新着情報

気づけば妹と新婚夫婦みたいな関係に・・・

この体験談は約 7 分で読めます。

俺と妹は二歳違いで、普通の兄妹だった。
小さい頃は可愛がっていたけど、お兄ちゃん子というより父さんにべったり。
んで、小学のいつ頃か忘れたけど、だんだん高飛車になってうざくなってきた。

可愛いかったしね、仕方ないと思ったけどマジでうざかった。
女版ジャイアンで、俺の物は勝手に使うくせに、自分の物となると絶対に使わせない。
当然、俺は妹無視の方向になっていったし、部活とか友達と遊んでいてあまり家に居なかったから、その後の成長なんて大して気にしていなかった。

妹が中学入ってしばらくすると、大人しくなり始めたけど、まだうざかった。

『妹?ああいたね、そういえば・・・』

当時の俺はそんな感じ。
大人しくなり始めていた理由は女子の上下関係らしい。
スカートとか髪とか化粧とか五月蝿かったらしい。
高校三年間もそんな感じ。

大学生になって一人暮らしを始めて、正月に帰ったときにびびった。
おい、これ妹か?てな感じ。
やけにしおらしくなっていたし、あのジャイアン体質が消えてた。
ハグしても怒らない。
ハグ大好きな俺万歳。
よくわからんが仲良くなりだした。

大学生二年の三月。
ここからフラグが立ち始めおった。
1Kの部屋から2Kの部屋に引っ越して、インテリアはばっちりだぜ!的な感じで、後は彼女と楽しもうと考えていたその家に、あろうことか妹が来やがった。
大学の寮に行くと聞いていた俺は唖然。
追い出したくも、家族なのではばかれる。

話を聞くと、俺が広い家に住む→(両親)妹もそこでいいんじゃね?→決定。
完全に俺無視。

「家事全部するし、迷惑かけないから」

妹も熱心に頼み込むので、俺妥協。
ところが問題が片付いたら、また浮上した。

俺「どこで寝んの?」

妹「ん?ここで寝るよ」

指差したのは俺のベッド。
まあ彼女と寝ることも考えてちょっと大きめなのを選んだので、二人分は確かに寝れる。
だがしかし、友達が来た用の布団があるのだよ。

しかし妹・・・。

「こっちがいい、シーツ洗うのも干すのも大変だし」

悔しいが納得してしまう案に、俺また妥協。
というか考えるのが面倒になってきた。
結局一緒に寝ることになった。

妹との二人暮らしが始まったわけだが・・・。

良い所:妹の料理美味し。家事が分担。
悪い所:彼女と別れることになりました。彼女が出来ません。

どういう事ですか?

なんか友達を家に呼ぶことが躊躇われるようになった。
金が貯まりません。
家賃?俺が支払うよ。
食費?俺の財布から持ってきな。
諸経費、全部俺支払い。
女に金は支払わせねえと格好付けた結果、俺のバイト代ふっとぶ。

しかも夜は妹が料理を作ってくれるので、頑張って作ってくれているところを想像してしまうと早く帰らずにはいられない。
食べずにはいられない。
居酒屋のバイトからショップ系に変更。
12時頃には帰宅するようにした。

彼女を家に連れてくることにも妹は理解を示してくれたが、エッチ後のシーツを見て、妹への罪悪感が一気に到来。
ここに妹を寝させる度胸が俺にはない。
彼女の立ち入りを微妙に拒否し始める。
まさに悪循環。

そして就活が始まる。
俺の大失敗もここでやらかす。
中学、高校と学ランの俺に、ネクタイは難易度が高すぎた。
まあそれでも説明会だし、みたいな感じでどこか妥協していたのだが、いざ面接となりさすがに格好を気にするようになる。
当日、うまく結べない。
焦る俺。

妹「どうしたの、兄さん?」

俺「ネクタイが結べません」

すると妹が前に来てネクタイを取り、手際よく結び始めた。
きっといつぞやの彼氏で覚えたんだろうなと、兄として微笑ましく思っていたわけですよ。
そして口がすべりました。

「これでキスしたらまるで新婚みたいだな」と。

まあ妹も冗談として受け取ってくれたみたいなんですけど、家を出る時、「いってらっしゃい」の言葉と共に、頬にキス。
俺フリーズ。

「うぉおおおぉおう、いってっきます」

ガチでテンパった。

まあ当初は焦ったが、よく考えればいつもハグしてるし普通かと考え、帰宅したときにはもういつも通り。
妹もいつも通り。

で、その後、たまたまその妹にキスしてもらった面接が受かり、『これってジンクス?』的なノリで、面接の日は妹にキスしてもらったわけです。
嫌がらなかったしね。
まあ勘違いだったわけですけどね。
そして就活終了と共にキスも終了。

ところが妹が大学三年になって就活が始まると、俺の時と同じようにキスをせがんできた。
まあ俺もさせてもらっていたわけだし、恩返しというわけでキスしたわけだが、俺は面接の時しかしてないが、妹は説明会の時もせがんで来たわけですよ。
怪しむべきだが、別に頬だし、減るもんじゃないし、てな感じでスルー。
ってか深く考える必要性を覚えなかったしね。

とある土曜日。

「説明会に行くからキスして」と朝から頼まれた。

コーヒーブレイクしていた俺は面倒で、「今日はパス」と言ったんだが、まるで聞く耳なし。
仕方ないと思い・・・。

俺「コーヒーの匂いつくけどいい?」

妹「じゃあ口に」

俺フリーズ。

そして妹からキスされた。
柔らかかった。
感触だけは、はっきり覚えてます。
んで、あの時のしてやったりというか妖艶で上機嫌な表情は一生忘れないと思う。

そして意識し始めちゃったわけですよ。
あれ、そういえば妹も女だった、てな感じで。

女として見始めたけど、そう考えると今一つ盛り上がらなかった。
拒否感は特に感じないんだが、なんかねぇ、といった優柔不断状態。
普通は背徳感やら覚えるんだろうが、この説明は長くなるので割愛。
ちなみに今までの妹の行動に違和感を覚えたのはここらへん。

妹帰宅。
妹が本当はどう思っているのか、自分のことも含めて色々確認するためにちょっと試してみた。
いつも通りに「おかえり」「ただいま」と挨拶を交わして、気持ち強めのハグをしてみた。
いつも通りだと、うぃぃ?っていうか、ハグッて感じなのを、グッとしてみた。
まあ、ハグする直前の妹の目で大体結果は見えていたわけなんだが、普段は肩辺りか横腹辺りに軽く手を添える程度なんだが、腰に手が回り、同じように抱き締め返された。

そして胸に顔を埋めてこれですよ。

「兄さん」

理性が軽く吹っ飛ぶかと思った。
んで首筋にキスマークを付けられました。
んで何もありませんでした。

甲斐性なし?いいえ、違います。

普通だったら間違いなく押し倒しているが、この場合、妹の将来に関わるため、吹っ飛んだ理性を必死に掻き集めて何とか耐えた。
ええ、予想通りすぎて、逃げ道探すのに必死です。
俺の苦渋(へたれ)生活の始まり。

その日以来、というよりその日から、色々距離は縮まったし、空気も変わった。
二人の距離(心の距離+実際の距離)が、二の足を踏んでいる俺に対して、妹が一気に踏み込んできた。
空気が微妙に恋模様。
キスがほぼ毎日へ。
まさに新婚模様のいってらっしゃいの朝キス。
頬?いいえ、ク・チ・ビ・ルです。
断ればいいんだろうが、妹が可愛く見えて仕方がなく、無理でした。
ハグとか超気持ちいい。
超癒された。

気持ちを押し留めていた、ダムがもうヒビだらけですよ。
ぶっちゃけエッチしない以外、ほとんど新婚さんな感じ。
つまりエッチするまでカウントダウンが始まりました。

近づいてきた妹の誕生日。
今までは食べ物周辺だったが、もし今年もそれを送ったら、妹の機嫌を損ねること必至。
恋愛感情+兄妹感情の間にうまく収まるプレゼント。
イコールレストランで食事+ペアリングの合わせ技。
どう見ても対恋人用なのには突っ込まない方向でお願いします。
詳細を書きたいところだが色々とこっぱずかしいので略。
妹はかなり喜んでくれたし、おおむね大成功。

んで帰宅。
気分高まっていたし、酔いも程よく、誘い誘われ、ソファーでキスし始めた。
で、欲情してきて、舌入れて、太もも辺りを撫で回した。
唾液の交換とかしたりして、胸も触り始めた。
一通りキスしたら、もう我慢できなくなって服の下に手を入れた。
ブラの上から揉んで、満足したら上半身全部脱がした。
妹のおっぱいはマジで綺麗なお椀型、Cカップ。
乳首小さめで、ブラなくてもちゃんと上を向いている。
とにかく美味しそうで、おっぱい全体を舐め回した。
その間、片方の手でショーツの上からマンコを弄ってた。

「んっ・・・あっ・・・あっ」みたいな感じで喘ぎ声が出始めて、もう全部脱がしてもいいかなと思ったので裸にした。

妹の裸はエロかった。
程よく肉付いていて、舐めるとプルッ、触るとプニッとする。
ヘアは綺麗なV字でちょっと薄め。
マンコは濡れていたけど、もうちょっと妹の感じるところを見ていたかったので、クンニした。
妹は「風呂入っていないから」と嫌がったけど、無視して舐めて、糸引くくらいまで濡らした。

そして、俺チンコ出して生挿入。
近親相姦は気持ちいいと聞いていたけど、マジだった。
絶妙にくっ付いてきて、脳みそ溶けた。

そこに妹の喘ぎ声、「兄さん」と甘い声で呼ばれるコンボ。

すぐにイキそうになったけど堪えて、十分に楽しんだ後、妹の胸にぶっかけて、尿道に残ったのは飲んでもらった。
風呂場でもう一度エッチして、その日は終了。
・・・といったのが俺らの馴れ初め。

随分端折った感は否めないが、まあ満足してくださいな。
ちなみに、今でも関係は続いてます。

妹によれば、俺への感情はこんな変化だったらしい。
うざい→尊敬→好き。
どこで最初のフラグを立てたのかさっぱり分からなかったが、原因は俺が大学二年のゴールデンウィークにしでかしたことらしい。
前に書いたとおり、大学一年の正月に約9ヶ月ぶりに会ったわけだが、この頃はまだ尊敬されていただけ。
尊敬されていた理由は、大人っぽいところ。
それ以上は聞かなかったから、なにが大人っぽいかは知らん。

んで、妹が変わってからは、長期休暇とかには必ず一週間程度は実家に帰るようにしていた。
それで毎日のようにハグしていたわけ。
当然、妹もなんでそんなにハグしたいのか疑問に思ったわけで、「兄さんは誰にでもハグするの?」的なことを俺に聞いたらしい。
俺はまったく記憶にない。
好きな人(恋人以上)にしかしないってのが本当の答えなんだが、「妹以外にするわけないだろ」だったとさ。

百人中百人が勘違いしそうだが、ちょっと待って欲しい。
たぶん俺は、喜ばせる意図はあったんだろうが、リップサービス的な意味で言ったと思う。
まあサービスエースを取ったわけですがね。
それがモヤモヤしていた妹の心にスットーンと落ちて恋心になったらしい。

それで計画練って、大学四年間で通じなかったら諦めると決心して来たんだとさ。
俺がハグ好きな理由とか、近親関係に拒否感がないところも説明しようかと思ったが、グレーゾーンが多すぎて面倒。
妹との話も、もう十分だろうと勝手に判断、他の人がするだろうってことで、俺の話はこれで終わり。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

My Slave

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン