新着情報

ムチムチの先輩はとんでもない痴女だった

この体験談は約 5 分で読めます。

<スペック>
俺:当時18歳。
相手:32歳、独身、武井咲のおっぱいと尻を大きくして大人にした感じ。

6年前、高校を卒業して春休みを謳歌していた俺。
そろそろバイトでもしようと思い、スポーツジムで働くことになった。
幸い周りの人もみんな優しくてコミュ症の俺でもすぐ溶け込めた。

数ヶ月後、店長に「俺くんって泳げるよね?明日からプールの指導してくれる?」と言われ、中高水泳部で青春してきた俺はこれをしたくてこのバイトを選んだため快諾。
嬉しさのあまり家に帰って、深呼吸からのヨッシャ!で喜んだ。

次の日から俺のプール指導が始まった。
仕事の内容はクロール、平泳ぎなどを教える一般的な事だった。
どんな人達に教えるんだろうと内心ワクワクしていると、そこには巨体のBBAとおっさんばっかり。
俺は絶望したが、一緒に教える事になった『咲』はムチムチの体で、俺のタイプだったのでなんとか楽しく仕事をすることができた。

それから数週間、同じ仕事をしてたんだが、ある日咲が俺にこんな事を言ってきた。

咲「俺君、背泳ぎ苦手?上体がブレてるよ?」

泳げてるつもりだったが変な癖でもあるのかなと思い、話を合わせて咲に苦手だと言うと咲はこう続けた。

咲「それじゃあ明日、閉館後一緒に練習しよう」

俺はもちろん快諾し、帰宅後深呼吸からのヨッシャで喜んだ。

本当は閉館後は使用禁止なんだが、鍵を掛ける当番が咲だったので、閉館後2人で残って練習することに。
水中で咲が俺の後ろに立っておっぱいを押し付けながら、手はどう動かすかを教えてもらった。
もちろん俺のムスコはカチンコチンコだったが、ピチピチの水着だったんで何とかバレずにすんだ。

その練習後、ジムの風呂に入ろうと思っていると咲が「一緒に入ろう」と誘ってきた。
さすがにそれはまずいと思い断ると、「水着で入るんだから大丈夫」と言われ、俺も納得し一緒に入る事に。
そして俺が体を洗おうとしていると・・・。

咲「私が洗ってあげるよ」

背中ぐらいだと思ってたので洗ってもらう事にしたが、咲に洗ってもらってる途中・・・。

咲「俺君、水着脱がないと洗えないよ。脱いで」

自分の耳を疑ったが、聞き間違いではなかった。

咲「俺君、早く脱いで」

俺が断ると、咲は俺のカチンコチンコを触ってきた。

咲「今は私達しかいないから大丈夫だよ?」

俺が諦めて脱ぐと、咲に丁寧に洗われた。
これは(抜いてくれる!)と期待していた俺だが、咲は抜いてくれず、「今度は私の体を洗ってね」と水着を脱ぎ出した。

俺はカチンコチンコのまま咲の体を洗った。
初めて触るおっぱいとアソコに俺は興奮していた。
俺は何度も和田アキ子にフェラされそうになっているところを想像したがムダだった。
その後、咲の体も拭かされるが、俺のムスコを抜いてくれる事はなかった。

俺は(これをオカズに抜こう)と思って帰ろうとすると、咲に「車で送ってあげる」と言われた。
その言葉に甘えて乗せてもらう事に。

助手席に乗った俺だが、先程のことを思い出して再びカチンコチンコに。
それを見た咲は、信号待ちの時に俺のムスコを左手で触り出した。

咲「あ、サイドブレーキと間違えちゃった」

今考えれば寒すぎるギャクを言ったが、俺はとてつもなく興奮した。
咲は続けて・・・。

咲「俺君、これから暇?うちに遊びに来ない?」

とうとうこの時が来たのかと、深呼吸からのヨッシャを噛みしめた。

咲の家に入ると、そこにはいかにも大人の女性らしい落ち着いた部屋があった。
そこからは他愛もない世間話をしたが、咲がだんだん俺に近づいてきていることに気づいていた。

咲「俺君、エッチなことしたいんでしょ?」

咲はそう言うと俺にキスをしてきた。
初めてのキスで上手くできず、口の周りが唾液でいっぱいになった。
それからベッドに移動し、咲は服の中から俺の乳首をコリコリこね回した。
俺も負けじと咲のおっぱいを服の上から揉むと、咲は「んっ・・・」と声を漏らした。

そして咲は俺の手を動かないように足で固定して馬乗りになり、服を脱がせて次は唾液を垂らして乳首をこねくり回しだした。
咲はとうとうそのまま俺の乳首を舐め始めた。
数十分無言で舐めていた。
俺はチンコがパンパンになってもう我慢できなかった。

すると咲は「可愛い・・・」と言いながら俺のムスコを撫で始めた・・・が、弄ってくれる訳ではなかった。

咲「出したい?でもダメ私が先ね」

そう言ってズボンを脱ぎ、パンツ一枚の格好になった。

咲「俺君が気持ちよくしてくれたら私もしてあげる」

俺はひたすら舐めた。
ひたすら咲を舐め回した。
咲は俺の頭を持ちながらアソコに押し当てて声を漏らしていた。
10分くらいは舐めてたと思う。
そうすると咲がビクッと震えた。
おそらくイッたんだろう。

すると咲は「じゃあ交代ね」と俺のズボンを脱がし始めた。

それからはひたすらフェラ。
わざとらしく音を立てながら。
これが噂に聞く“ふぇらーちお”なるものかと感じた所存でござる。

俺もイキそうになり「もうイキそうです!」と言うと、咲は少し速くフェラをしつつ「口の中に出して」と言った。

俺は咲の口の中で果てた。
咲は口を開け俺に見せてから、ごっくんした。
俺は興奮し、すぐに半勃ちになった。

咲「もう一回できそうだね。ちょっとこっちきて」

連れて行かれたのは風呂場だった。
次は風呂でやるのかと思ってたら少し違った。
咲は浣腸を取り出し、俺に「四つん這いになって」と言い出した。

訳も分からず四つん這いになると、案の定、咲はそれを俺の尻に入れだした。

(うおっ!?)

俺はびっくりして声が出たが咲はそのまま入れ続けた。
ある程度咲が水を入れると風呂場についているトイレを指差し、「はい、出して」と笑って言った。
その後、何回かアナルの洗浄を繰り返すと、咲は指サックをつけ、俺のアナルにローションを塗り、指を突っ込んできた。
うんこが出入りしている感覚に落ちながら、身体が疼くのを感じた。
後から聞くと咲は薬を入れていたらしい。
おかげさまで俺のムスコは再びカチンコチンコに。

咲「次はここでイッてね」

咲はエロゲのようにアソコを両手で広げながら言った。
童貞の俺はどう入れるかわからず苦戦していると、咲は騎乗位で入れてくれた。
その後しばらく色んな姿勢でやってたが、俺がイキそうなことを伝えるとまた騎乗位になった。
咲は腰を振り続けた。
俺はイキそうになって焦りながら咲に「まずい」と伝える。
が、咲は腰を振るのを止めない。
とうとう俺は咲の中で果てた。

咲は笑顔で「気持ちよかったよ」と言っていた。

俺は中でイッてしまった罪悪感しかなかった。

咲「まだまだイケるよね?」

そう言ってきたが、俺は罪悪感でそんな気分にはならなかった。

咲「私ピル飲んでるし、1回出しちゃったなら何回でも一緒だよ」

俺はこの言葉で再びカチンコチンコと化し、その日は4回くらいは中に出した。
それからもジム内で人気がない場所でフェラしてもらったり、咲の家では中出ししたりしていた。

こんな生活が3年続いた。
俺は就活の為にバイトを辞め、咲とも自然に疎遠になっていった。
その後、一応商社に内定した俺はそこで社内恋愛をして一年後に結婚した。
給料も人よりは良かったので、妻には子供ができたら仕事を辞めて子育てに専念させようと思っていた。

夜の営みは週4回で、毎回中出ししていたがなかなか子供ができない。
そのうち不妊症治療で妻と産婦人科に行くと、「一応旦那さんも」という事でキンタマ触られた。
そうすると医者が・・・。

医者「あれ?小さいですね」

失礼な!俺のムスコは戦闘時には19センチマグナムになるんだぞ、お前らのような下等生物と一緒にするな。

医者「いやいや睾丸がですね、成人男性のそれより小さいんですね。精子の検査をしますので出してください」

まさか自分が病院でオナニーするとは思わなかったが、医者からはエロ雑誌を渡された。
人妻の本だったが、出ないので妻にフェラしてもらい何とか出した。
医者が検査するとなんと俺が無精子症だということが判明した。
咲に3年間何回も中出ししたのに妊娠しなかったのはこのせいかと、その時初めて確信した。

これが3日前の話。
どうしよう死にたい・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

出会い姫

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン