新着情報

美奈のことが忘れられなくて[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

美奈はクラス、いや学年の中でも特別だった。
京人形のような雰囲気にも関わらず、目は黒目がちの二重。
小さめの口は形がよく、ニッコリ笑うと口角があがって綺麗な弧を描いた。
色白で透けるような肌。
頭も文系の中では10番以内に入っていたし、運動神経もよかった。
胸は結構あって身は細く、ヒップがキュッとあがってウェストのくびれもばっちり。
大人っぽい子で、クラスのまとめ役でもあった。
決してしきりたがりってわけではなく、自然と皆が美奈の言うことや提案に納得してまとまるような感じだ。
彼女が年上年下に関わらず、告白の嵐にさらされていたのも頷ける。
けれど、彼女は一向に彼を作ろうとはしなかった。

俺はと言えば、2年に入ってから背が高くなった位で、そう目立つようなヤツじゃなかった。
体育も普通より上、身長もちょっと上、頭は理系の中で常に5番内に入っていたからそこそこの自信はあった。
3年の2学期も終わりに近づくと、クラス内ははっきり色分けされた。
推薦で決まってのんびりしているヤツ、一般試験組、浪人覚悟のスローペース組。
俺は国公立しか行く気がなかったから必死組。

そんなある日の自習時間、渡り廊下に大田(幼稚園からの腐れ縁)に呼び出された。
何かと思えば、廊下の向こう側に美奈がいた。
色白の頬を真っ赤にして、「これから一緒に帰って欲しい」って。
これからって“今日のこれから”だと思って、素っ気なく「別にいいよ」って言ったら、美奈が目にいっぱい涙をためて「アリガトウ」って。

(・・・ひょっとしてこれって・・・告られたのと同じか?)

よく分からぬままにその日は一緒に帰り、翌日も、その翌日も・・・。
皆に冷やかされるのが嫌で、ホームルームが終わると誰よりも早く校舎を出ると、美奈が慌てて追いかけてくる。
そんな毎日が日常になって、でも俺は嬉しい反面、迷惑だなっていう気持ちもあった。

センターの日程上、俺は第一志望をたった7人しか合格者を出さない日程に置くしかなかった。
第一志望に受かるには凄まじい競争率を掻い潜らなければいけない。
もう12年も前の話だ、今と学生の数が違う。
有名私大の倍率は軒並み60倍以上もする世界。
恋どころか自分の勉強で手一杯頭一杯。

けど、密かに毎晩、自分でコキながらオナペットにしてたのは美奈。
セックスしてる夢を見る、自分の下で喘いでいるのも美奈。
俺はたぶん、今、美奈とやってしまったらサルになるだろうっていう予感があった。
そうなってしまえば受験どころではなくなる。
毎日努めて冷静になるように自分を叱咤激励し、ひたすらストイックに生きようとした。
それは美奈も同じ事を考えていたんだと思う。
美奈自身も受験生だったから。

ある日、並んで帰りながら「寝つきが悪いんだ」って美奈に言った。
そうすると、よく効くツボが手の甲にあるって教えてくれた。
美奈は「本当はこんなところじゃなくって、もっと効くところがあるんだけど、外ではできないしね」と意味深な事を言った。
俺がわざと分かっていない振りをすると、「水谷君、きっと勉強どころじゃなくなっちゃうでしょ」って。
見透かされてるって思って、カーッときた。

ちょっと触れただけの美奈の手にもドキッとして、オナる時にはその指が自分のチンコを握っているのを想像している事も知ってるんじゃないのか?
キスだってしたくてしたくてたまらなくて、何度となく今やってしまおうかと思いながら、キスだけで済まなるのが分かっているからひたすら我慢しているのも知ってるんじゃないのか?

俺は握られてた手を振りほどいて、「自分だけ大人ぶるな。弄んでるつもりか」って言ってしまった。
しまった・・・と思った時には、美奈は長いまつ毛を伏せて悲しそうな顔をして半泣きだった。
その顔を見てわかった。

(美奈も俺に抱かれたがってる・・・)

決めた!俺は現役で志望校に受かって、美奈を思う存分抱いてやる!

かなりの精神力を要したが、俺達は正月が開けて本格的な受験シーズンに入っても、結局キス一つしなかった。
美奈は関西の某有名大学にあっさり合格した。
倍率は新聞発表で66倍だったと思う。

卒業式も終わり、俺の第一志望の試験日が来た。
空港へ到着すると、美奈が出発ロビーに見送りに来ていた。
美奈はお守りだと言って俺に小さなハート型のマスコットみたいな物を持たせた。
美奈は小さな声で、「本当はお守りって言って漫画みたいにキスしたいけど、ここじゃね・・・」って。
俺はたまらなくなって、隅っこに連れて行きキスしてしまったよ。
しながら、しまった・・・頭から離れなくなったらどうしよう・・・とは思ったけれど、衝動を抑えきれなかった。
美奈は真っ赤な顔をして見送ってくれた。

不思議と頭に残るどころか、かえって集中することが出来た。
長い間抑えていた衝動の一部を解放したせいだろうか。
そして後期7人の難関を俺はなんとかすり抜けた。

時間は残されていなかった。
俺は関東へ、美奈は関西へ。

お互いに転居や新生活の準備、友人との別れの時間などで、俺の3月中旬の合格発表後はゆっくり会う暇もなかった。
そして、俺は美奈に黙ってある一つの決断をしていた。
今から思っても最低の決断だ。

俺は関西の大学にも受かっていた。
国公立ではあったが、関東の大学に比べると若干格下だ。
俺は美奈よりも大学を選んだ。
その時は第一志望に合格した高揚感と開放感、そして、ありがちな大学を偏差値ランクのみで選ぶという単純な物だった。

入学する大学を決めた時点で、俺は何と言って美奈に説明したものかと悩んだ。
地元の新聞で国公立の合格者は名前が発表される。
美奈は俺が2つとも受かっているのを知っているに違いない。
そして、大田の彼女で美奈の友達でもある子に話してもらうようにした。
すぐに反応はあった。

美奈から、「◯◯日は一日空けておいて欲しい。ゆっくりデートしよう」という誘いだった。

昼から美奈と待ち合わせをした。
会うのは実に2週間ぶりだ。
横断歩道の向こうから一人の女性がやってくるのが見えた。
目を疑った。
美奈だ。
薄く化粧をして、ウェーブをかけた髪が春の日差しに光っている。
すれ違うリーマンが振り返るのが見えた。

あわよくばと、出てくる前にチンコを洗っておいた自分が浅ましく思えた。
なんと無難なデートなことか・・・。
俺は自分の勇気のなさを自分で嘲いながら、夕方になり、美奈の「送って」という言葉に素直に従った。

ところが、送り先は街中のランドマークとも言える高級ホテルだった。
聞けば昨日のうちに家は引越しをしてしまい、明日京都へ向かうのだという。
突然訪れた別れに俺は脱力してしまった。
自分で関東へ行くことを決意したというのに、なんと情けない俺・・・。

部屋の前まで来ると美奈は「どうぞ」と招き入れた。
家族に紹介?今更・・・と思いながら部屋に入ると、誰も居ない。
そこはおそらくスウィートかジュニアスウィートかと思える広い部屋だった。
俺が戸惑っていると、両方の祖父母から合格祝いにバッグやお洋服を買いなさいと50万ずつ貰ったのだと言う。

「でもね、私、別に高いカバンも洋服もいらないから、水谷君と過ごす時間の方が欲しかったから」

美奈の顔は朱が差して、室内の間接照明も手伝って余計に綺麗に見えた。

と、俺のチンコがやっと反応した。
当然だよな。
今まで美奈にチンコが気遅れしてたんだ。
だけど、これは言うなれば据え膳だぜ。
どうやって落とそうなんて考えなくても、相手は最初から股を広げる気でいるんだ。
重ね重ね情けない俺のチンコ。
・・・いや、俺か。
けど、『はいそうですか』とベッドインできないのも事実。
しかもベッドは別の部屋ときてる。
童貞君としてはどうやって隣室に連れて行くかということも大問題な訳さ。

美奈が、ソファから立って電話に手を伸ばした。
驚いたことにルームサービスのディナーまで頼んであったらしい。
あまりの展開に忘れていたけど、そういえば晩飯時だ。
どうやって隣室に連れて行くかは食べながら考えよう。

ディナーを食べ終わり、ソファに座ってコーヒーを飲んでいると静けさが訪れた。
俺としては気まずい沈黙。
何か話さなければいけないんじゃないか。
頭の中がサルになってしまっているのを見抜かれているんじゃないか。
ふと美奈を見ると、とてもリラックスした顔をしている。
その瞬間、俺の中で気まずかった筈の沈黙の価値が変わった。
別に話さなくてもいいじゃないか。
同じ時間を同じ部屋で共有している。
俺の中で何か力が“スッ”と抜けるのがわかった。

「水谷君・・・何考えてるの?すごい優しい顔してる」

美奈の声で我に返った。

「きっと俺、今までテンパッてたんだ。なんだか一緒にいて力が抜けたよ」

美奈が近寄ってきて胸に俺の頭を引き寄せ、抱きかかえてくれた。

「疲れたよね・・・お疲れ様。おめでとう。で、さようなら・・・かな」

急に美奈に対する愛しさがこみ上げた。
同時に抑え続けていた欲情も。
チンコはテントを張っている。
どうしよう。
やっぱりお姫様抱っことかして欲しいものなんだろうか。
わかんねーーーーwww

美奈の胸はブラウスとブラの上からでも柔らかくて豊かなのがわかった。
耳元で聞こえる鼓動が俺のチンコの鼓動とシンクロする。
どうしたらいいかなんて、かっこいいかなんて、もう何にも考えることができなかった。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳奴隷

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン