新着情報

泥酔してる俺とエッチしてた姉

この体験談は約 3 分で読めます。

とりあえず事の始まりから。

元々俺と姉ちゃんは東京でそれぞれ別のところに住んでたんだけど、金貯めたい、なんか一人暮らし疲れたわ、みたいな事を居酒屋で話してた。
だったら一旦一緒に住んでみない?って話になって、試しに同居してみた。
別に同居してみても、高校生までは一緒に住んでたわけで別段なんともなかった。
最初こそ気兼ねしたけど、数ヶ月経てば前みたいに遅くまで同僚と飲んで酔っ払って帰ってくる事もあるわけ。
それで家でも姉ちゃんがいるので、一緒に飲んで楽しく過ごしてたわけよ。

で、同僚と飲み+家に帰ってから姉と飲みした次の日の朝。
台所には先に姉ちゃんが朝ごはん作ってた。
いつも通りのニットワンピ。

俺「おはよー」

姉「おはよー」

挨拶して今日の予定の話してたら、姉の股からつぅ~っと白い液体が・・・。

姉「あっごめん。ティッシュ取ってもらえる?」

俺「え?・・・お、おう」

おいおいしょうがねえなぁ。
誰としたのか知らないけど、しっかり後始末しろよって最初は思ってたわけですよ。

俺「恋人できたの?」

姉「出来てないよ」

俺「え?昨日エッチしたんじゃないの?」

姉「家に帰ってきて、ご飯食べてあんたのお酒に付き合ってただけだけど」

俺「いや、だってそれ・・・」

姉「あー・・・。これあんたの」

脳みそがパーンした。
マジですか、それ?っていうか、そんなにさらっと言っちゃう?

俺「意味がわかんないんだけど」

姉「説明するの面倒なんだけど」

俺「お願いします」

姉「ご飯食べながらでいい?」

で、どんな話だったかというと、実はこれが初めてのエッチじゃないらしい。
最初は二人暮らし始めた頃で、俺が酔って帰ってきてそのまま風呂場に直行して、先に入っていた姉ちゃんにセクハラ親父よろしくセクハラしまくって、そのままエッチしたんだと。
だいたい俺が酔っている時はエッチしてるから、数十回はしてるとか。
俺が姉ちゃんの体触り始める、キスする、エッチするっていうえらい普通の流れ。

いや、殴ってもいいから止めてくれよと言ったら・・・。

姉「あたしも一年くらいしてなかったからエッチしたくて、弟とならありかなぁって」

それ聞いて呆然としてる俺。

姉「やっぱり嫌だった?あたしたち一応姉弟だしね~」

さらっと言ってるけど、これはやばいと直感した。
とりあえず嘘でも取り繕うべきって。

俺「え?いや、まあ、姉ちゃんがいいなら、男側の俺としては問題ない・・・ような気が」

姉「それって嫌って意味なんじゃないの?」

俺「記憶がないから、正直実感湧かないし、でも本当に嫌じゃないって。ほら、酔ってる時は本音が出るっていうじゃん」

まあ溜まっててエッチしたかった(姉除く)のは本当のところ。
その後、なんとか取り繕って今までのこと聞かせてもらう。
どうやら俺から姉ちゃんをエッチに誘うよりも、姉ちゃんが勝手に酔って熟睡してる俺の息子だけを使ってた方が多いらしい。

正月の帰省した時は、親戚も集まってる中でいたずらしてきたから一番冷や冷やしたとか。
部屋に引っ張ってってお昼からエッチして楽しかったwとか言って、ポカーンとなった。

俺「姉ちゃん楽しみすぎだろ」

姉「だってあんたとのエッチ気持ちいいんだもん」

俺「そんなに俺エッチ上手い自信ないんだけど」

姉「マンコってね、なんか好きな人のおチンポンに形がフィットするようになってくんだって。だからじゃない?」

俺「へー」

姉「喜ぶところでしょ?今のってさ」

俺「ごめん。いやだってさ、姉ちゃんとエッチしてる実感がないからさ、想像できないんだよ」

姉「じゃあエッチする?」

俺「は?」

姉「エッチ。しよっか?」

俺「いや、その前に避妊は大丈夫なの?垂れてきてるって中出ししたって事じゃ」

姉「うん、後で病院行ってくるよ。流石に赤ちゃんはまずいもんね」

俺「ごめん」

姉「謝んなくていいってば。それよりも今夜、する?」

俺「考えさせてもらってもいい?」

姉「うん、いいよ。出来ればエッチしようね」

姉ちゃんマジでエロすぎって思った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

My Slave

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン