新着情報

才色兼備な姉が全裸オナニーしているところを見て・・・

この体験談は約 3 分で読めます。

弟の俺から見ても美人な2歳年上の姉貴がいる。
黒髪ロングヘアーで二重でパッチリな目。
芸能人で言うと仲間由紀恵に似た感じ。

そんな姉貴は学校の成績は常に学年トップクラスの才色兼備。
父が師範代をしてた関係で、小さい頃から柔道を習っており、運動神経も抜群。
そんな姉貴を周りの男子が見逃す訳がなく、常に取り囲んでた。
そんな姉貴の卑猥な姿を目撃してしまった。

あれは姉貴17歳、俺15歳の夏休み直前のある日の夜。
俺は暑くて寝付けず、ジュースを飲もうと姉貴の部屋を通って一階に下りようとした。
その際に姉貴の声が聞こえ、俺は気になって姉貴の部屋を覗いてみた。
そこには電気を点けたまま全裸でオナニーをしている姉貴の姿がありました。

俺は興奮してゆっくりと姉貴の部屋に入った。
姉貴は左手でDカップ(俺の見た目)のおっぱいを揉みながら右手でクリトリスを擦っていた。
やがて姉貴の体はピクピクと痙攣してたのでイッてしまった様だ。
しばらくして姉貴は起き上がり、俺の存在に気が付いた。

「いつから居たの?」
「全部見てた」

「そうなんだ・・・」
「気持ち良さそうだったね?」

「お願い!誰にも言わないで」
「俺も気持ち良くしてくれたら誰にも言わない!」

「・・・どうすればいいの?」
「姉貴とセックスしたい!」

「姉弟だからセックス出来ないよ」
「セックスがダメならフェラしてよ!」

しばらく沈黙。

「わかった」

そう言うと、姉貴は全裸のまま柔らかい手で俺のチンポをシゴキ始めた。
オナニーと比べ物にならないくらい気持ち良く、すぐにフル勃起&カウパー液がドバドバ出てくる。

「姉貴やばい、早くフェラしてよ!」

「どうしたの?イキそうなの?」

姉貴は手を離し俺のチンポを咥える。

「姉貴、気持ちいい」

そう言うとフェラのスピードがだんだん速くなり、俺のチンポは爆発寸前。

「やばい、イキそう!イクッ」

次の瞬間、姉貴の口に俺の精子がドクドク出た。
オナニーの時より大量に出た。
姉貴はティッシュに精子を出し切った。

「姉貴、凄く気持ちよかった」

「本当に誰にも言わないでよ」

「わかってるって」

姉貴が俺のチンポを咥えた時のフェラ顔は本当にたまらなくエロくて、本当はそのまま挿入したかったけど、最後の一線だけは越えさせてくれなかった。
あぁ~姉貴と近親相姦SEXしたかなったなぁ~って、今でも悔やまれる。

強引に押し倒してしまえば良かったけど、そうさせないオーラが姉貴はあったんだよなぁ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻不倫掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン