新着情報

中学生の従妹と酒の勢いでやっちまった

この体験談は約 5 分で読めます。

昨日リア厨の従妹とセックスしちゃいました。
酒って怖い。

詳しく書くと、昨日ばあちゃんの誕生日で、親戚で集まってたのよ。
で、いつものように、俺に馴れてる従妹(仮にエミ)が来て、ちょっかい出してきたりしてじゃれ合ってたわけ。
しばらくしたらエミが、「外行こう」って言い出して、二人でブラブラと出掛けることになった。
しばらくしたら喉が乾いてきて、コンビニで飲み物買おうかってことになって俺はチューハイ買った。

「あ~酒だ~」とか言ってきたんだけど、「俺は20過ぎてるからいいの」って言って、店を出て飲んだ。

そしたらエミが、「飲んでみたい」って言うから飲ませたら、「結構おいしい」って(まあチューハイだし)。

そんで他のコンビニでチューハイとか買って、さすがに家では飲めないから、近くの公園で2人で飲んでた。
そしたらだんだん気分よくなってきて、酒のせいか普段言わないような事まで話をするようになってきた。
学校のことや友達のこととかの話から、いつの間にかちょっとエロい話になって、そこから徐々にエスカレートしてって、「エミっておっぱい大きくなったよな」「やだー、ヘンタイ」とか言って盛り上がってた。

で、俺がその場のノリで、「おっぱい触っていい?」って聞いたら、「触るだけだよ」って言ったから、服の上からタッチ。

「すっげー柔らかい」とか言いながら、乳首のあたりをコリコリと。

そしたら、「ちょっと、やだー」と言って体引いたけど、「触るだけだったらいいって言ったじゃん」って強引に説得して再び乳首コリコリ。

しばらくしたら大人しくなって、「服の下から触ってもいい?」って聞いたらOK。
服の中に手を入れてモミモミ。

そんでまたしばらくしたら、エミがなんかモジモジしだして、「気持ちいい?」って聞いたら、「くすぐったい」って言って笑った。

「そう?ここ、こうしたら気持ちよくない?」って言いながら爪の先で乳首の先端をコリコリしたら、「ちょっと気持ちいいかも」って言われ、萌えた。

さすがにこれ以上遅くなるとヤバいと思って、「そろそろ帰ろっか」って言ったら、なんか妙に不満な顔。

でもとりあえず2人で帰って俺は酒を飲み始めたんだけど、どうもエミが俺の方をチラチラ見てる。
親戚の一人が、「エミちゃんが寂しがってるよ」って言ったのを引き金にエミに近づいて、「俺ん家いこっか?」と聞いたらエミはコクンと頷いた。
そんで親戚には、「エミと家でゲームやってくる」って言って親から家の鍵借りて、2人で俺の家に行くことに。

で、家に入って俺の部屋に入ったんだけど、エミは「散らかってる~」「プレステ2ある~」とか言って、全然“ソレ”の素振りも見せない。
エミが、「ゲームやろ」って言うから、適当にぷよぷよで対戦。
しばらくしたら録ってたビデオ見て、10時過ぎに親帰宅。

結局何もすることなく終わる・・・と思ったら、エミは「今日は泊まってく」と言って聞かない。
仕方なく、明日の道具やら服を家から持ってきて、今日は俺の家(もちろん俺の部屋)に泊まる事になった。

で、エミの親が道具を取ってくるまでの間にエミが風呂入って、俺は部屋で本読んでた。
しばらくしたら部屋のドアが開いて、エミが入ってきた。
だけど、バスタオル一枚だった。
なんつーか、湯上り美人みたいな。
火照って赤くなった顔が妙に色っぽくて、変にドキドキしてきた。

「お風呂空いてるよ」

エミにそう言われて正気に戻って、入れ替わるように俺が風呂に。

風呂入りながら、(さっきまでこれはエミが入ってたお湯なんだな・・・)とか考えて、ここでハッと(何考えてるんだ!?)と正気に戻り、なんとか興奮を鎮めようとして、風呂場で一発抜いた。
そしたら少し落ち着いて、体洗って風呂を出た。

ちょうどエミの親が道具を置きに来たところで、俺は道具を受け取って俺の部屋に入ろうとしたら、もう電気が消えてた。
で、電気を点けたら、エミはもうベッドに入ってて、しょうがないから俺は下に布団を敷いて、電気を消してスタンドを点けて本を読んでた。

そんでしばらくしたらベッドから、「起きてる?」ってエミの声がして、「起きてる」って答えたら、「なんかいつもと違う感じで怖い・・・一緒に寝よう」って言ってきた。

で、一緒に寝ることに。
一緒に寝ながら、またテレビとか学校の雑談とかをしてたら、突然、「なんでさっき、あんなことしたの?」って聞いてきた。
まさか酒に酔った勢いとは言えず、「エミが可愛かったから」みたいなことを言った。
その自分で言った言葉が妙にこっ恥ずかしくて、ちょっとベッドを出て冷蔵庫からビールとチューハイを拝借(エミが「私も飲みたい」って言ったので)。

そんで飲んで話してたら、気がついたらエミは4本目に到達。
なんか呂律も回らなくなってきていて、俺も俺で酒が回ってきてて、「さっきの続きしてもいい?」って聞いたら、エミは「うん」と答えた。

俺はエミの背中を支えながら、ゆっくり体をベッドに倒した片手で肩を抱きながら、片手でさっきみたいに乳首を愛撫。
その時、手が冷たかったのか、「冷たい」と言いながら一瞬体を引いた。
俺が弄ってると、さっきまでは「くすぐったい」とか俺の乳首を弄り返してきたりとかしてたのに、また大人しくなった。

で、オッパイを弄りながら、ちょっとずつ服をずらしてオッパイ露出。
大きさはたぶんBくらい。
でもピンと張っててすごい可愛い。
口をつけようとしたら嫌がったから、手でオッパイを愛撫。
しばらくしたら、ちょっとモジモジしてきたから、ちょっと強引に手をパンツに。
さすがにビビったのか、「何?ダメ」とか言ってきたけど、頭を撫でてやると、また大人しくなった。

で、ゆっくりと手を弄ってクリを撫でてやると、さっきとは違って明らかに変。
なんか顔もさっきまでと違って俯き加減になって、さらにしばらくすると、「はぁ、はぁ」って、少しずつだけど小さく息を吐き出してきた。

俺が、「気持ちいいの?」って聞いたら、エミは急にハッとした顔になって、「わかんない」って言った。

そんでまた再びクリを弄ってると、最初は耐えてた感じだったのに、すぐにさっきのように妙に色っぽい顔に戻った。
で、アソコを弄りながら、残った手で今度は胸のあたりを再び愛撫。
今度はくすぐる感じで。
で、徐々にワキの方に。
そしたら、「ううっ」って声を出して悶えた。
普段なら「くすぐったい~」とか言うのに、発情してるときは感じるんだなぁと思ってみたりした。
もうエミの股間はすごいことになってて、ついでに俺も結構ヤバいことになってた。

「セックスって知ってる?」と聞いたら、「やり方だけは知ってる」と答えてきた。

俺「興味あったりしない?」

エミ「ないことはないけど」

俺「してみたい?」

エミ「でも怖い」

俺「大丈夫、痛いのは最初だけ」

・・・とか言って誘導。
本音はただ俺がしたかったってのもあったんだが。

で、クリを弄りながら説得してると、なんかどうでもよくなったのかOK貰っていざ挿入。
処女だと思ってたから、入らないかもと思ってたが、意外とあっさり入った。
でもやっぱり、「痛い」とは言ったが。

なんか中はすごい圧迫感で、ちょっと痛かった。
でもすごい熱くて、こっちもマジで息出そうな感じ。
今まで我慢してたせいもあって、たぶん1、2分であっさり出そうになった。
アソコから俺のを抜き出したと同時に発射。
ベッドのシーツの上に、水鉄砲のようにブシャ、ブシャとかかった。

出してから、やべぇことをやったってのと、ついでにゴムを付けてなかったってのを思い出して焦った。
とりあえず一通りの処理をして、シーツの上に下に敷いてた布団をかけて俺の液体対策。

そんでしばらく2人で寝てると、エミが「これ、絶対言ったらダメだからね」と言ってきた。

時計見たら、もう2時になっていた。
彼女曰く、ロストバージンは、「なんかで刺されたみたいに痛かった」らしい。

今んとこ気まずいってことはないです。
明後日も一緒に遊びにいくことになったけど、何もしないように心掛ける。
ちなみに今書いてて、「言わないでね」の約束を破ってることに気がついた。

ゴメン。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

sexual

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン