新着情報

大好きだった先生と学校の倉庫で

この体験談は約 4 分で読めます。

現在21歳の夏美、大3です。
私の中学の頃のことを書きたいと思います。
(思えば、あの頃が一番エッチだった!?と思います)

私の初めてのエッチ体験は13歳の冬でした♪
それまで、全然エッチのことなんてよく知らなくて・・・。
それに私はどちらかというと、派手ではない子でした。
小柄で色白、ロングヘアだったので一見純粋そうなイメージを持たれてました。
そういう体験も、その頃自分でも信じられなくて、なんだか流れに任せてそうなっちゃった・・・という感じでした。

相手は、なんと学校の先生(詳しく書くと講師)です。
それも部活の顧問の先生で、当時25歳でした。
先生はカッコイイんだけと無口でクールな感じの人で、最初全然私たちに馴染まないどころか冷たかったので、女子からの評判も良くなくて・・・。
だけど私だけは先生のコト好みだったし、大好きでした。

そんなある部活の日に、先生と先輩がすごく揉めてしまって、先輩達が、「しばらく部活行かなくていいから!」と私たちにもボイコットするように言ってきました。
先輩もみんなも部活をサボるようになってしまって。
放課後、トレーニングルームにそっと見に行くと、先生が1人で寂しそうにボーっとしてて・・・。
なんかすごく可哀相で、こっそりトレーニングルームに入って先生に声をかけました。

「・・・あ、夏美か」

先生は少しビックリして、「お前、ここに来て大丈夫なのか?」と聞いてきました。

私が「う~ん、先輩に見つかったらヤバいかも?」と言ったら、「帰っても、いいんだぞ?」と、先生は少し寂しそうな笑顔を見せました。

「こっち来て」

私は先生の手を引っ張ると、奥の倉庫に入りました。

「ここなら見つからないから・・・」

自分でもすごく大胆なことをしたと思います。

その日から、部活はしないんだけど、その倉庫の中で先生と私は色んな話をするようになりました。
普段は無口で取っ付きづらい先生だけど、本当は結構面白くて・・・。
みんなの知らない先生を私だけが知ってる・・・。
そう思うとすごく嬉しくて。

「俺、なんだか生徒と上手くいかないんだよな。ここも1年だけの契約だしさ。採用試験も毎年落ちまくりで・・・。俺、こんなんで教師なれんのかなあ」

そんな弱音を吐く先生がなんだかとても可愛く思えて・・・。

「先生がすごく優しいの、私知ってるよ?みんな気付いてないだけだよ?・・・でも、みんなが先生のコト好きになっちゃったら、イヤだけど・・・」

思わず告白のようなことを言ってしまいました。

(・・・言っちゃった、恥ずかしいな)

なんて思っていたら、急に先生が私を抱き寄せてきて・・・。
ええ!?と先生を見上げたら、そのままキスされてしまいました。
キスはほんの一瞬だったんですけど、すごくビックリして・・・。
先生もキスの後、「ご、ごめん」って謝って・・・。
私はどうしていいか分からなくて、そのまま逃げるように帰ってしまいました。

次の日は、なんとなく先生と会うのが恥ずかしくて行きませんでした。
でも、やっぱり先生が好きで、このままにしたくなくて、何日かしてからトレーニングルームに行きました。
先生は私を見ると、ホッとしたような顔になって・・・。

「もう、来ないかと思った。あの日は、ごめん。もう、あんなこと、しないから・・・」

私は先生の手を引っ張ると、倉庫に入って、鍵を閉めました。

「ううん、私、先生のコト・・・好きだから・・・。すごく、嬉しかったの」

自分から先生に抱きつきました。

「・・・先生!・・・また先生に、キスしてもらいたい・・・」

先生は一旦躊躇したものの、私が目を瞑ったら、そっとキスしてくれました。

私たちは毎日そこで、キスをするようになって・・・。
自然とその先へ行くようになりました。
いけないこと、というより、もっと先生に愛されたいという気持ちが強くて、どちらかというと私の方から先生を促した形でした。
もちろん私にとっては何もかもが初めてで、恥ずかしかったけれど、先生に触れられることがとても嬉しくて、それに未知なるものに向かっていく恐さが少しと、変なワクワク感のようなものがありました。

そして、先生とそういう事をするようになって2月14日のバレンタイン、初めて先生と結ばれました。
すごく痛かったけど、嬉しくて・・・。
それに初めてなのに、先生のがメチャクチャ気持ちイイとこに当たってイッちゃって・・・。
イク瞬間、自分でも恥ずかしいくらい声出しちゃって、あまりの気持ちよさに感動して泣いてしまいました。

終わった後、先生は少し落ち込んでて・・・。

「我慢できなかった、ごめんな」って言われました。

私は「先生のコトすごく好きだから、嬉しい」って言ったら、「俺も、夏美が好きだ」と抱き締めてくれました。

その日からも私たちは、本当に求め合うようにセックスをして・・・。
私、まだ13歳なのに、色んな激しいセックスしてました。

気がつくと3月になり、先生が居なくなってしまう日がだんだん近づいて・・・。
学校からは居なくなっちゃうけど、私は先生とずっと付き合っていけるって思って、終了式前日の夜までセックスして、先生に「学校変わっちゃっても、会えるよね?」って言ったら、普通に「うん」って言ってくれてたのだけど・・・。

春休みに入って、1回だけ先生と会いました。
けれどもそれは、先生から別れを言われた日でもありました。

そのときに、「夏美の事は本当に好きだし、いい加減な気持ちじゃなかった。本当に悪いと思ってる。それに俺、もう教師目指すの諦めて、就職することにしたんだ」と言われました。

まだ本当に子供だった私は先生に、「バカ!」って言いながら、ただずっと泣いていました。

しばらくして伝わってきた話ですが、先生はお見合いをして、その相手の親が会社の社長で、先生はその親の会社に入れてもらったと聞きました。
きっと端から聞いたら“酷い先生だな”と思われるかもしれないけど、なぜか私は恨む気にもなれなくて・・・。
その後も何人かとエッチしたけれど、先生とのエッチが一番忘れられなくて、一番気持ちよかったです。

今頃どうしてるかなあ、って思いますね。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン