新着情報

姉の友達のミナ[前編]

この体験談は約 8 分で読めます。

初めて会ったのは俺が9歳くらいの頃だった。
その人は姉の友人で名前はミナ。

最初は「弟かー、よろしくね!」って、にっこり笑ってたんだっけかな。

凄く笑顔が可愛い人だなって思った。

近くの公園でよくみんなで遊んだりした。
彼女は2年後に引っ越すのだが、それまでは毎日のように遊んでた。
何より姉と仲がよかったってのもあるが。
別れ際に「また遊ぼうね!」と言ってた顔は今でも忘れないんだよね。

彼女が引っ越して更に2年経過した。
最初は電話とか手紙とかで連絡とってたけど、半年くらいしてから音沙汰がなくなった。
年賀状は来てたから、元気なんだなーとは思ってた。

そして俺も中学生になった。
最初は自分で言うのもなんだが真面目にしてた。
だけど、親への反発と姉の影響(姉もヤンキー)もあり、自分もヤンキーの道へ。
改造制服とか着たり喧嘩したり、先輩の集会とかに出入りするようになった。
その代わりオタ心も忘れずに、アニメの時間は逃さず帰ってた俺w

そんな感じで半年くらい経過した頃だろうか。
家に戻ると見慣れない靴がある。
その靴はミナのだった。
茶の間にミナと母親がいてお茶を飲んでいた。
最初は誰かと思った。
なんせ金髪でピアスだったからだ。

「久しぶり!元気だった?」とにこやかに笑うミナ。

その顔は初めて会った時と変わらない。

その後、俺の部屋で話を色々した。
親の転勤で戻ってきた事、見知らぬ土地で引っ越した時は寂しかった事、学校では慣れなくて不良系の仲間と遊んでた事、色々だ。
でも中身は全然変わってないなと思ったから、そう言ってみた。

ミナ「そっかー。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないよ?」

ポツリと漏らした言葉が何だか寂しそうに見えた。
この時は何の事か良く判らなかった。

それからは同じ学校に当然なったわけだ。
姉とも相変わらずつるんでる。
まぁ仲間がちょっとガラが悪い人ばっかりだがw
学校でもクラスに来てくれてたりした。
上級生が来るのは恐れられてたけどねw
俺がタメ口で話してるから、ツレは「後でヤキ入れられるぞ」とかw
当時は硬派ぶってたせいもあって、学校だとぶっきらぼうにしてたんだよね。

「ああ、お前かよ。どーした?」とか言ってみたり。

実は嬉しかったし、面白かったんだけども。
姉曰く、ミナからすると俺は弟みたいなモンだから、可愛くてしょうがないみたいだ。

とりあえずそんな感じでのらりくらりと時は流れて、姉達は高校生3年、俺も高校1年になった。
それまでは夜遊びとかして遊んだりしてた。
そこら辺にある話ばっかりだ。
相変わらず交友関係はちょっとグレた奴らばっかりだからねw
でも俺はここら辺からオタ道を覚醒させていく。
不良な外見で中身オタという訳の判らないキャラだったw

んで俺が高校生になってから時間があんまり合わなくなって、遊ぶ時間もなくなってきた。
俺もバンドとかアニメに夢中だったりしてたんでw
ミナのほうもバイトしてたり、高校の友達とかと遊んでるみたいだった。
俺が高2の頭までは、遊んだのは数回くらいしか記憶にない。
急に疎遠になったけど、姉はメールとかはしてたみたいだ。

そして2年になった。
姉も就職してミナも就職した。
ミナは結構離れたところで1人暮らしを始めたらしい。
その頃は姉経由で話は聞いてたけど、あんまり興味なかったのかもしれない。

俺は2年の半ばで高校を辞めた。
担任と喧嘩したってつまんねぇ理由でだw
そのせいもあって、家でぶらぶらしたりバイトとかやりだした。

その年の半ばに姉からミナが帰ってきたと聞かされた。
ちょうど暇だった俺は、また家にこねぇかなーって思ってたんで、姉に「呼べよー」とか言ってみたんだけど、どうも反応がおかしい。

姉に「どうした?」と聞くと、「何かあの子、様子がおかしい」って言う。

まぁ仕事辞めてきたんなら事情もあるんだろと思ってた。
とりあえず近いうちに家行ってみるからと姉に言っておいた。

数日後にミナの家に行ってみた。
ミナの母親が出てきて応対してくれた。
だが母親も様子がおかしい。

「どうしたんですか?」

聞くと、部屋から出てこない、ヒス起こす、物を壊すと言う。
何があったんだろうと思いつつ上がらせてもらった。

部屋の前に行きノックしてノブを回す。
だが開かない。

「俺だけどー、ミナいっか~?」

問いかけるとヒステリックな声で、「帰って!来ないでよ!」と言われた。

「開けろー」と言いドア叩くけど、今度は無言だったのでとりあえず帰ることにした。
ミナの母曰く、帰ってきてからずっとこの調子との事。

「誰が来てもこんな感じで、どうしていいか分からないんです・・・」と言ってた。

心配はしてるんだろうけど、どこか憎々しげと言うか、厄介だなって感じに聞こえた。

帰り道に色々考えてみたが全然想像つかない。
決して暗い感じの人じゃないし、っていうかヤンキーだしなーとかw
とりあえず姉にその事を話すと、「あんた暇ならちょこちょこ顔出してあげてよ」と言われた。

「いいけど、会ってもくれなかったぜ?」と返すと、「気合い見せろ」と言う。

むちゃくちゃだw

今になって思えば単に暇潰しなのか、好奇心なのか判らない。
そんな経緯で2~3日置きに家を訪ねてみる日課が増えた。
最初は相変わらず顔も見せてくれなかったし、反応も薄かった。
そんな事の繰り返ししてたら、ある時ドアを開けてくれた。
何度目に家に行った時のことかはもう覚えてない。

凄く久しぶりに見るその顔はやつれてた。
ちょっとビビッてたかもしれないw

「やっと開けてくれた」と言うと、冷たい目で俺を見たままだ。

とりあえず話にはなりそうだから、色々話し込んでみるが、反応はあんまりよろしくなかった。
急いでもしょうがないから1時間くらいで帰った。

「また近いうちに来るねー」と言っておいた。

ミナの母に帰りに会い、「少し話しました」と言うと驚いてた。
姉にもその事を言うとほっとしてたようだ。

「あんた元気付けてあげれそう?」と聞かれたが正直わからない。

ただやっぱりミナは元気な姿なほうがよかったから、「適当にやっておくよ」と言った。

それからも1ヶ月の半分位は家に押しかけて話をした。
差し入れに漫画とかCDとか、おやつ持って行ったりしてねw
ほんの少しずつだけど、表情が柔らかくなっていってるのは感じた。
そうなってからは結構いい感じになった。
相変わらず情緒不安定みたいな所もあったけど、昔のミナに戻ってるようだった。

そろそろ俺も通うのダルいから「俺んちにも来い」って言うと、「まだ外は怖い」って言われた。

外が怖いってなんだろう?

実はどうしてこうなったか経緯は聞いてなかった。
聞いてもしょうがないし、言いたくなったら話すだろうと思ってたから。
理由より回復最優先だと思ってたしね。

そんなある日、家に行くとミナは相変わらず居た。
だけどいつもと違うのは凄く普通になってた事だ。
普段は服装とか身だしなみってレベルじゃなかったんだが、その日は外にも普通に行ける服装だった。
何かあったんだろうか?

「どうした?外に散歩でも行こうってのか?」

「そうじゃないけど・・・」

でも顔は結構明るい。
とりあえずいつも通り話をしてた。

「姉の作ったカレーがまずくてさー」とか言って笑ってると、突然沈黙しだした。

そして、「ねぇ。聞いてくれる?」と言い出した。

俺は当然OKした。

そうしてミナの口から色々な事が語られた。
仕事での人間関係が苦痛だった事、そんな自分への苛立ち、親からの失望の態度、自分を巡る両親の不仲。
一番ショックだったのは仕事先で出来た彼氏に裏切られた事。

ミナ「バカだよねー。無理矢理されちゃったよ」

ミナが自嘲気味に呟いた。

やっと納得できた。
そうして泣き出すミナ。
どうしていいかわからんので、泣き止むまで待ったんだ。
話聞いて、不謹慎だが、案外身持ち固いんだなって思ったw
当時はオタオタして気の利いたことも言えなかったんだけどね。

そうしてミナが俺に向かって「ごめんね、私ってどうかしてるよね」って言ってきた。

「そんな事ないんじゃないか?」って返すと、腕をまくって、「これでも?」と言う。

そこには結構な切り傷がある。
リスカって奴だ。
生々しいけど、痕にはならなそうだし、根性焼きあんだろーと思った俺は、「ちゃんと消毒しとけー」と言ったんだ。
なぜかそこで笑われた。

「そこかよ!」とミナは吹き出してた。

何か変なこと言ったか俺?

とりあえずそこで一応俺の考えは伝えた。
腕とか刻みたい気持ちはよくわからんが、自分でしたいならすればいいさ。
ただ、痕は残らないようにしろ。
出来ればそこまでストレス溜めるなってね。

ミナは「うん、わかった」と頷いた。

そこでまた笑う。

「しかし、変わってるよね。普通なら気持ち悪いとか思うでしょ?」と言ってきた。

ん~って考えてると、続けて「何でそこまで気にかけてくれるの?」と。

「それじゃほっとけばよかったか?」と返すと、「ぶー」と言う。

可愛いw

俺は、「特に理由はない。ただほっとけなかったからこうした」って事を言ってみた。

ミナはすっきりした顔でこう言った。

「私、また頑張るよ」ってね。

俺も頷いて「頑張れ!」と返した。

ニコニコしてるミナ。
やっぱり暗いよりニコニコしてるほうがいいよね。
その日はそれでご飯食べて終わり。
見違えるように明るくなって安心した。

次の日に家にミナが来た。
姉も母親も大歓迎で大騒ぎしてたw
俺は女3人の圧力に耐え切れず、自室でゲームしてた。

そんな感じで深夜になり、ミナが帰るっていうので送って行くことになった。
そこで今日は面白かったとか、また遊びに来るねとか言ってた。

「いつでもかかってこい!」と言うと、「おう!」って言ってニコニコするミナ。

のらりくらりと歩いてるとミナの家に着いた。

「ちょっと上がっていかない?」と誘われた。

「観たいアニメがあんだけどー」と言うと、「私の部屋で観ればいいじゃない」と言う。

それもそうだなーってことで上がりこむ。
アニメ観てる間にミナはシャワーに行ってた、俺はTVに釘付け。
ラフな格好で登場したミナはコーラを持ってきてくれたんで、一緒に飲む。

「そろそろ帰るわー」って言うと、真面目な顔で「ちょっと待って」と言われた。

ミナは真剣な顔で「裕介(俺・仮名)に伝えたい事があるの」と言う。

さすがに鈍い俺でもこんな雰囲気だとさすがに判る。
でも悟られないように、「んーどしたー?」と軽く返してみた。

ミナ「あたし裕介のこと好きなの。だから私を彼女にして欲しいんだ」

シャワーのせいか、緊張してるのか顔を赤らめるミナ。
俺も心臓バクバクで、テンパってたりしてた。

「積極的なお姉さんだわあ、オホホ」とチャラけて返すと、「マジなの」と本気の顔だった。

ちょっと失敗したようだ。

断る理由は当然ない。
ただ俺は女の子って感じでミナを見てたわけでもない。
特に女に興味があったわけでもなかった(男が好きなわけでもないw)。
なので、なんて答えようか悩んでたら「ダメなのか。やっぱりか」と寂しそうな声。

俺「そんな事ないよ。ただ頭がぐるぐるしてさ。初めてだからこーいうのって」

ミナ「そうだよね。いきなり言われても困るよね・・・」

告白っていきなりするもんじゃないのか?ってツッコミたくなったけど、あえてスルー。

「とりあえず3分くれ。考えまとめる」と言うと、「うん」って言ってくれた。

付き合う条件って言うと堅苦しいけど、そーいうのを色々と言ってみた。

・俺は人に気を遣うのも遣われるのも嫌いだから、そこよろしく。
・アニメとかゲームとか好きなオタだけどいいのか。
・趣味に集中するとほっぽいちゃうかもしれないけどいいか。
・お互いに嫌な事、言いたい事が出来たらすぐに言おう。後に言うのは絶対なし。

・・・ってな事を話した。

うんうんって聞くミナ。
なぜにそんなに真剣なんだ。
そんなこんなで付き合う事になった。
良いのやら悪いのやら。

ミナ「ずっと仲良くしていこうね。これから“ゆう”って呼ぶ事にする。いいかな?」

異存はない。
話がまとまって帰ろうとしたら玄関まで見送ってくれた。
そこで不意打ちでキスされた。
俺のファーストキスがっ!

「また明日ね。お休み」と、ミナは家に戻って行った。

前書きが長くなりましたが、ここからちょっとエロスな流れになると思います。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

大人のお遊戯倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン