新着情報

南国のリゾート地で外国人に奪われた初夜

この体験談は約 13 分で読めます。

私と似たような体験を投稿されている方がいましたので、思い切って掲載させていただきます。

私は、昨年新婚旅行で、ある南国のリゾートに行きました。
そこで主人には決して言えない、屈辱的ですが官能的な体験をしました。

主人は30歳。
私は22歳で、身長は163センチ、ややポッチャリ型です。
二人とも田舎から出たこともなく、今時珍しい両親の勧めによる見合い結婚です。
私はそれまで地元の女子高を出て、団体職員として地味に過ごして来たこともあり、男性経験はなく、文字通り新婚旅行が“初夜”となるはずでした。
初めてのセックスに、とても期待していました。

新婚旅行は、二人とも海外は初めてでしたが、友達の勧めもあり、海のきれいな南国のリゾート地にしました。
現地には昼過ぎに到着したのですが、観光予定も少なく、夜のオプションが現地の添乗員からいくつか紹介されました。
現地添乗員は陽気な男性(30歳位?)だったのですが、彼に強く勧められてリゾートのリラクゼーションマッサージを受けることにしました。
彼の手配したタクシーで10数分の、ホテルから数キロほど離れた場所で、決して綺麗とは言えない古い施設でしたが、添乗員が勧めてくれたお店でもあり、そのお店に入ることにしました。

お店に入ると、受付には南国を思わせる赤い花をふんだんに使った装飾が目を引きましたが、そこにいたのは50歳くらいの肌の黒い現地の女性でした。
話は聞いていた様子で、「新婚さんね!オメデト、オメデト!」と歓迎され、私と主人の二人は、順番に二階に案内されました。
そこは、大部屋でカーテンだけで仕切られただけのマッサージベッドがいくつか並ぶところで、暗く、決して高級と言えるようなところではありませんでした。
他にもお客さんがいたようですが、男女で分かれているのかもよく分からず、私と主人は、呼べば会話が恐らく出来たであろう距離のベッドに案内されたようです。
主人がやり取りしている会話が聞こえてました。

私を担当してくれたのは、40代くらいの色黒の大柄な現地女性でした。
主人の方も同様だったようです。
私は彼女の指示に従い全裸になり、うつ伏せの状態でアロママッサージを受けました。
私は、南国での新婚旅行ということもあり、普段は着ないような大胆な真っ赤な透け透けの、縁に大きなヒラヒラの付いたブラとパンティをしていたので、勝負服のようで恥ずかしかったのですが、彼女は「ステキね」と褒めてくれました。

アロママッサージは初めてだったので、とても気持ちよくなってきたのを覚えています。
彼女のマッサージは、とても繊細で滑らかで、長旅の疲れもあってか、うとうとと寝入ってしまいました。
ただ、下半身のマッサージになり、太ももの付け根やお尻の敏感な部分で目が覚め、次第に変な気持ちになってきたところに、なぜか彼女の指は、私のあそこにも平気で触れるようにマッサージしてきました。

(こういうものなの・・?)と思いました。

どれくらい時間が経ったでしょうか。
気が付くと、なぜか彼女の子供という10代前半の女の子と、なんと男の子の2人が部屋に入って来ていました。
顔は薄暗くてよく見えなかったのですが、二人とも大人しそうな感じで痩せ型。
母親に促されるように、男の子が私の頭の方から肩・背中を、女の子が母親と一緒に太ももやお尻、そしてあそこまで丁寧にマッサージを始めたのです。
母親いわく、「マッサージの勉強をさせている」とのことでしたが・・・。
私は女の子は良いとしても、男の子が加わったことには驚き、子供とはいえ裸を見られ触られるのがイヤだったのですが、母親も居ることだし、変に騒いでも悪いと思い、特に拒否する態度を示しませんでした。
でも、それがいけなかったのだと、後で後悔することになりました。

疲れていて、マッサージが気持ちいいからだけではないでしょうが、私の体、特にあそこや胸の先端は、とても熱くなったような感じで、意識も夢の中にいるような感じで、ふわふわと浮いているような気持ちになってきたのを覚えています。
今考えると、アロマオイルの中に、何か媚薬のような成分が入っていたのではないかと思うくらいです。
それくらい気持ちが高揚して、大胆な気持ちになっていったように思います。
しばらくして、今度は女の子と入れ替わり、男の子が下半身をマッサージし始めたのです。
驚きましたが抵抗できませんでした。
男の子の指は、スムーズではないものの丁寧に私の太ももやお尻、そして、あそこに触れてきました。
私の体は既に大量のアロマオイルでぬるぬるでしたが、正直、あまりの気持ちよさに恥ずかしさも加わり、私は女の液体を流し始めていて、それも男の子の指にまとわりついて拡散されていると思うと、とても恥ずかしくなってきました。
処女なのに、恥ずかしさで顔は真っ赤だったと思います。
男の子の荒い息遣いが聞こえてきました。

あまりの気持ちよさに、少しずつ私の息も荒くなってきていたように思います。
お母さんが何か指示したようで、次の瞬間、男の子の指が私のあそこに入ってくるのを感じました。
私の体に電流が走ったような感触を覚えましたが、反応した(感じた)様子を見せたくなかったので、彼に体を許し続けました。
次第に私の気持ちがおかしくなり、気が遠くなっていくのがわかりました。
こんな状態にあることを、すぐ近くにいる主人には絶対に知られたくはありませんでしたので、できるだけ平静を装うように努めました。

しばらくして、お母さんに促されて仰向けになりました。
私のバストと陰毛が三人の目の前に露わになりました。

(ああ・・どうなるのかしら私・・・)

私のバストは特徴があり、いわゆるロケット型(釣鐘型)と言うのでしょうか?
巨乳と言うほどではないものの、まっすぐ水平に突き出たような形で珍しい形のようです。
加えて乳首も人より長く、勃起すると2センチくらいになります(子供を生んだわけではないのですが・・・)。
胸元から先端まで15センチほど飛び出た、鉛筆の先のようなバストで、服の上からも異様に飛び出しているのがわかる形で恥ずかしいのですが、自慢にしているバストです。
普段はなるべくこのバストの形が目立たないような服を着ています。
また、陰毛の処理はその夜にするはずだったので、まだ茂みは深く濃く、面積も広い状態だったと思います。
白い肌とのコントラストが艶かしかったと思います。

そんな私の体が今、南国の男の子の前に晒せれているのです。
とても恥ずかしかったのですが、もう隠しても仕方ありませんでした。
初夜を控えた処女の私は、主人がいるすぐそばで、生まれたままの姿を外国人の親子に鑑賞されていました。
これからどうなってしまうのか、不安であった一方で心の底では、何かを期待していたのかもしれません。
大人しい、地味な性格の私が、海外旅行の雰囲気に呑まれて開放的になっていたとはいえ、媚薬のようなオイルの効果もあり、次第に大胆になっていきました。
三人は、仰向けに寝ていても天に向かって突き出ている私のバストを見て驚いた様子で、現地の言葉で何か言い合っているようでした。
余程珍しいのでしょう。

興奮したのか、男の子がアロマオイルをたっぷりつけた手で、すぐに私の天に向かって突き出たバストに飛びついてきました。
私の乳首もあっという間に天に向かって突き出ます。
まさに二基のロケットが、男の子の手によって揉みしだかれ始めました。
男の子は手荒な感じではなく、あくまで丁寧にゆっくりと揉んでくれたので痛くはなかったのですが、他の女の人より長く突き出た乳首に興味を示したのか、乳首を摘まむように全体を上に上にと引っ張るようなマッサージを執拗に繰り返していました。
その度に、私の体が感じて、官能的な気持ちになっていきます。
表情はおそらく快感をぐっと堪えたような顔だったと思います。

いよいよ私のあそこが濡れていくのが判りました。
この瞬間から、意識が朦朧とし始めました。
男の子は、さらに興奮を抑えられなかったのか、私の2センチくらいに伸びた乳首を口の中で舐め始めました。
乳首から全身に電流が走るとともに、あそこがカーッと熱くなったのを覚えています。
これはマッサージの域を超えているでしょう、と私は男の子の肩に手を置いてお母さんの方を見たのですが、お母さんは私の手を取り、優しい顔を縦に振りながら無言で「許してあげて」と言いたそうに、私に微笑んできました。

私はもうおかしくなっていたんだと思います。
もう抵抗するのをやめて、男の子のなすがままになりました。
男の子は軽く歯で私の乳首を噛みながら、ある時は唇に挟んで吸いながら引っ張ったりしていました。
男の子の目が血走っているようでした。
私のあそこから、大量の愛液が流れ始めました。
私の息遣いも荒くなってきていましたが、でも声を上げるわけにはいきません。
意識は朦朧としていましたが、必死で声を押し殺しました。

そして、男の子と女の子が上下で入れ替わりました。
女の子のマッサージは特に気にならず、全く覚えていないほどなのですが、下半身に周った男の子の様子はやはり気になります。
男の子の指は、腿の付け根からあそこ、そして陰毛の辺りだけを集中的に触ってきました。
特に、密集した黒い茂みには大量のオイルを塗りつけ、割れ目まで丁寧に触ってきました。
途中から男の子は、私の両足を広げて、膝立ち状態でベッドに乗ってきてマッサージを始めましたが、それと並行してお母さんと女の子が私の両膝を立てた状態にして、両足をマッサージしてきました。
男の子は、私の両膝の間にいて股間をマッサージしていたのですが、気付くと唯一身に着けていたトランクスを穿いていないことに驚きました。

目線を彼の股間に向けると、少年の青いペニスが目に入りました。
男の子のペニスは、長さは10センチほどで、太さは2センチ弱でしょうか。
大人の中指くらいで、それほど大きくはありませんでしたが、ピンと元気よく上を向いて上下に動いていました。
子供なのに、大人のような(皮の被っていない)ペニスでした。
彼のペニスもオイルで濡れているようでしたが、今考えるともう男の液を流していたのかもしれません。
この状況は、いつでもセックスができる姿勢であることに私は気づいていました。
内心、私も期待していたのは事実です。
でも、私は新婚初夜を控えた処女です。
ましてや、すぐ近くに主人がいます。
声も出るでしょうし、許すわけにはいきません。
いよいよ男の子が、大量に愛液を流して柔らかくなっている私のあそこにペニスを擦り付けてきました。

(あっ、来ちゃった。どうしよう・・・)と思いました。

でも一方で“このオスとセックスしたい!”という気持ちが湧き上がってきていたことも事実です。
女としての本能だと思います。
この後の私の行動は、理性に基づくものではなく、媚薬の効果ももしかしたらあったのかもしれませんが、女(メス)という動物としての本能によるものだと、今振り返れば納得できます。

男の子は、どこに入れていいのかわからず、探しているようにも思えました。
私は、なぜか全く抵抗できませんでした。
相手は主人ではありませんが、雄との初めてのセックスに期待が高まっている雌の私がそこにいたはずです。
母親が、息子に経験を積ませて欲しいとばかりに私に笑顔を近づけた後、彼女は男の子のペニスを掴み、二、三度しごいて大きく硬くすると、私のあそこに、ゆっくりとペニスを宛てがい、入れてきました。

(入ってきた・・)

男の子が私の目をじっと見つめています。
私は目を逸らしました。
激痛と快感が同時にやってきました。
次第に、男の子のペニスが私の中に沈んでいくのが判りました。
初めてなので、私も訳が判らなくなりましたが、大きく体を仰け反らせて、大きな声を出そうとしましたが、次の瞬間自ら手で口を押さえ込みました。
こんなところであえぎ声を出すわけにはいきませんから・・・。
男の子のペニスが大人のように大きくなかった為なのか、入ってくる瞬間は激痛と快感が物凄かったのですが、一度貫通すると次第に慣れたのか、ちょうどよい硬さと太さ、長さを味わえるようになりました。
若いペニスは、入ってくるなり白濁の液体を私の中にまず一度ドクッと出したようですが、そのまま抜かない状態で中で長い時間動き続けました。
母親が腰を支えているようでした。
女の子も手伝っていました。
若いので何度でも出来るのでしょうか。
幸い、私は危険日ではなかったので、妊娠する可能性は低かったのでよかったです。

(新婚旅行で訪れている処女の新妻の私が・・・)

そう思うと、主人や主人のご両親等に対して申し訳ない気分になってきました。

何度かペニスが外に出ては、中に戻ってきたのですが、次第に大きくなっていったように感じました。
その間、何度も男の子のペニスは、ビクン、ビクンと彼の液体を私の中で吐き出しているようでした。
それを膣内で受け止めるたびに感じてしまった私は、大声が出そうなのを必死で我慢して、近くにいる主人に気づかれないようにするのが大変でした。

初めて体内に迎え入れた男のペニスは、とても愛おしく、たとえ主人ではなく見ず知らずの外国の少年のものであっても、私を気持ちよくしてくれました。
愛する主人のものであれば、どれくらい気持ちいいことか。
それは今夜、初夜で経験できるはずです。
私もセックス初体験でしたが、最初は痛みが中心でしたが、だんだんと気持ちよくなり、女としての喜びみたいなものを感じられるようになっていったと思います。
相手がまだ子供ですから、大人ならこんなものではないのでしょうけれど・・・。
男の子は、私の中で必死に動きながらも、唇と指で、相変わらず天に突き出た私の自慢のロケットバストと乳首を弄んでいます。
乳首は赤く腫れたように長く伸びきり、恥ずかしくて、とても人様に見せられるような状態ではありません。
感度は最高潮に達します。
いつか失神するのではないかと思っていました。
主人には申し訳ないという気持ちが、少しずつ湧いてきていました。

男の子は、何度(何回?何ドクッ?)私の中に液体を出したでしょうか?
10回は脈動を感じました。
若い子って凄いんですね。

ようやく満足した男の子は、私のバストから手を離し、先端から液体を垂らしながら、私の中からペニスを引き抜きました。
かなり長い時間だったと思います。
彼のペニスが引き抜かれると、どっと私の膣から彼の精液が逆流して、ドロリと大量に出てきました。
新婚で処女の私が、初夜を迎える前に主人ではない外国人の若い男の子の精液を大量に膣の中に受け入れてしまい、背徳的な気持ちが高まるとともに、危険日ではなかったものの妊娠しないか心配になってきました。

ようやくマッサージ(セックス)が終了しました。
マッサージが終わり、女の子にシャワールームに案内されると、入り口に太った中年の男性がタバコを吸って待っていました。
50~60歳位でしょうか。
背中を流すサービスをしてくれるとのこと。
私が、今までマッサージルームで何をされていたのか判っているようで、心なしかニヤついて半裸状態の私を見ているようでした。

「ご主人、シャワー終わって着替えてるよ!」

おじさんがタバコを消しながら私に話し掛けます。

「マッサージルームでの出来事を、ご主人に知られたくないよな、新婚なのによくあんなことできたな」と言っているように私には聞こえました。

私は蛇に睨まれたカエルのような気持ちでした。
今、私は何を要求されても拒否できないと思いました。
先ほどの純粋そうな男の子と違って、こんなオジサン(おじいさん?)に頭が上がらないなんて屈辱でした。
私は日本から観光で来ている新婚の新妻、しかもお客様のはずなのに・・・。

もう羞恥心も無くなり、感覚も麻痺していたこともあり、拒否することなくお願いすることにしました。
でも、シャワールームに入って、私がバスタオルを取ると、おじさんも唯一身に着けていたトランクスを脱いで、醜いお腹の出た全裸で入ってきたので、“いやだなぁ!”と思ったのですが、弱みを握られていることもあり、そのまま背中を流してもらう事にしました。
シャワールームは、おじさんのタバコのニオイで臭かったのを覚えています。
すぐにおじさんの目が私のロケット型のバストに釘付けになっていました。
やはり、かなり珍しいのだと思います。
乳首もまた勢いよく飛び出していて、それがおじさんの興味を更に惹きつけます。
おじさんのペニスは、幸いお腹に隠れてて私の目には入ってきませんでしたが、恐らく汚く、大きくしていたに違いありません。
おじさんのペニスの上から生えているであろう彼の汚い陰毛が、へその上まで剛毛となっていました。
本当に汚らしかったです。

おじさんは、素手に大量のボディソープをつけて、私の背中からお尻を撫で回してきました。
背中を流してもらっていると、おじさんのいやらしい泡だらけの素手は、私の肛門からあそこ、それから両脇の間から前に伸び、ロケットのように突き出た自慢のバストを牛の乳を掴むように揉みしだき、さらにおじさんのゴツゴツした汚い指は、2センチほど赤く伸びた切った赤ちゃんに吸われた後のような乳首を弄び始めました。

(いやっ!それは私が大事にしている宝物なの。興味本位でいじめないで!)

おじさんの息遣いが荒くなると同時に、お尻の下におじさんの硬いペニスが当たるようになりました。
振り向いて下を見ると、先ほどの男の子のものとは全く違う生き物とでも言えばいいでしょうか?
真っ黒く、太く、汚く、毛むくじゃらの20センチ以上は裕にあろうかと言う、下向きに反り返った大きなペニスがありました。
当然、こんなものは初めて見ました。
あまりにも先程の男の子のペニスとは異なります。
この時、また男の子の精液がどろっと膣から出てきたのを感じました。
おじさんに気づかれたかもしれません。
おじさんは、次第に私のあそこに汚く大きいペニスを擦り付けて、押し付けてくるようになり、挿入したそうでした。

「奥さん、可愛いね、オッパイいいね。オッパイいいね!日本人の奥さん、みんなきれい、可愛いね!」

そう言って迫ってきました。
日本人の新婚の新妻をそんなにたくさん餌食にしてきたのでしょうか。
マッサージルームでの様子を知っていたのでしょうから、弱みを握られていることもあり、もう格好つけていても仕方ありませんでした。
私は、自ら両足を肩幅くらいに広げて深く前屈みになり、お尻を高く突き出して、おじさんが挿入しやすいようにしてあげました。
すぐにおじさんは私の腰を掴み、指で私のあそこを数回撫でて、指を少し入れて膣の場所を確かめたかと思うと、オジサンの太いペニスが、処女の私の中に無理やり分け入ってきました。

(痛いっ!抜いて!止めて!)と心の中で叫びました。

先程の男の子とはものが違いますので、挿入されるのが痛くて時間がかかりました。
痛くて痛くて失神しそうでしたが、おじさんはそんな私にお構いなく、力強くピストン運動をしてきました。
死ぬかと思いました。

「お願い、痛くしないでしないで下さい!」

でも必死に声だけは抑えました。
おじさんは征服感で満足だったでしょう。
また一人、日本人の新妻を食べれたのですから・・・。
いやらしい、嫌なおじさんでしたが、私も一人のメスになりきり、この汚らしいオスでさえ、受け入れたがっていたのかもしれません。
おじさんは、私の片腕を後ろから持ち上げるような格好で、飛び出たバストと乳首を自分の口に持って来ようと一生懸命でした。
私は、自ら体を捻って吸いやすいようにしてあげました。
オジサンが私の長い乳首に吸い付き、引っ張ります。
体全体に電流が走り、もう立っていられなくなり、私はしゃがみ込んでしまいました。
すると、おじさんも跪き、私のお尻を抱え直したかと思ったら、抜けてしまった彼の大きなペニスをまた入れてきました。
物凄いピストン運動を始めました。
おじさんの大きなお腹が私のお尻に乗っかりながら、しっかりとペニスは深く入り込んでいました。
やはり年配の方はセックスが上手なんですね。
処女の私などひとたまりもありませんよね。
その間も、おじさんは私の自慢のロケットバストを揉みまくり、乳首の先端を爪で摘んだりしていました。
私は初めてイキそうな感じになりました。

しばらくすると、おじさんの腰の突き上げが深くなり、手に力が入ったかと思うと、赤く伸びきった、私の大事な乳首をさらに強くちぎれる位に引っ張り、大きく息遣いして、大量の液体を私の中にドクン、ドクンと出して果てました。
男の子とおじさんの精液が私の中で混ざったと思います。
新婚初夜を迎える前に主人以外の、しかも老若の外国人のペニスによって処女を奪われ、膣内に大量の男の液体を受け入れた新妻の私は最低の妻かもしれません。
絶対に誰にも言えません。
主人や主人の両親の顔が浮かび、申し訳ない気持ちがこみ上げてきましたが、今となってはどうする事も出来ません。
私も初心者なりに快感を覚えて、おじさんと同時に果ててしまいました。
大きく下向きに反り返ったペニスを抜いた後、オジサンが私を前向きにしてディープキスしてきました。
舌も絡めてきましたが、本当に気持ち悪かったです。
伸びきった赤い乳首も正面からマジマジと見られて吸われ、引っ張られ、完全に使い古されて伸びきった状態で、持ち主の私に返されました。

(私の自慢の可愛い乳首なのに・・・)

本当にこれだけは屈辱的でした。
酷いおじさんです。

(日本人の女をもっと優しく扱って欲しいわ!)

シャワーが終わり、1階の受付に行くと主人が待っていました。
お店の人たちがタクシーに乗る私たちを笑顔で見送ってくれました。
車内で主人が言うには、マッサージはとても気持ちよかったようで、「また行きたい」と喜んでいました。
主人もおばさんから性的なサービスを受けたのかもしれません。

その日の夜は、夕食の後2人ともベッドに倒れこむようにして眠りに就いてしまい。
待望の初夜のセックスは二日目に持ち越しになりました。
飛行機の旅の疲れと、お互いマッサージで疲れたせいかもしれませんね。
私にとってはあそこと乳首の疲労を休ませてあげるのに、とても好都合でした。

でも、今考えると本当に信じられない体験をしてしまいました。
普段地味で大人しい私が、いくら海外旅行で開放的になっていたとはいえ、恐らくあのアロマオイルになんらかの媚薬成分が入っていたとしか考えられません。
でなければ、処女の新妻が主人ではない、外国人の老若の男にあれだけいいように弄ばれてしまうのを許すわけがありませんから・・・。
また、現地の添乗員とあの店の連携プレイは常習犯のやり口でした。
恐らく新婚で大人しくしてくれそうな日本人の新妻を選んで、声を掛けているのかもしれません。
日本に帰ってからは、主人との性生活にも満足していて、おかげさまで、もうすぐ赤ちゃんも生まれます。
南国での新婚旅行中は危険日ではないはずでしたが、ハネムーン・ベイビィとなったようです。
誰の子かは生まれてみなければわかりませんが、初日のあの体験の次の日からは、毎日のように主人とセックスしましたので、あの日を除けば、主人の精液の方が大量に私の膣内に流れたはずです。
排卵日と思われる期間を考えると主人の子供である可能性がほぼ100%なので、全く心配はしていませんが、万が一あの老若の外国人の子供だったとしても、私は受け入れるつもりです。
今考えても、本当に屈辱的でしたが官能的な体験でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン