新着情報

ポルノ映画館にいたノーパン熟女

この体験談は約 5 分で読めます。

ドラマのような初体験を経験しました。
いわゆる同級生とか彼女とのエッチではなく、筆おろしというやつです。

それは大学入学してまもない頃。
高校時代は女性に縁がなくまだ童貞。
オナニーは毎日何度もしていました。
オナニーのネタは大概“お尻の大きな豊満熟女”です。
しかもそんな熟女のフェラ顔が一番の抜きどころでした。

豊満熟女のフェラチオだけで何度もイカされる・・・。
これが僕の夢でしたが、それは現実のものとなりました。

僕はいつものエロDVDに飽きて、たまには刺激が欲しいなと思って郊外にあるポルノ映画館に行ってみる事にしました。
初めての経験で非常に緊張しましたが、館内に入ると既に上映していました。
ちょうど僕好みの熟女モノで、しかもフェラチオシーンという事もあって、僕はすぐにスクリーンに目が釘付けになってしまいました。

ふと客席に目をやると誰も居ない様子。
確かにここの映画館は絶えず廃館の噂があったので、人気が全くないのは分かっていましたが、日曜日の昼間に誰も居ないとは。
僕は少し安心してスクリーンを見続けていました。

当然すぐに勃起してきました。
我慢できず、最後尾の立見席の端に立って観てた僕は股間に手をやり、その場でオナニーを始めました。
チャックを下ろしてズボンとパンツを膝まで下げ、立ったままゆっくりと勃起した肉棒をシゴいていました。

そして事件は起こりました。
僕の立っている反対側の館内入口ドアが突然ゆっくりと開いたのです。
僕は驚いてシゴく手を止めましたがズボンを穿く余裕はありませんでした。
一番驚いたのは、館内に入ってきたのが女性だったという事です。
逆光もあり、どんな容姿なのかは全く分かりませんでしたが、女性だという事だけは分かりました。
その女性は館内に入るとそのまま立見席でスクリーンを眺めているようです。
反対側にいる僕には気が付いてない様子です。

僕はその女性の容姿が分かるまで、じっと女性を見つめていました。
少しずつ目が慣れ、女性の容姿が分かってきました。
思わず勃起した肉棒がさらに2倍にも増して大きく硬くなった気がしました。
なぜならその女性は、あまりにもお尻と胸が大きな熟女だったからです。
髪の毛は肩より少し長めでした。
そしてタイトスカートを穿いていたのです。
僕が一番好きなタイトスカート。
その女性のヒップはあまりにも大きかったのです。
立っているだけなのに、まるで立ちバックでお尻を突き出しているかのように、タイトスカートにピッタリ張り付いて盛り上がっていました。
そして胸の膨らみも尋常じゃないほど膨らんでいました。

僕はもう目が離せずにその女性を見ながらオナニーをしていました。
そして、とうとう女性が僕に気が付きました。
こちらを見たのです。
僕はまるで女性に見せつけるかのように肉棒を女性に向けて突き出しながらシゴいていたのです。
僕は一瞬ビクっとして女性の反応を窺いましたが、女性は何も反応せず、こちらを見続けています。
さすがに暗いので視線がどこに向いてるかまでは分かりませんでしたが、こちらを見ている事は確かです。
僕はもう半ばヤケになっていたのと、あまりにも僕の理想の身体の女性だったため、夢中で女性を見ながらシゴいていました。

すると女性はそれを感じると、ゆっくりとこちらに向かって来たのです。
女性が寄ってくると、ますますその女性の豊満な身体があまりにもいやらしすぎて、僕はもう我慢できませんでした。
とうとう女性が僕のすぐ目の前に来ました。
女性の視線は僕の肉棒に釘付けです。
僕が女性の身体のラインを夢中で見ていると、女性が手を伸ばしてきたのです。
僕を見つめながら妖艶な笑みを浮かべて、女性の手は僕の肉棒に触れました。
僕は思わず声が出てしまいました。

「はあうっ!」

腰を痙攣させて悶えてしまうほど、女性の手、指が快感でした。
女性はおそらく40代~50代と思われます。
顔は決して美人とは言えませんが、場末のスナックのママのような下品で濃い化粧に卑猥なほど真っ赤なルージュを引いていました。
その分厚い唇にますます僕は興奮してしまいます。

その熟女は、ゆっくりと指を裏筋へ這わせながら僕の肉棒をシゴいてきました。
僕はもう完全に女性の手つきに身を任せて快楽に溺れていました。

「あああ、お、おばさん」

女性が僕の悶える声を聞いてようやく声を発しました。

「うふふ、気持ちいいのぉ?いやらしいチンポ、ほらぁ、おばさんにもっと気持ちよくして欲しい?」

その淫らな誘惑の言葉は、僕をその熟女の虜にさせました。

「は、はい、もっと、気持ちいいですぅ、ああっ」

そのおばさんは片手では玉袋を絶妙なタッチで指を這わせたり揉んだり、もう片方の手では亀頭と裏筋に指を這わせゆっくりとシゴいてきます。
僕はもう我慢汁を溢れ出していました。
そしておばさんは更に誘惑の言葉を続けます。

「おばさんの大きなお尻も触っていいのよぉー。うふふ、おっぱいも大きいの好きでしょぉ?」

おばさんは私の手を掴み、自分のおっぱいを揉ませてくるのです。
洋服の上からでもわかる柔らかいおっぱいに私は魅了され、「生で触りたい」とお願いしたのです。
おばさんは薄暗い中で優しく、そしてエロい笑顔を浮かべ、シャツのボタンを外しました。
ブラジャーとそこから溢れそうな程大きなおっぱいが丸見えです。
私は無我夢中でそのマシュマロみたいな柔らかいおっぱいを揉み揉みしながらおばさんにキスをしました。
熱く、そして若干臭い息が私の口の中に流れ込み、私の興奮は最高潮。
もう我慢できなくなり、「あの、僕童貞なんです。あなたに僕の童貞貰って欲しい」と大胆告白してしまいました。

おばさんが嬉しそうな顔をしてタイトスカート捲りあげると、何とノーパンだったんです。
僕にのし掛かるように、座位の体位でおばさんの肉厚の凄いまんこに入ってきます。
にゅるにゅるのまんこは僕のペニスを優しく包み込んでくれるのです。
おばさんがちょっと腰を動かすと、もう射精しそうになっちゃいました。

「もう我慢できません、うっぅうー」

「いいわよー、私閉経したから中出しでいいわよ~」

『閉経』・・・そう、私はこの単語で一気に絶頂に達したのです。
中出しすると嬉しそうにおばさんは私を抱き締め顔中にキスをしてくれました。

「可愛い坊やね」

僕もこのおばさんに対して愛情が芽生え始めました。
もっとこのおばさんとエッチしたい。
色んな体位でSEXしたい!
でもさすがに映画館でそこまで派手にエッチができません。

「これからラブホテルに行きませんか?」と誘うとあっさりOK。

ホテルに直行しておばさんの本格的に筆おろししてもらいました。
映画館を出て、陽の当たる所でおばさんを見たら物凄いブスで、ちょっと躊躇してしまったんですげど、完熟して腐りかけの最高にエロいスタイルに僕の下半身は逆らえませんでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

無料出会いセフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン