新着情報

もう私は息子なしで生きてゆけません

この体験談は約 3 分で読めます。

息子が中1の時に男と女の関係になってから、もう5年が経ちました。

最初の頃はベッドで1日十数回もハメ合っていました。
膣内に射精されるたび、全身が痺れるほど快感を感じていました。

しかし1年もするとマンネリ化してしまい、ベッドだけではなく、家の中であたり構わずするようになりました。

お風呂やトイレから始まりました。
そして、居間やキッチン。
やがて昼夜関係なく、息子とハメ合うようになりました。

そしてどんどんエスカレートして、ベランダや玄関でもするようになりました。
玄関で息子のペニスをフェラチオしている時などは、いつ誰が来るかわかならいスリルで、まだ触ってもらってもいないのに、おまんこがグチョグチョになってしまいました。
でも、それも1年ぐらいしか続きませんでした。

やがて家の外でハメ合うようになりました。

最初は私が運転する車の中でハメ合っていました。
でもそれもエスカレートして、夜の公園でしてみたり、公園やスーパーのトイレでするようになりました。

そしてついには満員電車の中でするようになってしまいました。
今でも回数は少ないですが、電車の中でハメ合う事はあります。

屋外でハメ合うことに飽きてきた頃、バイブなど大人のおもちゃを使い始めました。
今考えるとそれまで使わなかったのが不思議なぐらいです。

初めはバイブをおまんこに入れるだけでしたが、アナルにも挿入するようになり、クリトリスも併せて3ヶ所責めもしてもらようになりました。
そしてコスプレもするようになりました。
息子はナース服が好きなようです。

息子の帰宅をナース服に着替えて玄関で待っていると、息子はすごく興奮して、私をいきなり四つん這いにして、スカートを捲り、パンストの上からおまんこを鷲掴みにして、グリグリと今までしたことがないぐらい、激しく指を使いました。

すぐに私のおまんこはグチョグチョになり、パンティごとパンストを膝まで下ろされて、バックから突きまくられてしまいました。

その時の快感は凄かったです。
無理矢理される快感はたまらないものでした。

ですからSMの世界に息子といっしょに入るのは時間の問題でした。

やがて全身を拘束され、ローソクを垂らされながら、おまんこやアナルをバイブで、何十回もいかされるまで責められ、その後に息子のペニスを迎え入れ、また何十回もいかしてもらう快感に浸るようになりました。

昨日は、お風呂で手錠をされたまま浣腸をされました。

そして息子のペニスをフェラチオして大きくし、そのまま騎乗位でつながりました。

息子は突き上げながら、浣腸してまだ出していないアナルに指を挿入して出し入れします。
何回もいかされますが、出すことは許してもらえません。

気が狂うほどの快感です。
息子としている背徳ばかりでなく、拘束され、浣腸され、そのままハメ合っているなんて、たまらないです。

そして息子が射精する瞬間、私は出しながら失神してしまいました。
もう私は息子なしで生きてゆけません。

息子に毎日拘束され、可愛がってもらわなければ、身体がおかしくなってしまいそうです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻奴隷

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン