新着情報

フェラして飲んでくれるけどエッチさせてくれない母

この体験談は約 3 分で読めます。

うちは母子家庭です。
オナニー後のティッシュから母にバレて時々注意されていました。

「お父さんは若い頃、そういう事し過ぎてダメになったのよ」

つまり、離婚する直前は立たなかったんだと言われました。
(離婚の原因は別みたいですが)

「そんなこと言われても高校生のオナニーは普通だよ」

そう言ったのですが、母は真剣に心配している様子。
その日はそのまま部屋に逃げました。

その後も俺がどうしてもオナニーをやめないので・・・。

「どうしても我慢できないのならお母さんが手伝ってあげようか?」とまで言い出しました。

「マジかよ・・・」

母は友達からは、「お前の母さん若いよな」とか「美人だよな」とか言われるけど、やっぱり親なんで、それまでそんな気は起きなかった

「ええー、母さんが?それはさすがにいいよー」

俺は恥ずかしいし、ビックリして断りました。
でも、数日経って、いつものように自分でコソコソとオナニー始めていると、母が部屋に入ってきて、黙って布団に潜ってきてアソコを触られました。
俺はビックリしましたが、布団の中で色々されると気持ちいいし、跳ね除けるのも何だか悪くてじっとしていました。

そのうち凄く温かくてヌルンと気持ちよくて、母がしゃぶってくれてるんだなと思いました。
初めてフェラされて凄く興奮しました。

「あっ、マジでヤバいでしょ、コレ・・・」

母さんは黙ってしゃぶり続けています。
俺は布団に手を入れて母のおっぱいを揉んでみました。
柔らかくて気持ち良いので、ビデオで見たように色々とやってみました。
ちょっとだけ、「あっ」というような母の声が聞こえて興奮しました。

そのうち女の人のオマンコも触ってみたくなり、手を下に滑らせましたが、それは止められて手をおっぱいに戻されました。
おっぱいなら触っていてもいいみたい・・・。
(姿は見えないし)

俺は大好きな女とエッチしているのを想像しながら触りました。
気持ちいいのか、しゃぶるのが大変なのかわからないけど、母の荒い息遣いが聞こえてきて俺はますます興奮してきました。
もう完全に母というよりも、女という意識になってました。

「イキそう・・・」

「そのまま出していいよ」

母は俺の出した精子をそのまま飲んでくれました。
俺はそれでなんだか母を一人の女として好きになりました。

「母さん、気持ちよかったよ・・・もう一回して・・・」

「ええー、まだするの?」

母は困ったような顔で笑って、「若いから仕方ないわね、もう一度だけよ」と言って、また俺のを咥えてくれました。

「頼むから母さんのに入れさせて」と言いましたが、「それだけは駄目」と言われてしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

裏女房庵

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン