新着情報

素人童貞の俺が泥酔キャバ嬢を犯した話

この体験談は約 7 分で読めます。

当時の俺は25歳、普通に大学を出て普通に就職して、何も無い毎日を過ごしてた。
小学校の頃から「キモい!」と面と向かって罵られていた俺は、25歳になっても彼女なんていた経験すら無く、風俗嬢としか経験が無かった。
特にアニメが好きってわけでもないのに、高校時代から『キモヲタ』って呼ばれてた。
アキバが好きとか全然なくて、ただ根暗でセンス無しのキモい男なだけ。
昔から言われてるから自覚もしてたし、女関係は完全に諦めてたんだけど、あの時、法事があって久しぶりに地元へ帰省して色々あった。

中途半端な田舎なので、変わり映えしないなぁ~と実家へ歩いてた。
途中で趣味の悪いセルシオが通り過ぎ、数メートル先で急停車。
ちょっと嫌な感じもしたが、周りには他にも人が歩いてる状況。
いきなり絡まれる事も無いだろうと思いつつ、目線は足元をじっと見つめてた。

セルシオまで1mほどに来た時、突然助手席のドアが勢いよく開いた。
思わず目線を上げた先には、大袈裟に手を広げた同級生が映った。

「おぉー!久しぶりじゃーん!」

名前は隆治。
典型的なヤンキーで、確か高校も中退したはず。
そんなヤンキーとは特に仲良くしなわけもなく、なぜ声を掛けてきたのか分からなかった。

「おぉぅ、久しぶり」

戸惑う俺をシカトして、欧米人バリのハグをカマしてきやがった。
仕方なく俺も隆治を抱き締め、背中をポンポン叩く。

「お前、今こっちにいねーんだろ?」

隠す必要もないから、簡単に近況報告をしてみた。

「すげーな!やっぱ大卒はすげーよ!」

肩を組んできてやたらと馴れ馴れしい。
隆治は見た目通り予想を裏切らない。

「飲み屋をやらしてもらってんだ」と自慢気に言うから、「凄いね」と答えておいた。

隆治「いつまでいんの?いる時に飲みに行こうぜ」

俺「今度の日曜までいる予定だけど」

慌しく、無理やりというか強引に連絡先を交換させられた。

その日の夜、隆治からメールがきた。

隆治「これから飲みに行こうぜ!」

俺「いやいや、明日法事だから無理だよ」

隆治「平気だよ、朝までには帰るからさ」

俺「でも・・・」

隆治「もうメンツ集めちゃったからな!2時に駅前な!」

メンツって何だよ、と思いながら、一応シャワーを浴びて駅前へ。
もう既にセルシオが停車してて、近付いたら隆治が「乗れ!乗れ!」と合図。

俺「どこ行くの?」

隆治「知り合いの店だよ」

俺「俺、そんなにお金持って無いよ?」

隆治「安いから大丈夫だよ、んなの心配すんなって」

連れて行かれたのは、こぢんまりとした居酒屋。
チェーン店ではなく個人経営の小さな店で、既に暖簾も出てない。

「お待たせぇ~~~」と隆治が入って行くと、中から男女の騒ぐ声が聞こえた。

その瞬間、体が硬直する。
メンツって女もいるのかよって。

「コイツ俺の同級生ね~」と軽く紹介された。

もう全然ダメ。
俺とは全くの別世界な奴らしかいない。
男は隆治の友達らしく、全員がヤンキー系で怖すぎる。
女はヤンキーっていうよりキャバ嬢みたいな見た目。

そんな奴らが、「いぇーーいっ!!」と寒過ぎる。

駆けつけ1杯と言われ、差し出されたのはビールではなく焼酎ロック。
キモヲタで素人童貞の情けなさ過ぎる俺だが、唯一負けない事がある。

それは酒豪。

オヤジもそうなんだけど、日本酒とか焼酎を1升飲んでも特に酔わない。
というか今まで酔っ払った記憶も無い。
合コンとか行ったことすら無いって話は置いとくが、酒の強さだけには自信があった。
男達はフリーターやら夜の住人ばかり。
女は4人いて、キャバ嬢が2人に、無職が2人。
普通に定職に就いているのは俺だけという、かなり低レベルな席だった。
途中から店のオヤジまで加わり、奥の座敷でドンチャン騒ぎ。
しばらくすると全員酔いも回り始め、初対面の俺をイジりだした。

「超キモ系」とかキャバ嬢が言ってゲラゲラ笑われ・・・。

「絶対童貞だろ!」とまで言われた。

それでも昔からのクセでニコニコしてる自分に腹が立った。

でもそんな俺を、なぜか隆治だけは庇ってくれる。
その時になって初めて“隆治って凄いイイヤツなんだな”って知った。
酔ってない俺を見て、男達が飲ませようとしだした。

「一気勝負しなよ!」と女どもに囃し立てられ、俺はゲームに強引に参加させられた。

ちょっとやり返したい気持ちもあったから、俺は敢えて「焼酎一気」を申し出る。

苦笑いするヤンキーと勝負が始まり、ジョッキ3杯で撃沈してやった。

「情けねーぞ!」と女どもが騒ぎ、「今度勝ったヤツはオッパイ揉ましてやる!」という。

そこで2人の男がエントリーし、俺を含めて3人でゲーム開始。
まぁ頑張ってたけど、ジョッキ4杯か5杯で2人は撃沈。
俺は勝ったのに、なぜかオッパイは揉ませてもらえなかった。
店のオヤジに「お前は強いな」と褒められただけ。

気が付けば撃沈した3人のうち、2人は隅っこで泥酔中で、1人はトイレで籠り中。

「大丈夫なの?」と隆治に聞いてみると、「いつもの事だから気にすんな」と言われた。

隆治「でもお楽しみはこれからだぜ」

俺「何が?」

隆治「ちょっと来いよ」

そう言われて俺は外に出た。

隆治「お前、誰か気に入った女いたか?」

俺「えっ?いや、別に」

隆治「さっきから生意気言ってる江梨子は?」

俺「えっ?うん、まぁ、うん」

隆治「よし、決まりだな」

隆治は戻ってから、江梨子を集中狙いして飲ませまくってた。
俺が強いのを利用して、さらに飲ませまくる。
5時頃になると女どもは全員酔いまくりで、誰一人として1人じゃ立ち上がれない。
隆治は俺に向かってニヤニヤし、アゴで『持ってけ!』としゃくってきた。

素人童貞の俺にそんな勇気があるわけもない。
無理無理!と拒否していると、眉間にシワを寄せて怒り顔に。

そんな顔されても無理なもんは無理。

仕方なく隆治と2人で江梨子を持ち帰ることにした。
代行を呼んで2台に分乗させ、俺と隆治は江梨子ともう1人の女を乗せた。
江梨子は1人暮らしのキャバ嬢らしく、2階建てのアパートに住んでた。
2人がかりで女どもを部屋に運んだが、部屋に入るなり俺の鼓動はMAXになった。
こんな状況で女の部屋に入るとは思っていなかったし、ニオイがヤバ過ぎる。
・・・にしても、汚い部屋だった。

隆治「お前はベッド使えよ、俺はこっちでヤルから」

そう言いながら、隆治はもう既に女のオッパイを揉んでる。

俺「おっ・・・おう」

ドアを閉めたはイイが、ベッドに横たわる江梨子を見て動けない。
泥酔女がいるだけの空間なのに、俺は信じられないほどキョドってた。
窓を開けて煙草を吸い、気分を落ち着かせた。

パンツ丸出しで寝てる江梨子、妄想の世界なら既に俺のチンコはギンギンなはず。
なのに全く反応もせず、むしろ縮こまってた。

(こりゃイカン、何も出来ない、どうしよう)

テンパりまくった俺は、なぜかここで変な行動に出る。
今思い出しても全くの意味不明。
ベッド脇にあった本棚に手を伸ばし、懐かしの『北斗の拳』を抜き出してみたw
まず一巻を手に取り、パラパラと見てみる。
そして2巻、3巻、そうこうしているうちに、ドアの向こうから女の喘ぎ声が。

隆治がヤリまくってる状況に余計テンパってきちゃった俺。

北斗の拳を置いて下にあった棚を物色してみた。
すると見ちゃいけないモノを発見。
無造作に置かれたピンクローターとオルガスター、そして超薄でお馴染みなゴムの箱。
そのオモチャを見て、(これはヤルしかねー!)って何でか思った。

ゴムの箱から1つ抜き取り、握り締めて江梨子に近寄った。
仰向けに寝かせてパンツの上からアソコを触ってみる。
泥酔して爆睡してるから反応無し。
パンツを脱がせてアソコをガン見してみた。
ティッシュのカスがついててグロイ。
陰毛は手入れをしているのか超短く刈られていて、割れ目はプックリしてた。
中指を舐めて挿入してみると、案外スムーズに入っていく。
風俗で鍛えた指テクを披露してみるが、江梨子は全くの無反応。
シャツを捲り上げてブラを剥ぎ取り、艶めかしい生乳にしゃぶりついた。

もうこの頃からすっかり緊張も解け、興奮MAX状態に突入していった。
恐らくDかEはありそうな巨乳を、揉んだり舐めたりしてた。
風俗嬢以外の体は初めてだったから、思わず俺はその姿を写メに収める。
足を開いてアソコも激写。
ドアの向こうから聞こえる喘ぎ声が、俺の背中を押してくれた。
ゴムを被せて唾をつけ、アソコに亀頭をめり込ませた。
当然濡れてないから入りづらかったけど、出し入れをしてたら濡れてくるもんなんだね。
出し入れを繰り返して根元まで入れた時、罪悪感と達成感で複雑な思いだった。

でも興奮が勝った俺は、そのまま激しく腰を振りまくった。
足を抱えて根元まで押し込み、酒臭い口にしゃぶりついた。
キスし過ぎて息苦しくなったんだと思う。

「ぷはぁっ!」

息を吐き出した江梨子と、至近距離で目があった。
下半身はガッツリ繋がったまま。

1~2秒見つめ合ったが、次の瞬間・・・。

江梨子「んぎゃぁーっ!!」

俺「もう終わるから、終わるから」

俺は必死に腰を振った。

江梨子は、「ダメ!いや!だめ!」を連呼してはいたが、俺を跳ね除けようとはしてこない。

こんなもんなの?と思ったんだけど、抵抗なんてされなかった。
むしろすぐに喘ぎ出しちゃってて、手なんて左右に広げてたし。
場所は違えど風俗と変わらなかったな。

普通の子とは初めてのセックスだったけど、嘘っぽく喘ぐし、あんまり気持ち良くもなかった。
どんどん気持ちが萎えはじめてきちゃった俺は、もう無茶苦茶ヤリたかった。
だから四つん這いにさせて、バックでバンバン腰を振りまくった。
時々ケツを引っ叩いたりして、ガンガン腰を振った。

赤茶色のアナルに目が止まった俺は、なぜか異様に指を入れたい衝動に駆られた。
中指を舐めて唾をつけ、ゆっくりとアナルに唾を塗りたくる。
そのまま力を入れたらメリメリと指が入って行った。
そしたら江梨子が喘ぐ喘ぐ。

(アナル、気持ちイイの?)って不思議に思った。

だってアナルに入れた直後からの反応が凄すぎたから。
唾を垂らして中指を出し入れしながら、ゆっくりチンコを抜き差し。
俺の事を「キモい」とか言ってた女が、アナルにまで指を入れられて喘いでるんだからね。
興奮しないわけがない。

頭の中が“カァーッ!”と燃え上がる様な気持ちになって、俺はそのまま射精してしまった。

江梨子はうつ伏せになったまま動かない。
賢者モードになった俺は、思わずアナルに入れてた指を見てみた。
見た目的にはウンチョはついてないが、思わずシーツで指を念入りに拭いといた。

ベッドに腰掛けて江梨子の背中とケツを眺めてた。
そしたらいきなり隆治が入ってきて、「終わったか?帰るぞ?」と言ってきた。
俺は慌てて服を着て、洗面所で中指を洗ってから帰宅した。

あれからもう3年は経つが、未だに俺は江梨子以外は風俗嬢としかやってない。
あのとき撮影した画質が粗い写メは今も宝物。
隆治から何度か連絡があって、「また飲もうぜ!」と誘われたが会ってはない。

江梨子は、「あんなキモいヤツとはヤッてねー」って認めなかったらしい。

酔っ払ってて覚えてねーとか言ってるらしい。
アナルに指入れられてよがってたくせにw

つたない文章でしたが、これが俺にとっては最高の思い出。
泥酔女との初体験なんて他人には言えないから、ここでぶち撒けさせてもらいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳もみま専科

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン