新着情報

大好きだった生物の先生と教室で

この体験談は約 4 分で読めます。

高校生の時、私には物凄く好きな生物の先生が居ました。
当時先生は20代後半だったと思います。
1年生の最初の生物の授業で一目惚れ。
しかし先生には奥さんが・・・。

片思いのまま2年生になり、先生の授業も受けられなくなり悲しみに明け暮れていた時、放課後友人と廊下を歩いていたらその先生とすれ違い挨拶を交わしました。
一旦は通り過ぎたものの、振り返って呼び止められ・・・。
何かな?と思ったら「地学部に入らないか?」とのお誘いでした。

先生は元々、地学が専門だったので地学部の顧問をしてたから・・・。
私は二つ返事でOKし、その日を心待ちにしていました。

当日、友人の方は彼氏との用事が出来てしまい、一人で地学室へ・・・。
教室には違う学年の先生も居ました(ちょっと期待外れ・・・)。

その日は土の塊を打ち砕き、地質を調べるという事をしました。
一生懸命作業をしていたら、窓の所でもう一人の先生が「遠くで火事が起きてるよ!」って私達を呼びました。
物凄い火柱が上がってて、距離的には遠かったと思いますが、凄まじい光景は想像がつきました。
そしたら急にもう一人の先生は「家が心配だから帰ります」と言って、帰っちゃいました。

私はドキドキ。
期待と不安でどうしようもなく緊張してしまい、真っ赤な顔をなかなか上げる事が出来ませんでした。
先生はそれに気付いたのか、意地悪にも「何、顔真っ赤にさせてるんだ?」って聞いてきて、思わず泣き出してしまった私。

「ゴメンゴメン、恥ずかしがってるお前が可愛くなってついつい意地悪しちゃったな」

軽く抱きかかえる様にして頭を撫でてくれました。

その安心感から、つい私も「1年生の初めての授業でクラスに入ってきた時からずっと好きでした」と言ってしまったのです・・・。

すると先生は・・・。

「わかっていたよ。1年であんなに成績の上がった生徒は見た事がない」

そう、私は先生の授業だけはグングンと成績を伸ばしていたのです。

「好きだったから・・・」

そう呟くと、私のアゴを優しく持ち上げ「可愛いな・・・」と言い、優しくキスをしてくれました。
全身の力が抜け、身体中に電気が走るように感じてしまいました・・・。

地学室の電気を消し、鍵を閉め・・・。
6人掛けの大きな机の上に座らされて、キスをされながらブラウスの中に先生の冷たい手が入って来て思わず「あっ・・・」と悶えてしまいました。
初めての経験・・・怖さよりも先生の優しい愛撫に全てを任せる事が出来ました。

白衣姿がまた、そそられます。
先生はブラウスの中でブラのカップを少し捲り、乳首を出して指先でコリコリと撫で始めました。

「うっ・・・」

何とも言えない快感に喘ぐ私に・・・。

「ココ、気持ちいいかい?」

そして耳元で「もっと気持ちいいとこ教えてあげよう・・・」と言って、スカートの中に手を・・・ブラウスを捲り上げて舌を乳首へ・・・。

「あんっ・・・」

「もうこんなに濡らしちゃって・・・可愛いなぁ」

そう言うと先生の指はパンティの脇から私のクリちゃんへと移動してきました。
熱くなってヒクヒクしてるのが分かります。

「先生・・恥ずかしい・・あっ・・」

声にならない声で私は悶えました。
ソフトに・・・且つ素早くクリを愛液を付けた指でヌルヌルで撫でられ・・・。
何分位だったかは覚えていませんが(今思えば割と早かったと思います)イッてしまいました・・・。
ヒクヒクしている私のアソコに顔を埋めてきた先生にビックリ!

「ダメ・・・そんな・・恥ずかしい・・・」

でも先生を止める事は出来ませんでした。
舌が私のクリを転がし・・陰部を這い・・、もうどうなってもいい・・・という思いで身を委ね、ついにはクリを舐められながら膣に指を入れられました・・・。
G攻めをされた訳ではありませんでしたが、当時の私には何もかもが初めてで、恥ずかしさと気持ちよさのピークに達していました。

すると先生が「これなら大丈夫だな・・・」と言い、白衣の下のズボンを下ろし始めました。

「先生・・・私、初めてで・・・怖いよ・・」

「ちゃんと付けるし、優しくするから安心して」

先生はそう言って、カバンに用意していたらしきコンドームをしっかりと付け・・・。

「身体の力を抜いて・・・。目を瞑って・・・足を開いてごらん・・・」

先生のリードに従い、ついにその時が・・・。
始めは陰部のラインに沿ってナニを擦り、油断した瞬間に亀頭が入ってきました。
一旦そこで止め・・・。

「どうだ?痛いか?」

「ううん。大丈夫」

それを聞き先生は私に覆い被さってきて、耳元で・・・。

「じゃあ、行くよ・・」

そう言い、私の頭を(脳天部分)引き寄せるように抱え込み一気に奥まで挿入してきました・・・。
今でもあの瞬間の何とも言えない快感は、鮮明に蘇ります。

「先生・・っ・・・」

ゆっくりゆっくり腰を動かし私の中に入って来る先生・・・夢のようでした・・。
キシキシときしむ机の音がいやらしさを増徴させてた様にも思えます。
私はその時は中でイク感覚などありませんから、先生が果てるまで・・・キスをしながら・・・見つめられながら囁かれながら・・・愛し合いました。

たった1度の先生との禁断の愛。
一生心に残る青春の1ページです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン