新着情報

見てるだけで痛いほど勃起した高1の従姉の一人エッチ

この体験談は約 7 分で読めます。

学生時代の頃、夏休みになると母方の実家に行くのが家族の習慣でした。
友人たちは皆、海外旅行や色んな所に旅行に行ってる話を夏休みの度に聞くので、羨ましく思った時期もありました。
なんせ母の実家は凄くド田舎で、周りには自然しかありません。
小学校の時は凄く楽しかったんですけど、さすがに中学生にもなると豊かな自然だけでは満足できません。

そんな中学時代の唯一の楽しみは、憧れの従姉のM姉ちゃん。
M姉ちゃんはいつも髪を肩ぐらいで切り揃えていて、ちょっと切れ長な感じの目の、きれいな人です。
怒るとめちゃくちゃ怖く見えるけど、小さい頃から俺のことを可愛がってくれて、俺は大好きでした。

M姉ちゃんが高1で俺が中1の夏でした。
それまでは毎年、お盆の何日か前に両親と一緒に伯父さんの家に行って、お盆が終わると父が帰り、俺と母はさらに一週間くらい泊まっていました。
しかしその夏は中学生になったということもあり、夏休みが始まるとすぐに俺は一人で伯父さんの家に行きました。
田舎の方の友達と遊べるのが楽しみでしたし、何よりM姉ちゃんに早く会いたいと思っていました。

最寄りの駅(それでも伯父さんの家から車で40分はかかる)で、伯父さんと一緒に迎えに来てくれたM姉ちゃんが、「Yちゃん、よく来たね。待ってたよ~」と笑いながら言ってくれた時、俺はなんとも言えず嬉しく感じました。
M姉ちゃんは白のTシャツとキュロット姿で、相変わらず細い体でした。
でもTシャツの張りを見ると、冬休みにあった時に比べて胸がちょっと出てるような気がして、俺はドキッとしてしまいました。

伯父さんの家は農家だったので、俺は毎日、午前中は伯父さんを手伝って午後に田舎の友達と遊んだり、M姉ちゃんと一緒に学校の開放プールに行ったりしました。
いつも晩ごはんの前にM姉ちゃんと飼い犬のペスの散歩に行って、近くの田んぼ道とかを歩きながら色んな話をしたのですが、その時間が俺は一番好きでした。

ある日、友達と少し山の中に入った川で、魚を獲ったり泳ぎまくったりして、6時過ぎくらいに家に帰りました。
「ただいま」と言ったけれど、ただ家の周りの木々の蝉の声がうるさく聞こえてくるだけで、家の中から返事はありませんでした。
一瞬(あれ?)と思いましたが、伯父と伯母は盆踊りについての寄り合いがあるとかで、その晩は遅くなると言っていたことを思い出しました。

M姉ちゃんも出掛けているのかなと思って、M姉ちゃんが帰るのを待って、作り置きのごはんを食べようと思ったのですが、川で泳ぎまくったせいか、体がだるいというか眠くなってきたので少し寝ることにしました。
それで、いつも自分が寝ている畳の部屋に行ったら、部屋に入った時、蝉の声にまぎれて隣のM姉ちゃんの部屋から何か音だか声だかが聞こえたような気がしたんです。

(あれ、M姉ちゃんいるのかな?)

そう思って俺の寝ている部屋とM姉ちゃんの部屋を隔てていた襖の方に近づくと、左右の襖の3センチぐらいの隙間から、すごい光景が目に飛び込んできました。
M姉ちゃんの部屋は南西の角にあったので、まだ少し残っていた西日が差し込んでいたんですが、その中でM姉ちゃんが自分のアソコに手を当てて動かしていたんです。

M姉ちゃんは上は白いTシャツで下は水色の短めのスカートを穿いていて、パンツは膝の少し下まで下げて、体育座りみたいな格好でアソコに手を当てていました。
俺は横からその姿を見ていたので、M姉ちゃんのオマンコは見れなかったけれど、M姉ちゃんが何をしているのかすぐに分かって、めちゃめちゃ興奮しました。
俺はその頃すでにオナニーをしていて、一応の性の知識もあったんです。
でも大好きで憧れだったM姉ちゃんがオナニーをするなんてなんだか信じられなくて、とにかく驚いて興奮しました。

M姉ちゃんは足をもじもじ擦り合わせながら、おまんこに当てた右手を擦る感じで動かしていて、たまに「んっ」と声を出していました。
そのうち湿った感じのクチュチュという音がしてきて、今度はM姉ちゃんは両手でオマンコを弄り始めました。
さらに湿った音が大きく聞こえてきて、M姉ちゃんは足を開いたり閉じたりしながらすごく息を荒くしていました。
足を開いている時に、M姉ちゃんが指の先っぽをオマンコに出し入れしているのが見えました。

M姉ちゃんはしばらく両手で弄り続けた後、のろのろと立ち上がりました。
俺は見ているのがばれたのかと思って、どうしようかと焦りました。
でもM姉ちゃんは襖を開けることはなく、膝の辺りにあったパンツを足から抜き去ると、今度は片足を勉強机の脚に、もう片足を置物の棚に引っ掛けて、両足を大きく広げて座り、またオマンコに手を持っていきました。

今度は足を開いたぶん、オマンコがよく見えました。
M姉ちゃんは薄めの陰毛を掻き分けて、クリトリスの辺りを左手で擦りながら、右手の人差し指をさっきより少し深く抜き挿ししていました。
薄い陰毛とか、少し赤いオマンコの肉とか、オマンコの下の畳とかがM姉ちゃんのオマンコから出る液でヌラヌラ光っていて、M姉ちゃんは自分の手に液が飛び散っているのも気にしないで、さらに激しく“くちゅ、ぐちゅ、ちゅぷ”っと音を立てながら手を動かしていました。
もう“ヌッチャ、クッチャ”という音がはっきりと聞こえて、M姉ちゃんも目を閉じたままずっと、「んっ、んっ」と鼻から出すように声をあげていました。

そのうちM姉ちゃんはごろんと畳に寝っ転がり、やっぱり足を開いたり閉じたりして、背中を反らせて手にオマンコを押し付けるようにしながら、「ぅんっ、ぁうっ」と大きな声を出し始めました。
クリトリスの周りを円を描くように擦ったり、オマンコに指の先を入れてこねくり回したりしていて、ベチョベチョに濡れたピンク色の温かそうなマンコのお肉が見えていました。

エロ本で読んでいたのよりずっとすごくて、俺はもう食い入るように見ていたのですが、その時、ふと目を開けたM姉ちゃんと、なんと目が合ってしまったんです。
M姉ちゃんは手の動きが止まり、少しバランスを崩しながらもパンツを穿きながら、慌てて立ち上がりました。

俺は、(どうしよう、逃げなきゃ)と思ったのですが、その時にはもう襖が開いて、M姉ちゃんに手を掴まれていました。
M姉ちゃんはすごい剣幕で、「見たの?」と訊いてきました。
俺はM姉ちゃんに怒られるのが怖くて、「ごめん」と言いました。
M姉ちゃんはしばらく無言で俺を見つめていて、俺は何を言われるかビクビクしていましたが、「この事を誰にも言わなければ許してあげる」と言われて一も二も無く頷きました。

安心した俺は、M姉ちゃんのオナニーを見て、いつもよりずっと硬く勃起した自分のチンポが、元に戻っていないことに気づきました。
M姉ちゃんにばれたらきっと怒られると思い、M姉ちゃんの視界に自分の股間が入らないように体を動かしたけれど、不自然だったのかM姉ちゃんにすぐにばれてしまいました。

M姉「あ、Yちゃんそれ、やだ~」

俺「ごめんM姉ちゃん・・・」

本当にM姉ちゃんに嫌われるのが嫌で、とにかく謝り通しでした。
M姉ちゃんは笑って言いました。

M姉「別に謝らなくてもいいよ。Yちゃんこういうの経験あるの?」

俺「え?」

M姉「男の子もするんでしょう?」

俺「したことはあるけど・・・」

M姉ちゃんは恐る恐るという感じで、俺のチンポを短パンの上から触り始めました。

M姉「じゃあ、Yちゃんが男の子のするところを見せてくれたら、ホントに許してあげる。私のしてるとこ見たんだし、あいこになるよね」

俺はさすがに恥ずかしくて、「えーっ」とか「他じゃだめ?」と言ったけれど、結局M姉ちゃんには敵わなくて、さっきまでM姉ちゃんがオナニーしていた畳の上にあぐらをかいて、いつもやっていたようにチンポをしごいてオナニーを始めることになりました。
M姉ちゃんは勉強机の椅子に座って、俺がオナニーするのをじっと見てました。
最初のうちは見られているのに抵抗があったけれど、直前に見たM姉ちゃんのオマンコとかを思い出しながらしごいていたらすぐに気持ちよくなって、ほんの数秒でびゅっと出してしまいました。

M姉「え、もう終わり?男の子って、女の子がするより短いんだ」

俺「いや、いつもはもっと長いんだけど今日は」

M姉「もう少し見たいな。ね、もう一回できる?」

M姉ちゃんは見られる時間が短いから不公平だといって、俺にもう一度するようにと言いました。
俺は恥ずかしかったけど、でも今まで無いほどに気持ちいいオナニーだったので、嫌がっているふりをしながら従いました。

また、つい先ほど見たM姉ちゃんのオナニー姿を思い浮かべてチンポをしごき始めました。
今度はさっきみたいにすぐに出ないで、1、2分くらいは皮を剥いたり被せたりという感じで擦っていました。
目の前に座っているM姉ちゃんを見るのは恥ずかしかったので、目を閉じながらしていたのですが、そのうち前の方からごそごそと動く気配がしてがして、“ニチュッ、プチュッ”と音が聞こえてきました。

俺はすぐさま目を開けました。
目の前には、椅子に座ったままでパンツをずり下げて、おまんこを開いて指を抜き挿ししているM姉ちゃんの姿がありました。
先ほどの続きなのか、指の先でひたすらこねくり回していて、さっき見えた赤ピンクのお肉が目の前で透明の液にまみれていました。
本当に柔らかそうで、湯気でも出そうなきれいなオマンコからは、M姉ちゃんの指が触れるたびに液が溢れ、M姉ちゃんは体をビクンとさせて目をぎゅっと閉じていました。
顔が真っ赤ですごく可愛かったです。

M姉「見せっこしながらしよう。二人とも見れば、秘密にできるでしょ」

そうM姉ちゃんは言いましたが、俺はもう目の前にある憧れの人のオマンコに我慢できませんでした。
M姉ちゃんは「あっ」と声を出したけれど、特に嫌がる風でもなく、俺がオマンコを舐めると今まで以上に大きな声を出して、俺の顔にオマンコをぐいぐい押し付けてきました。
そして何分かしたら、「あーっ!」と叫んでぐったりしました。

これが女の人のイクってやつなんだろうかと思いながらも、チンポは痛いほど勃起し、この後どうしようと考えていたらM姉ちゃんが、「Yちゃん、しよ・・・」と俺のチンポを擦ってくれました。
俺たちは裸になるのももどかしくて、畳の上に仰向けに寝たM姉ちゃんのスカートを腰まで捲り上げて、できるだけゆっくりとチンポを入れていきました。
M姉ちゃんは最初に「うっ」って言ったきりひたすら耐えてる感じだったけれど、俺はもう温かくて気持ちよくて、あまり気遣いもしないで腰を振りまくってしまいました。
一応腰を振るとクチュクチュ音がしていたので、感じてくれているのかと思ったけれど、終わってみると結構な量の血が出ていて、M姉ちゃんに申しわけなく思いました。

もう外も暗くなっていました。
M姉ちゃんは、「Yちゃんだからいいよ」と優しく言ってくれて、それから夏休み中ずっとM姉ちゃんとはエッチをしました。
田舎なのでコンドームを人目につかずに買うのが一番大変でした。

従姉のオナニーを見て以来、ほとんど毎日伯父さんたちに見つからないようにエッチをしました。
二人ともあの時が初めてだったし、テクニックがどうとかは全然考えませんでしたが、それでもすごく気持ちよかったです。
M姉ちゃんも僕もただ一生懸命抱き合って腰を振っていて、最初の頃のエッチについてはそれしか覚えていません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Love Treatment

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン