新着情報

同級生の母親とキャンプ場で

この体験談は約 4 分で読めます。

中学3年の夏休みに、レクリエーションでキャンプ場に行った。
当然バーベキューで、同級生の母親が調理をした。
そのお母さんは白いタンクトップで準備してたが、手伝った時に真正面にいた彼女が屈んだとき、胸元が開いて中が丸見えだった。
思春期の俺にはたまらない。
おっぱいの谷間がゆらゆらと揺れて、手伝いながらチラリと覗いてた。
彼女は全く気づかないままに、俺はその谷間をずっと覗いてた。

やがて夜になり、肝試しみたいな事をした後、21時も過ぎて寝る時間。
テントに向かう途中にタンクトップの彼女から声を掛けられた。

彼女「ねぇ・・・1時間くらいしたら、あそこの◯◯公園口に来て」

(まさか覗いてたのがバレた?)

ちょっと怖くなりながらテントの中に入って、気づかれてないはずとか色々考えてたら時間になり、他の連中にバレないようにこっそり歩いていたら、彼女が、「ごめんごめん」と走って来て、「あそこ行こう!」と東屋に行った。
最初は、「今日も暑かったね?」とか他愛もない話をしてたんだけど、しばらくすると、「ねぇねぇ・・・たっくん(俺)さぁ・・・あたしのおっぱい覗いてたでしょ?」と言われてドキッ!

俺「いや・・・その、見えちゃったから」

彼女「エッチwこんな三十代のオバサンのおっぱいでも興奮した?」

そう言われて、頷いた。

彼女「嬉しいw触りたい?」

俺「うん・・・」

彼女「いいよ」

手を引かれ、胸にムニュッと押し当てられた。

俺「柔らかい・・・」

巨乳ではないですが柔らかでした。

彼女「どう?」

彼女はタンクトップを捲り、その中に俺の手を入れた。
興奮してきた俺に、「あたしも触らせて」と股間を触ってきた。

「おっきくなってるw」と笑って、「若いからすぐに立っちゃうね」と丁寧に触ってきた。

お互いに触りあうと、「たっくんの見たいな」と言われて、彼女はチャックを開けて中に入れて、俺のを引っ張り出した。

「凄い・・・中学でこんなにおっきくなるの?」と股間を見つめる彼女。

俺「オバサン・・・恥ずかしいよ」

彼女「オバサンは嫌だなぁ・・・美穂子って呼んでよ」

俺「美穂子さん恥ずかしい」

彼女「恥ずかしくないよ・・・凄い立派なオチンチン」

彼女「オッパイの事誰にも言わないから、あたしの事も・・・ね?そしたら気持ち良くしてあげる」

俺「分かった・・・」

ズボンを下げて、美穂子さんは俺の脚を広げさせたらその間にしゃがみ込み、いきなりしゃぶりついてきました。
生温かな口の中に含まれ、舌がチロチロとエラを舐めてきた。

俺「気持ちいい!」

彼女「嬉しい」

そのまま筋から袋に舌を這わせる。

彼女「我慢出来なくなったら出していいよ」

そう言われ、ぎゅっと口を狭めて上下にしゃぶりつかれた。
もう限界に近付いてた俺は、美穂子さんの急加速に鋭く反応し急速沸騰。

俺「アアッ!出る!」

声を上げた瞬間、美穂子さんの口の中で果てました。
ぎゅっと狭めて吸うようにしてくれた。
そして美穂子さんはニコッと笑いながら口を離して「すごい量w」と笑ってた。

「ごちそうさま」と言われてティッシュを出したら、「美味しく頂きましたからいいよ」と。

彼女「気持ち良かった?」

俺「凄い良かったです!」

彼女「嬉しい」

そう言って抱きつきながらキスをしてくれた。
一人エッチの話とかを聞かれて話をしたら、「あたしのおっぱいもオカズになる?」と言われて、「はい!」と話すと・・・。

彼女「いっぱいオカズにしていいよ」

手を伸ばして触ると、真ん中の乳首がおっきくなり、触ると、「あんっ・・・」と吐息を漏らしていた。

そしたらまた股間を触ってきた美穂子さんが、「ウフッ、またおっきくなっちゃって・・・元気だね?」と笑ってた。
お互いに触りながらしばらくしたら、「アンッ・・・もうダメ」といきなりジーンズを脱ぎだして、パンティを脱ぎ、俺のズボンを膝まで下げ跨がると、俺のを握り、上から・・・。

彼女「ああん!」

彼女が声を上げるとヌルッとしたものに包まれて生温かな感触。

彼女「秘密だからね」

美穂子さんが上下に腰を動かすと、擦れあって気持ちいい。

「硬い・・・」と呟きながら美穂子さんは上下に腰を動かす。

リズムが速くなり、刺激が強かったけど、さっき抜かれたので少しは長持ちしたのかな?
お互いに汗だくで、「暑い」と笑い、美穂子さんはタンクトップを脱ぎ、俺のTシャツを脱がした。

彼女「触って」

目の前のおっぱいを触って、美穂子の動きに刺激を受けていた。
徐々に速くなり、俺は高まってきてしまいました。

俺「美穂子さん!ヤバい!」

彼女「いいわよ!イッて」

俺「あああっ!美穂子さん!出る!」

美穂子さんの激しい動きに俺は我慢出来なくなり放ちました。

「アアアッ!凄いわ!たっくん!」と美穂子さんはしがみついていました。

お互いに汗だくで、荒い息をして抱き合って、「素敵、立派な男だったわ!」と美穂子さんがキスを繰り返した。
離れると美穂子さんは、「二回目なのに一杯ね」とさっき渡したティッシュで拭いて、パンティに挟んでいた。

「また会いたい」と話すと美穂子さんは、「いいよw」と連絡先を交換し、テントに戻って寝ました。

翌朝、何事もなかったかのように挨拶をして朝食を食べました。
美穂子さんとはその後にセックスを何回かして、体位や愛撫を教わりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

既婚逢い

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン