新着情報

幼き頃に体験した姉妹丼の思い出

この体験談は約 3 分で読めます。

子どもの頃、住んでたアパートにユリとユキって姉妹が住んでました。

ユリは2コ上で、ユキは同級生です。
女子と遊ぶとからかわれるので、遊ぶのは夕方や雨の日でした。
どっちの家も貧乏で両親は共働きでしたので、親が帰ってくるまでは良く一緒にいました。

小6の夏休みで、台風か大雨の日だったと思います。
ユキが来ました。

ユリに「友達が来る」と追い出されたようです。

しばらくゲームをしてましたが、「何してるのだろう?」と、ユリのところに覗きに行きました。

ユリのところに来てたのは男の人で、セックスしてました。
ユキと二人で暫く覗いてましたが、我に返って慌て戻りました。

暫くは沈黙が続いてたので、冗談で「すごかったなー、チンチン大きくなっちゃったよ」と言ったら、ユキが見たいと言い出しました。
言ったのは冗談ですが、勃ってたのは本当だったので「お前のも見せろ」と言って脱ぎました。

ユキの胸はユリの様に膨らんではいませんでしたが、日に焼けてるとこと焼けてないとことが異様にエッチに見えました。

「あんま見るなよ恥ずかしいから」と、ユキの前に突き出しました。

恥ずかしいと言うよりエッチな気分のが勝ってました。
触られると凄く気持ちよかったと覚えてます。

当時は包茎で、皮を剥かれたらカスだらけでした。
何とユキはカスだらけなのを舐めてきました。
オナニーも覚えたてだったので、気持ちいいのと痛いのという感じでした。

ガキだと思ってたユキでしたが、今思えば学校で性教育を習うし、マセてるから知識はあったのでしょう。
俺はフェラって言葉も知らなかったと思います。
舐めるのはエロ本で見てたと思うけど。
チンチン咥えてるユキの顔は可愛く見えました。
痛みもあったせいか射精まではいきませんでした。

今度はユキのを見る番です。
なんか複雑で覚えにくい形でした。
ユキに言われるままに触ったり舐めたりしましたが、美味しくはありませんでした。
でもユキが「アンアン」喘ぐので、面白がって舐めてました。

その日はソレで終わりましたが、次の日にはエッチしてました。

俺ではなかなか上手く入らなくて、ユキが上に乗ってのエッチでした。
ユキが処女だったかは判りませんが、結構痛がってたので処女だったかもしれません。
血も出てたし。

それからは毎日の様にエッチしてました。
なので、ユリに見つかってしまいました。
注意されたけど、ユリにあの日見た事を言うと、それからは時々3人でエッチしました。
ユリのオッパイが好きだったからです。
ペチャなユキでは・・・。

でもユキに生理が来てからはオッパイも膨らんできて、中3位の時には男友達の間でも評判の巨乳になってました。
ユキのお陰で、殆どオナニーしたことのない青春を送れました。

ユキの親が離婚して、引っ越ししていった高3まで関係は続いてました。
イイ思い出です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛妻

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン