新着情報

学校のアイドルとファーストフード店のトイレで

この体験談は約 3 分で読めます。

当時、僕はサッカー部の中学2年、由真は中学3年でした。
当時の中学生はみんな悪くて、男も女も平気で授業なんかサボってました。

そんな中、由真はアイドルを目指してレッスンを受ける日々で、当然授業はほとんど受けず、また早熟な言動で学内では注目の的でした。
長身でセミロングの美しい髪の彼女に、僕も密かに惚れてました。

ある日の昼頃、僕が授業をサボって駅前のコンビニに行くと、駅から由真が出てくるのが分かり、そしてコンビニに入ってきました。
向こうは大胆にも私服でしたが、制服だった僕に由真は当然気が付き、ニコニコ笑いながら近寄ってきました。

「何してるの?授業はいいのぉ~?」と笑いながら言います。

白いTシャツに浮かぶ青いブラが眩しくて、「うん、いいの。由真さんはレッスンだったの?」と答えるのが精一杯です。
そのあと2人でジュース片手にコンビニの前で10分程度立ち話をしてたんですが、「ここじゃバレるとまずいから、場所を移そうか」と言ってマクドナルドに移りました。

平日の昼間ですから2階席の人影はまばらで、僕達は一番奥に座りました。
しばらく話をしていたのですが、そのうち由真が雑誌を広げて机の上に乗せ、前屈みで腕を組んで雑誌を読み始めました。
腕の間から胸の形がブラ越しにはっきりとわかり、僕はもうビンビンでした。
それに気付いた彼女は、「どこ見てるのぉ~?」とケラケラと笑います。
サラサラの髪のいい香りと大人びた口紅に、僕の理性はもうありません。

「由真さんって、スタイルいいですねぇ・・・」

「そう?レッスンが厳しいから、ダイエットしなくても痩せちゃってきてるの。ちょっとだけ見せてあげようか~?」

「ほんとっすか?いいんすか?」

というような会話をしたと思いますが、その後、2人してトイレに入りました。

トイレに入ると、もう僕は夢中で由真に抱きつきました。
初めて揉んだ女の胸の感触は、ブラの上からとは言えもう最高の手触りでした。
激しく動いている僕の手に、由真が自分の手を添えてきます。

「あっ・・・、あっ」

少しずつ悶える由真の髪の香りを夢中で嗅ぎながら、片方の手を少しずつ下へと移し、キュロットの中に手を入れました。
初めて触る女のアソコは、熱く、そして柔らかいものでした。

もう由真は声にならないくぐもった喘ぎ声を発し、立ってられない感じで僕にカラダを預けてきます。
そして、とうとう由真はその場にペタンと座り込んでしまいましたが、僕は首筋から入れた手で胸を揉み続けました。
僕も座ってTシャツとブラを取り、直に胸を揉み始め、もう一方の手では、お腹からキュロットとパンティーの中に手を入れアソコを夢中で触りました。
由真のぐったりして触られるままの姿にたまらなくなり、両手で腰を掴んで持ち上げ、下半身をハダカにしました。

「あっ、ダメだよぉ~」と由真は抵抗しましたが、もう止まりません。

片手でアソコを愛撫しながら、残る片手で制服のズボンとパンツを脱ぎ、場所が分からないままバックで突きまくりました。
やがて僕のモノはアソコへと入り、信じられないような快感に襲われました。

「はぁ~ん、あっあんっ」と彼女も悶えています。

くびれたウエストと真っ白なヒップを見ながらのエッチは視覚的にたまらないもので、あっという間に中で射精してしまい、彼女の背中にもたれかかってしまいました。
由真は時々ビクビクと体を痙攣させ、しばらくは動けませんでした。

これが僕の初体験でした。
由真はもう経験済みでしたが・・・。

それ以来、暇を見ては学校の部室やゲームセンター、ファーストフード店のトイレでしたりしました。
お互い実家だったのと、ラブホテルなんか入れなかったので、ゆっくりエッチしたことはほとんどありませんでした。

しばらくして彼女は中退同然で芸能事務所に入り、郊外の実家から都内へと引越して行きました。
それ以後は音信不通になりましたが、由真のキレイで膨よかな胸の感触は未だに忘れることができません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セーフセックス学習会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン