した。

「きゃっ!なっ、なにを!・・・」

かおりさんは軽く悲鳴を上げた後、黙り込んでしまった。
そして僕のチンポをじっと見ているのがわかる。

「僕、ちんちんがデカ過ぎて、ずっといじめられてきたんです・・・。こんなの、気持ち悪いですよね?いっそ切って、ニューハーフになった方がいいのかな・・・」

泣きそうな顔でそう言ってみた。
もちろん同情を買うための演技だ。

「ダメよ、そんなの・・・。気持ち悪くなんか無いわよ。もっと、自信持って!」

かおりさんは、さっきまでレイプされかかっていたのも忘れたのか、そんな風に励ましてくれる。
本当に人が良すぎるというか天然というか、笑ってしまいそうだった。

「でも・・・。きっとこんなんじゃ、彼女も出来ないし・・・。エッチも一生出来ないんだ・・・」

僕は、さらに落ち込んだように言う。

「そんな事ないわよ!素敵だと思うわ。きっと彼女だって、すぐに出来るわよ!」

まだ慰めてくれるかおりさん。

「だって、気持ち悪いでしょ?それに、友達のと比べると、僕の異常に硬いんです。病気なのかな?」

「えっ?か、硬いのは良いことなんじゃないの?」

「でも・・・。こんなに硬いなんて、異常だと思います。絶対に病気だと思う・・・」

「大丈夫よ。別にどこもおかしくないわよ!」

「なんでわかるんですか?触ってもないのに適当な事言わないで下さい!」

僕は、ちょっと強めの言葉で言った。

「ゴ、ゴメン・・・。じゃあ、ちょっと触らせて・・・」

そんな事を言うかおりさん。
あまりにも思った通りになって逆に腰が引けてしまった。
かおりさんは、おずおずという感じで僕のチンポを握ってきた。
さっきまではレイプしてでもやってしまおうと思っていたのに、この展開に自分でも驚いた。
かおりさんは僕のチンポを握る。
あのディルドでもそうだったと思うけど、指が回りきっていない。

「ホントだ・・・。凄く硬い・・・」

かおりさんは驚いたような顔で言う。

「やっぱり病気なんだ・・・」

大袈裟に悲しそうな顔で言う。

「そんな事ないわよ!これくらいならパパのだって・・・」

かおりさんは言いかけて口ごもる。

「やっぱり違うんですか?」

「それは・・・。違うけど・・・。でも個人差あるでしょ?」

「そんなのわかんないです。やっぱりご主人のと比べて、僕のは変なんですね・・・」

「変じゃないわよ!確かにパパのより、ずっと大きいし硬いけど、変じゃないわよ!」

「でも、こんな硬かったら女の子も痛いですよね?嫌がりますよね?」

僕は涙声で言う。
演技をしているうちに僕もノッてきてしまった感じだ。

「大丈夫よ、だって、これはもっと硬いもの!」

かおりさんは、いつの間にか床に落とした袋の中からディルドを取り出して言う。

「でも・・・。こんなの入らないですよね?痛いですよね?」

「そんな事ないわ!ちゃんと入るし、気持ちいい・・・」

かおりさんは言いかけて、ハッと気がついたような顔になり、顔を真っ赤にして黙ってしまった。

「本当ですか?こんなカチカチで大きいの、入るんですか?信じられないです・・・」

「だ、大丈夫よ。本当に大丈夫だから」

「慰めようと思ってウソついてるんですよね?だって、こんなの入るわけないですもん」

「ウソじゃないわよ!だって、出産だってするのよ。これくらい平気で入るわよ」

かおりさんは必死で言う。
でも、なんでこんなに必死なのだろう?と不思議に思う。
人が良いにもほどがある気がする。

「じゃあ、見せて下さい!」

「エッ!?見せるって、入れるところを?ダメよ!そんなの無理に決まってるわ!」

かおりさんは耳まで真っ赤にして言う。

「そうですよね・・・。じゃあ、もういいです。ごめんなさい・・・。ありがとうございました」

僕は泣きそうな顔でそう言うと、玄関のドアを開ける真似をした。

「わ、わかったから!本当に大丈夫だから!」

かおりさんは、そんな事を言ってくれた。
だんだん僕にも、かおりさんのコントロールの仕方がわかってきた。

「ありがとうございます!じゃあ見せて下さい!」

僕はそんな風に言うと、勝手に家に上がり込んでいった。

「ちょ、ダ、ダメ、こっちで・・・」

勝手にリビングに入っていく僕に慌ててかおりさんが言う。
そして、そのまま寝室に連れて行かれた。
ここでかおりさんがご主人とセックスをしたり、あのディルドでオナニーをしているのかと思うと、呼吸が荒くなるのを止められなかった。

「じゃあ、そこで座って見てて・・・」

かおりさんはそんな風に言うと、エプロンを外し始めた。
そして思い切り良く短パンも脱ぎ、パンツとTシャツだけになった。
かおりさんが穿いているパンツは、ランジェリーという感じではなく、本当にパンツという感じの色気のないものだったけど、こんな風に女性の下着姿を見られて、僕は最高の気持ちだった。

かおりさんは、そのままパンツも脱ぎ始めた。
薄いヘアが丸見えになり、アソコのビラビラがわずかに確認出来る。
僕のドキドキは、MAXだった。

「ヒロ君、ちょっとだけ目を閉じてて・・・」

かおりさんは、まだ迷っている感じはあったけど、そう言ってきた。
僕は返事をして目を閉じた。
しばらくドキドキしながら待っていると、「ン・・・。ふぅ・・・。いいわよ、目を開けて・・・」と、吐息混じりのかおりさんの声がした。
僕は、すぐに目を開けた。
すると、かおりさんはベッドの上で仰向けで寝転がり、上体を少し持ち上げているけど、顔は俯いている。

そしてその視線の先には、あの凶悪なディルドを飲み込むアソコがあった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟専

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン