新着情報

親父が死んでからずっと寂しかった母

この体験談は約 3 分で読めます。

20歳の俺は、38歳の母と2人暮らし。
親父は10年も前に他界した。

夜、俺が帰ってくると夕飯を用意して母は風呂場に行った。
俺はTVを見ながら飯を食い、食べ終える頃に全裸でタオルを片手に風呂から出てきた母。

「おい、汚いもの見せるなよ」

「何言ってんの、あんたもこのお腹から出てきたんだよ」

でっぷり突き出たお腹をさすった。

「昔はこれでもみんな寄ってきたのよ」

汚いものを見るかのように久しぶりに母の体をまじまじと見た。
色白だが、しみが多い肌、でかいながら垂れ下がった胸、その下はたっぷり肉がついて突き出たぶよぶよの腹、でかい腰周りでどっしりたれた尻、二の腕や太もも太くプルプルしている。
そして腋毛はぼうぼうで、すっかり女としては終わった、だらしない体。

「デブデブだな。何キロあるんだ?」

「体重計はもう一回りしてるから・・・ダイエットしなきゃね」

「手遅れだ」

「・・・・・・」

2人で缶ビールを開けて、しばらくは黙ってテレビに目をやっていた。

そんな時、母がぽつりと言った。

「あんた彼女なんているの?」

俺は無言。

「でも、あんたもこの先は結婚すんだよね・・・」

この日の母はハイペースで早くも3本目のビールを開けた。
そして、いつの間にか俺の隣に寄ってきた。

「暑苦しい、寄りかかるなよ。重い!」

「そんなに冷たくしなくてもいいじゃない・・・あんたは若いからねぇ・・・私はもうダメね。こんなんなっちゃって・・・」

そう言ったかと思うと、不意に抱きついてきた。
振り払おうと思ったが、母の表情を見るとなんか冷たくも出来なかった。

「私もずっと寂しかったの。でもまだ小さいあんたも居たし・・私もまだ女なんだから・・・」

気づいた時は母にのしかかっていた。
なんとも言えない臭い、たるみきってぶよぶよの肉体・・・。
しかし、のしかかった俺を愛おしく抱きしめる母。

「ちょっとだけだから・・」

母は着けたばかりの下着を脱いだ。
そして子供の世話をするように、俺のシャツ、ズボン下着と1つずつ脱がせた。

俺の細い体を見て・・・。

「もう少し食べないと。私の分けたいわ」

そして裸で2人抱き合った。

母はたぶん10年以上ご無沙汰だったろう。
よほど飢えていたのか、少し胸を揉んだり、アソコを弄るとあっという間にぐしょぐしょになった。

「入れてくれるの?」

それでも母は冷静だったが・・・。

「外に出すからいいよ」

母と一つになった。

でかいあえぎ声、ぶよぶよの体全体が波打つ。

母のあそこは超ガバガバだったが、何とか最後までいけた。
1戦終えると、母は上になってきつく俺を抱きしめ、涙目で・・・。

「ありがとね、もうこれっきりだから・・・でも、よかったよ」

俺は母の巨体の下敷きになりながら、その言葉を聞いた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン