新着情報

小柄で美人の従妹に腰に足を絡められて中出しセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

俺には、2歳年下の従妹(M)がいる。
Mは、小柄だがかなり美人。

話は、俺が就職したての時の事である。

会社と家は、結構離れていたため、会社の飲み会とかがある時、いつもMの家に泊めてもらっていた。
ある日、会社の飲み会があった時、2次会もせずにみんな帰ってしまったので、俺はMとMの母を呼びだして、3人で飲む事にした。
2時間ほど飲んでいると、Mの母は、酔っぱらって眠ってしまったため帰る事にした。
俺とMは、まだ飲み足りないため、家で飲み直していた。

更に2時間くらい、飲み続けた頃、Mもだいぶん酔いが回ってきたのか、眠りだしてしまった。
風邪を引くといけないと思い、Mの部屋まで担いで行って、ベッドに寝かせた時、Mのスカートが肌蹴て、太ももが露わになった。
それを見た俺は、後先何も考えずにMの服を脱がせいていた。

胸を弄り、乳首を舌で転がしていると、時々Mが“ぴくっぴくっ”と反応をする。
起きているのかと思い・・・。

「M?」と呼びかけると、Mは俺に抱きついてきた。

Mは起きていたのだ。

(Mにはめられた?)

そう思いながらも、そんな事はどうでもよかった。
俺も服を脱ぎ、舌を絡めながらキスをし、抱き合った。

俺はベッドに腰掛け、Mは四つん這いになって俺のイチモツをしゃぶりながら、自分でアソコを触っている。
やがてMの目がトロンとしてきて、俺も我慢が出来なくなり、正常位でゆっくりと挿入した。
Mは一瞬顔を歪めたが、俺が腰を使っていると、段々気持ちよくなってきたのか、「あんっあんっ」と声を漏らし始めた。

騎乗位になった時には、Mも激しく腰を使っていた。
バックから突いている時には、母親が起きてくるのではないかと言うくらいの声を出すので、俺が手で口を塞ぎながら突きまくった。
再び正常位になり、お互いに目を合わせながら腰を使いまくっていた。

40分くらい経った頃、俺は我慢できなくなり、抜こうとするとMが俺の腰に足を絡めてきて、首を横に振っている。

中で出してしまった。

5~6回、俺のイチモツが脈打った頃、Mはようやく足を解いてくれた。
Mは泣きそうな顔で、俺に抱きついてきた。
そんなMを見ていると、俺はたまらなくなり、また勃起してしまった。
Mもそれを待っていたかのように、座ったまま自分から入れてきた。
3回くらいやった後、俺は、自分の布団に戻った。

その後も、毎週、愛し合うようになった。
土曜日はMも俺も休み。
でも母親だけ仕事に行っているため、毎週土曜日は、Mとセックス三昧である。

半年ほどそういう関係が続いたある日、Mが妊娠してしまった。

今は3人の子供とMと俺と仲良く暮らしている。
もちろん、毎日Mとは愛し合っている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

マゴコロ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン